トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
グランド・マスター
d0030824_3201091.jpg『THE GRANDMASTER』 香港/2013
監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン チャン・ツィイー
チャン・チェン マックス・チャン
ワン・チンシアン ソン・ヘギョ
チャオ・ベンシャン ユエン・ウーピン
ラウ・カーヨン チョン・チーラム カン・リー




公開時コピー
どれだけ愛を失えば、
頂点に立てるのか。


映画界のオシャレ番長、ウォン・カーウァイ監督がブルース・リーの師匠である武術家イップ・マンの人生を描いた伝記作品。
ヒットしたドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズのように実話を基にしたフィクションではなく、概ね史実に基づいた構成となっている。
出演はカーウァイ作品には欠かせないトニー・レオン、もう1人の主演兼ヒロイン役のチャン・ツィイー、共演にチャン・チェン、マックス・チャン、ワン・チンシアンなど。
美しい映像が特長的だが、物語が散逸した印象は否めない。

<あらすじ>
1930年代の中国。八卦掌の宗師、ゴン・ルオメイ(ワン・チンシアン)は引退を決意し、武術界南北統一の後継者探しを始める。第一候補は弟子のマーサン(マックス・チャン)だったが、ルオメイの娘で奥義六十四手を受け継ぐパオセン(チャン・ツィイー)も名乗りを上げる。
しかし、ルオメイが指名したのは南の詠春拳の宗師であるイップ・マン(トニー・レオン)だった。宝森は武術家が集まる妓楼にマンを呼び出し、各流派の宗師と対決させ、ルオメイ自身もマンと対決する。
一方、後継者に選ばれなかったマーサンはルオメイに対し、恨みを募らせていた。さらに、パオセンもまた諦めきれず、妓楼にマンを呼び出し勝負を挑むのだが…。
d0030824_3194172.jpg

<総評>
ドニー・イェン主演の「イップ・マン」はエンターテイメントを追求した作品ならば、本作はあくまでも大河ドラマ的。物語の骨子は伝記的ながら様相はメロドラマである。
イップ・マンはブルース・リーの師匠として有名であり、近年では前述のシリーズがヒットしたことで注目されるようになったわけです。
このイップ・マンという人、大枠の生涯語るなら資産家の息子であり、拳法の達人でしたが日本軍の侵攻によって故郷の佛山を追われ、香港へ。その際、妻子を故郷に置いてきてしまい生涯会うことはありませんでした。
また本作でマンと関わりがあるゴン家の八卦掌は独特の動きが非常に美しい拳法ながらも本作では詠春拳以上に見せ場を作ります。
そして物語中盤で登場するカミソリが使うのは八極拳。接近単打の拳法としては非常に強力であり、詠春拳、八卦掌とも違う力強い戦いを見せます。
さて、物語は南北統一を引き継いだイップ・マンがパオセンとの勝負で惹かれあい、その後、戦争によって故郷を追われるところから大きく動き出します。
豊かな生活から一転して貧しさの渦中にあるマン、日本軍の配下になったマーサンと彼を仇として狙うパオセン。そのパオセンと一瞬の邂逅を果たすカミソリ。
マンの伝記的な物語はあくまでもベースに過ぎず、実はパオセンの復讐劇、そしてマンとパオセンの敬愛とも言うべきドラマが中心。カミソリはほとんど関係なかったりして…入れる必要があったかどうかは微妙。
マンは妻子ある身なので、パオセンとの関係を危ういバランスに止めます。それはパオセンも同じ。
武術家同士でしかわかり合えなかった出会いと別れが描かれているのは間違いないんですが、総合的に見ると色々と中途半端です。
ただし、見どころはそれほど多くない拳法のシーン。序盤はそれなりに期待させる戦いのシーンが多かったんですがね…しかし、詠春拳のスピード、八卦掌の優雅な演舞、八極拳の荒々しさ。それぞれの拳法の持つ独特の動きや表現をしっかりと表したのは本作が初めてかもしれません(ただし、カメラワークの寄りすぎ感は如何ともしがたい…このカメラワークの良さが出たのは本当に最後)。
出演者はあえて老けメイクをせず、40代から60代くらいまでを演じています。トニー・レオンの落ち着いた演技、艶やかさのあるチャン・ツィイーと演技力に不足なし。
しかし…ウォン・カーウァイに歴史物は当てはまらなかった印象。
あえて言うならばラストの締め方はカーウァイにしか出来ないんだよな。それに終始しちゃうところが本作の魅力なのか残念なところなのか、見る人次第です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-05-31 23:59 | ヒューマン/ドラマ
図書館戦争
d0030824_0261219.jpg監督:佐藤信介
出演:岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰
西田尚美 橋本じゅん 鈴木一真 相島一之
嶋田久作 児玉清 栗山千明 石坂浩二







公開時コピー
本のために、あの人のために。

有川浩原作の同名人気小説の映像化。監督・佐藤信介とアクション監督・下村勇二の組み合わせは「修羅雪姫」「GANTZ」でもはや鉄板!?
主演の岡田准一は「SP」シリーズで鍛え上げたアクション能力をいかんなく発揮。
ヒロインを演じる榮倉奈々との共演はまさに凸凹コンビといったところ…といっても原作知らないんで、よくわからないです、ハイ。

<あらすじ>
2019年(正化31年)に制定された“メディア良化法”により、様々な本が検閲対象となり、それを実行するための武装組織“メディア良化隊”が強大な権力を奮うようになる。
そんな検閲にに対抗すべく、図書館が創設した防衛組織“図書隊”。
高校時代、好きだった本を守ってくれた図書隊員を王子様として憧れ続け、図書隊に入隊した笠原郁(榮倉奈々)。
しかし、図書隊としての訓練は鬼教官・堂上(岡田准一)による特訓の日々だった。
それでも高い身体能力により、並の男性隊員以上に力を発揮した笠原は、女性初の図書特殊部隊に抜擢される。
同期の手塚(福士蒼汰)と共に堂上の部下となった笠原…そんな折、ある事件に関わった本を巡って、良化隊が図書館に対して検閲をかけてくる。
しかし、一切の検閲を受け付けないとした図書館と良化隊は遂に戦うことになるのだが…。
d0030824_0194913.jpg

<総評>
「図書館戦争」である。そういや「となり町戦争」っていうのもあったなぁ…映画版は割と好きだったけど。
それはさておき、原作小説はアニメ化、アニメ劇場版が作られており、結構な人気作となっている。確か深夜にやっていた気がするのだが見ていない。原作も読んでいない。単純に機会がなかっただけなのだが、本作は予告編を見て面白そうだったのと、前知識無しで見られるという点で楽しめるだろうと…。
さて、ストーリーは至ってシンプル。シンプル故に特筆してここが凄い、というのが見当たらない。
図書館での銃撃戦も対峙しての撃ち合いが派手なんですが、まあ、撃ってるだけなので盛り上がりに欠けるというか、こういうストーリーでありがちな「俺と付き合ってくれ!」→戦死みたいな死亡フラグもなく、あっさりとしていました。
序盤の図書館襲撃シーン、意外なほどに凄いような…されど、本作の肝はなんといっても終盤。岡田准一演じる堂上の格闘シーンが炸裂。これがまたかっこいい…が、しかし、岡田准一に対して同じくらいアクションができる俳優ってあんまりいないというか、ちょっと勿体ないよなぁと思いますね。
榮倉奈々や福士蒼汰のアクションシーンが少なかったのが残念。で、田中圭っておいしい役回りが似合うなぁ。そして、橋本じゅんの熱さと相島一之の冷めた感じのやりとりが面白い。ラブコメ要素はなんかこう…まあ、王道パターン。ツンデレな岡田准一が妙にはまってます。
もうちょっとアクションシーンにメリハリがあれば良かったかな…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-05-27 00:24 | アクション/アドベンチャー
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
d0030824_0322325.jpg『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』 日本/2013
監督:橋本一
出演:大泉洋 松田龍平 尾野真千子 ゴリ
渡部篤郎 田口トモロヲ 篠井英介 波岡一喜
近藤公園 筒井真理子 矢島健一 松重豊






公開時コピー
四つの運命は、【謎】で出会う。さあ、冒険のはじまりだ。

札幌在住の東直己によるハードボイルド探偵小説「探偵」シリーズ2度目の映画化。本作の原作となったのは4作目の「探偵はひとりぼっち」。
監督は前作に引き続き橋本一。
そして出演はこちらも前作に続き、もはや1作目にしてはまり役を得た大泉洋、相棒役には松田龍平。
共演は今や引っ張りだことなった尾野真千子がヒロイン、ゴリ、渡部篤郎など。

<あらすじ>
札幌の歓楽街ススキノ。探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)の顔なじみのオカマのマサコちゃん(ゴリ)がマジックにはまり、全国大会で優勝する。その直後、マサコちゃんは何者かに殺害されるが、警察の捜査は思うように進まず、探偵は女に堕落した生活のせいでススキノから離れてしまう。
ほどなくして女にふられた探偵は、一向に進まないマサコちゃん事件に疑問を抱き、独自に捜査を始める。そんな中、探偵と高田の前に売れっ子の美人ヴァイオリニスト河島弓子(尾野真千子)が現れ、大切なファンだったマサコちゃん殺しの犯人を捜したいと言う。
向こう見ずな弓子をなだめ、彼女の依頼として再び捜査を始めた探偵達は、マサコちゃんの交友関係に衆議院議員の橡脇(渡部篤郎)がいることを突き止めるが…。
d0030824_0312876.jpg

<総評>
まさにはまり役である。マーロウほどハードボイルドではなく、ホームズほどクールではなく、ポアロほど理知的ではなく、これほど俗っぽい探偵を演じられるのは大泉洋のみ。
前作から様々な面でスケールアップした本作は、原作シリーズの4作目を基に構成されているそうな…というのも、原作では銃撃戦やアクションは無いらしく、あくまでも映画としての見映えでアクションてんこ盛り。うん、いいんじゃないかね、こいう80年代的なノリって。
さて、ストーリーは仲良しのオカマが殺されたところから始まる。本作で描かれるススキノはとにかく風俗街というイメージが強く、警察よりもヤクザといったアングラ的な要素が強い。で、謎の美女ヴァイオリニストが1人のファンの為に捜査を依頼。その過程で、この美女がとにかく暴走し、巻き込まれる探偵と高田。
金属バットなどで武装した一見、過激派のような連中が人海戦術で襲ってくると言う凄まじい有様。
結論からいうとこの探偵シリーズ、見ていて面白い。面白いがちょっとやり過ぎ感もあるし、クライマックスはあざとすぎたか…。
もっとね、頭使っても良いと思うというのが正直な感想。
出演者、皆良い味だしているのだ、これが。
大泉洋と松田龍平の掛け合い、田口トモロヲや波岡一喜の名脇役感、何よりも松重豊の軽妙かつ重厚感がいいんです。
しかし、浮いちゃったのが尾野真千子、美女ってほどじゃない上に関西弁が致命的。存在感は良かったんだけど。
続編はまだまだ?作られそうな予感。であれば、監督を変えてみるのもおもしろい作品。次作にさらなる期待をしよう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-05-11 23:59 | ミステリ/サスペンス