トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ラストスタンド
d0030824_058736.jpg『THE LAST STAND』 アメリカ/2013
監督:キム・ジウン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
フォレスト・ウィッテカー ジョニー・ノックスヴィル
ロドリゴ・サントロ ジェイミー・アレクサンダー
ルイス・ガスマン エドゥアルド・ノリエガ
ピーター・ストーメア ザック・ギルフォード
ジェネシス・ロドリゲス



公開時コピー
俺たちが最後の砦(ラストスタンド)だ!

カリフォルニア州知事を退任したシュワちゃんの映画主演復帰作。
監督はハリウッドデビューとなる「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン。
共演はオスカー俳優のフォレスト・ウィッテカー、「ジャッカス」シリーズのジョニー・ノックスヴィル、ブラジルのスターであるロドリゴ・サントロなど。
カーチェイス、銃撃戦と80年代を彷彿とさせる正統派アクション。

<あらすじ>
元ロサンゼルス市警の敏腕刑事だったオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、のどかな国境の町ソマートンで保安官をしてのんびりと過ごす日々。
一方、ラスベガスでは凶悪犯にして麻薬王のコルテス(エドヴァルド・ノリエガ)が重装備の部下達によってFBI護送中に脱走する。
コルテスはFBIのリチャーズ(ジェネシス・ロドリゲス)を人質にして、コルベットの特別仕様車ZR1を駆り、時速300kmオーバーでメキシコ国境へ。
その頃、オーウェンズは町外れの不穏な空気とFBIの護送責任者バニスター(フォレスト・ウィッテカー)からの連絡で、コルテスが町へ向かってくると予想する。
コルテスの重装備に立ち向かうため、オーウェンズは副保安官と武器マニアのディンガム(ジョニー・ノックスヴィル)が持つ重火器を手に、待ち伏せを図る。
d0030824_0573892.jpg

<総評>
シュワちゃん復活であり、80年代感溢れる映画である。
カリフォルニア州知事というまさかの政治家転身…実はこれ、立候補するしないの噂が出た時にジョークで「出てやるぜ」みたいなことを言って当選しちゃったとか…まあ、ある意味口は禍の元ですな(おかげで私生活の凄まじさも暴露されたわけだから)。
80~90年代、スタローン、シュルツェネッガー、ジャッキーが映画界のアクションスターの代名詞。その後、ジャッキーは作品を作り続け、スタローンは落ち目になり、シュワちゃんは知事になった。しかし、80~90年代の映画というのはパワフルで今見ても飽きないし、言うなれば古き良き時代になりつつある。
さて、昔話は放っておいて、なんともシンプルな作品。
国境の町に猛スピードでやってくる麻薬王をとっ捕まえる為、保安官として安穏と生活していた男が体に鞭打ち、腰が引けている副保安官や銃器オタクと共に立ち向かう。
オーウェンズは若い保安官の相談相手になり、年齢を重ねた自らの体を自虐的に笑い、悪には敢然と対峙し、どこまでも追い詰めていくのだ。
本作のおもしろさはオーウェンズに対抗するのが凶悪な知能犯であるコルテスであること。金で何でも出来ると思っており、自信過剰で高性能な車に酔いしれるある意味中二病(笑)。この悪人ぶりがとても良い。まさに勧善懲悪に出てくる悪人そのもの。
序盤からの脱走作戦から国境へ向けての逃走劇、ソマートンでの戦いはシンプルで実におもしろく、あえて言うならば捻りが弱すぎたのが残念。韓国風味の若干のグロさを含みつつ、もはや現代版ウェスタンの如き戦いが繰り広げられ、最後まで飽きずに楽しめたのだ。
出演陣、さすがに年いった感のあるシュワちゃんだけど、やはりこの人はこうでなくては。フォレスト・ウィッテカーはそれほど多くは出ないまでも存在感が大きい。保安官の紅一点を演じたジェイミー・アレクサンダーがステキです。
それにしても「エクスペンタブルズ2」からの流れで本作が公開されたのは良い流れでした。アクションだけではなく、何気に得意なコメディ作品も待ちたいですな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-04-27 23:59 | アクション/アドベンチャー
アイアンマン3
d0030824_148682.jpg『IRON MAN 3』 アメリカ/2013
監督:シェーン・ブラック
出演:ロバート・ダウニー・Jr
グウィネス・パルトロー ドン・チードル
ガイ・ピアース レベッカ・ホール
ステファニー・ショスタク ジェームズ・バッジ・デール
ジョン・ファヴロー ベン・キングズレー
ウィリアム・サドラー マーク・ラファロ
声:ポール・ベタニー


公開時コピー
「さらば――アイアンマン。」
「アベンジャーズ」の戦いから1年。
――すべてが変わってしまった。


「アイアンマン」シリーズながら、ヒーローが集合した「アベンジャーズ」の続編にもあたるシリーズ完結編(?)。
監督はジョン・ファブローからシェーン・ブラックへ(かの「リーサル・ウェポン」シリーズの脚本と原案!)
出演はおなじみのメンバーに加え、敵役にガイ・ピアース、ベン・キングスレー、さらに美人女優のレベッカ・ホール、いぶし銀俳優のウィリアム・サドラー。
シリーズ初の3D作品となる。

<あらすじ>
ヒーロー軍団アベンジャーズの一員として、世界の危機を救ったトニー(ロバート・ダウニー・Jr)。しかし、戦いによって心を傷つけた彼はペッパー(グウィンス・パルトロー)の心配をよそに、何かに取り憑かれたかのように新型スーツの開発を続ける。
心身ともに限界まで追い詰められたトニー…その頃、凶悪な爆弾テロリスト“マンダリン”が世間を騒がしていた。
さらにペッパーとトニーの前には天才科学者キリアン(ガイ・ピアース)が驚異的な発明を手にして現れる。
無謀にもマンダリンに挑戦状を叩き付けたトニー。しかし、トニーの家はマンダリンの襲撃に遭って壊滅。彼は残ったスーツを手に、陰謀を食い止めるため再び立ち上がるのだが…。
d0030824_148213.jpg

<総評>
チャラい中年ヒーロー、ついにラストか!?と思いきや「アベンジャーズ2」があるんだよな。その前には「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」の続編もあるので、当分アメコミ物には困らない。
本作、中国では色々と問題ありだったようで中国版があるとか…ファン・ビンビン出てるんだと…って市場拡大したいからって迎合するかなぁ。さて、それは置いといて、監督がシェーン・ブラックになったことで微妙に何かが違う。ノリとしては悪くないがシリアス感がなかなか強い。ドラッグ中毒ならぬスーツ中毒となったトニー・スターク。
テロリストに喧嘩を売り、家をぶっ壊され、一転放浪へ。
まあ、ストーリーとしては過去の精算とアベンジャーズで体験してしまったトラウマ克服、そして未来指向というか、意外と前向きな作品である。マンダリンという凶悪な敵、そしてペッパーとの関係、大量生産のスーツ…なんかこう色々とゴチャゴチャしてしまった感が否めない。
もっとシンプルにストーリーが組み立てられていても良かったんじゃないかと思ってしまうけど、エンドロール後のネタも含め「アベンジャーズ2」への期待なのかもしれない。
相も変わらずも主演を張ったロバート・ダウニー・Jr、ヒロインのグウィネス・パルトローはいつも通りかも。変わりようがないし、これ以上にハマッたキャスティングも望めまい。
意外なキャスティングとなったのはベン・キングスレー。もうね、この名優が出てくるだけ引き締まったのは確かなんだけど…で、ガイ・ピアース。男前なんだけど悪漢としての重厚さが少し足りなかった。
シリーズ集大成としては良作の部類。なんつってもアイアンマンは飽きない。次を期待してしまうし、微妙にリンクする他作品だって見たくなる。次はマーク・ラファロ版の「ハルク」を是非!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-04-26 23:59 | アクション/アドベンチャー
ライジング・ドラゴン
d0030824_0385581.jpg『CHINESE ZODIAC』 香港/2013
監督・出演:ジャッキー・チェン
出演:クォン・サンウ ジャン・ランシン ヤオ・シントン
リャオ・ファン ローラ・ワイスベッカー アラー・サフィ
オリヴァー・プラット ケニー・G ヴィンセント・ツェ
チェン・ボーリン





公開時コピー
ジャッキー・チェン最後のアクション超大作!

今年で59歳を迎えたジャッキー・チェンが最後のアクション作品と銘打ち、原点である香港で自ら監督を務めたアクション超大作。そして、「アジアの鷹」シリーズ第3弾にして、言葉通りであれば完結編となる。
韓国の人気俳優クォン・サンウ、本作がデビュー作となるテコンドーの元選手ジャン・ランシンなど、ジャッキーの慧眼にかなったアクションメインと、ヤオ・シントン、ローラ・ワイスベッカーといった若手のコメディエンヌを配置したキャスティングは相変わらず。
そして映画のラストには意外なカメオ出演が!
いかにも香港時代のジャッキー映画を彷彿とさせる構成は、もはや映画全体がファンサービスと言える。

<あらすじ>
19世紀の清王朝時代。列強の進出により、十二支をモチーフにした国宝のブロンズ像“十二生肖”が略奪され、散逸してしまう。
そして現代、世界中に散らばった12体のブロンズ像は、それぞれがオークションなどで高額で取引されていた。アンティーク・ディーラーのマックス・プロフィット社は12体すべてを手に入れるべく、その収集を“アジアの鷹”と呼ばれるトレジャー・ハンターのJC(ジャッキー・チェン)に依頼する。
高額の報酬に惹かれて依頼を受けたJCは、メンバーのサイモン(クォン・サンウ)、ボニー(ジャン・ランシン)、デビッド(リャオ・ファン)を集めると世界に散らばったブロンズ像を求め、作戦を開始する。
d0030824_0391365.jpg

<総評>
これでジャッキー引退か!?と世界中を驚かせた本作。
「いやいや、俳優は引退しないよ!」とジャッキーが言うのも無理からぬこと。そりゃ、ジャッキーといえばアクション、「新宿インシデント」はともかく、「ベストキッド」「1911」はやっぱりアクションいれてたじゃないか、ってところで、なんとなくもう1回やってみようかな、ってきっと言うに違いない…と思う。
だって「エクスペンタブルズ3」に誘われてるし。
しかし、「サンダーアーム/龍兄虎弟」「プロジェクト・イーグル」でアジアのインディ・ジョーンズとなったトレジャーハンター“アジアの鷹”がラストのアクションとは…てっきり「ポリス・ストーリー」か「プロジェクトA」とかだと思ってましたよ。
それはさておき、本作のジャッキー、58歳。
全身ローラースケートで走り回り、落下をして、階段を飛び越え、柵をくぐり、スカイダイビングまで全てがアクションの連続!その全てがいつものジャッキーアクションであり、各シーンの元ネタは過去作品じゃないか!ってところで見ているこちらは香港時代のジャッキーが戻ってきた!と感動一入。
ハリウッドに行ってからのジャッキーは、ワイヤーやらCGやらを多用(それがハリウッド流ではあるけれど)してきたけれど、やっぱり香港で撮られたものはシンプルに面白い。
本作は気合いの入り方が違うのか、アクションのキレも抜群。還暦前で回し蹴りやバク転できる俳優なんて早々いませんぜ。
ストーリーは至ってシンプル…ええ、宝探しですな、宝探し。時には違法でありつつ、そして仲間を増やしつつ…そして、ジャッキーアクションは銃があっても銃はオマケ。
見どころはもちろん、ジャッキーなんだけど、脇を固めるクォン・サンウも頑張る上に、もう一つの見どころといっても過言ではない長身でテコンドーの名手ジャン・ランシンの格闘シーンがかっこよすぎ。足なげぇ!動き早ぇってなもんですよ。
で、ラストはなんとカメオ出演で2人の有名俳優、そして、ジャッキーが思わずマジでにやける方が登場。
知っている人は知ってる感じですな~それなら、もう1人、ジャッキー関連で出せば良かったのにとか思ったりして。
それにしても、今回のパンフレット、なかなかです。怪我の履歴に加え、ジャッキー映画のカレンダーになってます…ってユン・ピョウ載ってないやん!サモ・ハンはいるのに。
そういやこのシリーズ、なにげに「サンダーアーム/龍兄虎弟」が好きだったんだよな。
また見てみよう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-04-21 04:44 | アクション/アドベンチャー
劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ
d0030824_1322452.png『STEINS;GATE MOVIE』 日本/2013
総監督:佐藤卓哉 浜崎博嗣
監督:若林漢二
声:宮野真守 花澤香菜 関智一 今井麻美
後藤沙緒里 小林ゆう 桃井はるこ 田村ゆかり







公開時コピー
忘れないで…、私があなたを観測する。

PS3、XBOX360で人気を博したアドベンチャーゲームの劇場版。
TVアニメ版の正式な続編となっている。
総監督はTV版の佐藤卓哉と浜崎博嗣、監督は同じくTV版の演出を手がけた若林漢二。
声もTV版から引き継いでいる。

<あらすじ> (TV版のネタバレが含まれています!)
「狂気のマッドサイエンティスト」を名乗る中二病全開な大学生・岡部倫太郎。秋葉原に未来ガジェット研究所というサークルを立ち上げ、同級生でオタクのハッカーの橋田至、幼なじみの椎名まゆりと共に毎日を過ごしていた。偶然から過去へとメールを送れる「Dメール」を開発してしまったことから、天才少女の牧瀬紅莉栖などを巻き込んで、世界規模の事件に巻き込まれた。
自らが望む世界、誰も傷つかない世界を目指した岡部だったが、何度もタイムマシンを使用したことにより、自身の存在が並列する時間軸の世界線を彷徨ってしまう。
牧瀬は岡部の存在を自分たちの世界に固定するために、ある行動に出るのだが…。
d0030824_133890.jpg

<総評>
細かく練られたストーリー展開、科学考証、そして時間移動の矛盾等を可能な限り排除し、高い評価を得たゲーム版。
TVアニメ版はゲーム版のハッピーエンドを基に構成され、こちらも高い評価。本作を見る前にTVアニメ版を一気見、これがまたおもしろく感動したのです。
TVアニメ版でもラストはきっちりと結論付けられていたので、映画版の意味は?と思っていたのですが…うーん、本編ほどの感動はなかった、というのが正直な感想。
ヒロインの牧瀬視点で描かれているのは面白く、ストーリーとしては良くできているので本編の後日談としては必要充分。ただし、それ以上のおもしろさがなかったわけで、アッサリしすぎたかも。
世界観は相変わらず、オタクの聖地秋葉原の描写、さらに岡部と牧瀬の関係もまた良い感じに描かれている。と、なれば橋田関連の謎、椎名のその後も気になるところ。
まあ、ゲームはまだシリーズが少しずつ出ているので、そこで解決してくれていると…と思う。今のところ買っていないけど。
声を当てた宮野真守の大仰な言い回し、関智一のまさかなオタク言語…と実は男性声優の演技力がここまで特徴的な作品もないだろうな。
で、Blu-ray版が12月、本編を補足するドラマCDが付くとか。うーん、なんかなぁ、仕方ないだろうけどせめて小説にしてくれよって感じかも。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-04-20 23:59 | アニメ/CG