トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
バイオハザードV:リトリビューション
d0030824_2525014.jpg『RESIDENT EVIL: RETRIBUTION』 アメリカ/2012
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ ミシェル・ロドリゲス
シエンナ・ギロリー ケヴィン・デュランド ショーン・ロバーツ
ボリス・コジョー リー・ビンビン アリアーナ・エンジニア
コリン・サーモン ヨハン・アーブ オデッド・フェール
中島美嘉




公開時コピー
「世界」を壊せ。
地球を救うために。


アクション映画として確実なヒットを飛ばす本シリーズもついに5作目。
監督は1作目、4作目のポール・W・S・アンダーソン。
主演は引き続きミラ・ジョヴォヴィッチをはじめ、1作目で主要なキャラを演じたミシェル・ロドリゲスやコリン・サーモンが再キャスティング、2作目からはシエンナ・ギロリー、オデッド・フェール、前作からはボリス・コジョー、新たなキャスティングとしてケヴィン・デュランド、ヨハン・アーブ、前作でゾンビ役を演じた中島美嘉など。
日本版主題歌は中島美嘉。

<あらすじ>
アンブレラ社が仕掛けた洋上のタンカー船アルカディアで、ウェスカー(ショーン・ロバーツ)を追い詰めたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)達。しかし、アンブレラ社の特殊部隊の襲撃を受け、アリスは海中に転落してしまう。
アリスが目覚めるとそこは、平和な家庭がある世界だった。
しかし、事態は一変、再び目覚めると実験室に閉じ込められ、ジル(シエンナ・ギロリー)が監視する中、音による拷問を受け続ける。
一方、アリスを救うため、レオン(ヨハン・アーブ)、ルーサー(ボリス・コジョー)、バリー(ケヴィン・デュランド)達が実験施設への侵入を試みていた。
その頃、システムのエラーに乗じて脱出を図ったアリスが見たのは、アンデッドにあふれた東京の街並みだった。
d0030824_2523788.jpg

<総評>
大ヒットゲームの映画化から独自のストーリー展開で、大ヒットシリーズとなった本作。
次作で完結するそうですが、まあ、世界規模でゾンビを増やしちゃった時点でもっと早めに終わるかと思ってました。2作目まではアンブレラ社との対決がメインだったので、てっきりゲームと同じようにサスペンス要素が強くなるのかな、と…実際、その路線を進んでいればもう少し見応えがあった気がします。
それはさておき、今回はゲームで登場したキャラクターが多数登場。
レオン、エイダ、バリー、ジル、ウェスカー、カルロスが活躍します。特にレオンはゲームシリーズの中では重要な主人公の1人なので、ようやく登場ってところですかね。
さて、ストーリーは新3部作の2作目ということですが、元々ストーリーが進んでいるのかどうか微妙な感でしたので、どこまで展開するのかが期待していました。
ストーリーを盛り上げたのは1作目に登場したレイン。このレイン、女子大生版までいるんですが似合ねぇ(笑)。そして、アンブレラを操る意外な敵の存在が判明し、ようやくストーリーとしてまとまりはじめていきます。
アクションシーンはアリスとエイダ、救出組のレオン、バリーなどの2つの動きが見られます。
世界の各都市が再現され、激しい戦いが続きます。
敵となるのはゲームシリーズの5でも強敵となったジルと復活を遂げたレイン。
ここまでくるともはやゾンビ云々じゃなく、超人対人間みたいな戦いですが、とにかくレインを演じるミシェル・ロドリゲスの存在感が半端無い。
しかしまあ、相変わらず3Dはあんまし意味ないですね。
出演陣はレオン役のヨハン・アーブがちょっとなぁ~雰囲気はいいんだけど、ちょっとイメージが違うかも。
リー・ビンビン演じるエイダも少し違うような…シエンナ・ギロリー演じるジルがはまり役だから余計思うかもしれませんが。
しかし、バリー役のケヴィン・デュランドはぴったり。
で、結局のところ、ゲームで出てきた登場人物で溢れかえっただけってのもねぇ。
日本ファンからすれば中島美嘉のゾンビ大活躍でOK!?
ここまで地球が壊滅するとアンブレラ社とかの利益どうこうってもう関係なので、そういう意味ではストーリーは破綻してます。
とにもかくにも、次作が最後、うーん…期待だけはしておこう!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-09-21 00:17 | アクション/アドベンチャー
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
d0030824_0225218.jpg『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』 日本/2012
監督:本広克行
出演:織田裕二 深津絵里 ユースケ・サンタマリア
伊藤淳史 内田有紀 滝藤賢一 小泉孝太郎 北村総一朗
小野武彦 斉藤暁 佐戸井けん太 小林すすむ 甲本雅裕
水野美紀 真矢みき 筧利夫 小栗旬 柳葉敏郎
香取慎吾




公開時コピー
ついに、FINAL-。

TVシリーズから約15年の時を経て、ついに完結編となる劇場版第4弾。
監督、脚本は前3作に引き続き本広克行、君塚良一。
出演者では、前作では登場しなかった水野美紀、筧利夫、真矢みきなどもわずかな出番ながら登場している。新たなキャストとして犯人役に香取慎吾が出演。
また、深津絵里演じる恩田すみれの上司、中西警部補を演じた小林すすむの遺作となった。

<あらすじ>
湾岸所管内で「国際環境エネルギーサミット」が開催され、湾岸署員たちが警備に駆り出されている中、張り込みを無事に終えて戻ってきた青島(織田裕二)。その直後、サミット会場の前で男性が誘拐され、数時間後に射殺遺体となって発見される。
犯行に使われた拳銃は警視庁の押収物保管庫から持ち出されたものであり、警察上層部は警官による犯行と断定。湾岸署に特捜本部が設置され、鳥飼管理官(小栗旬)の元に情報は集められ、所轄捜査員は一切捜査に関われないという、異例の捜査態勢が敷かれる。
さらに第2の殺人事件が発生、青島は事件の裏側に隠された真実を求め、捜査を進めるが…。
d0030824_023591.jpg

<総評>
TVシリーズ全11話、スペシャル版(スピンオフ含む)計17話とまさしくモンスターシリーズとなった「踊る大捜査線」。クセのある登場人物達、刑事ドラマにリアリズムを組み込んだ構成、印象的なサウンドトラックと魅力を語ればきりがないほどに充実したシリーズでした。
正直、前作からどこまで続くんだろうと期待していたのですが、割とあっさりと完結編となったのは程よかったかもしれません。ただ、本シリーズが形骸化しなかった(まあ、映画3作目では危なかったけど)のはスピンオフの存在やシリーズの持つ軽快さ故かもしれません。
さて、ファイナルとなった本作、落としどころはどこに持ってくるのか、というのが注目すべき点だったわけですが結果として、非常に楽しめました。
本作の前にテレビ放映されたスペシャル版はかなりとっちらかった印象(脚本がちょっと…)だったんですが、さすがに完結編、様々な登場人物が意外な展開となる終わり方や警察を変えるという、青島と室井の約束ごとなど、綺麗にまとめあげています。
その一方で残念だったのは「踊る~」ならではの荒唐無稽さを無謀なシーンに変えてしまったり、犯人役を公開前にばらしてしまったりと勿体ない。そして、刑事だからできること、刑事ではないからできないことの線引きは欲しかった。
ストーリーの展開は良いし、相変わらずの小ネタやちょっとしたサービスなどは相変わらず情報量たっぷり。
それ故に中盤以降のシリアスな展開が引き立ち、緊張感はありました。
また、青島とすみれの微妙な距離感もきちんと描かれていて良かったですね。
作中で若干気になったのは音楽。元々このシリーズが参考にしていたのは「機動警察パトレイバー」。
その映画版で使用されていた曲になにやら似ているような…まあ、オマージュとして取り入れた様な感じも受けます。
出演者について、レギュラーはもはや言うことなく、青島役・織田裕二と室井役・柳葉敏郎のつながりが非常に色濃く出ていて最高でした。深津絵里だけが立ち位置として常に安定していますが、本作の変化は見どころのひとつ。そしてユースケ・サンタマリアは、佐戸井けん太、小林すすむと共に新しいスリーアミーゴスを結成、旧スリーアミーゴスとの対決がなかなかのもの。小林すすむが亡くなってしまったのは残念です。
前作から登場の小栗旬、ダーティーなイメージの方がうまい!
犯人役となった香取慎吾はいささか残念でした。確かにSMAPとしてビッグネームではあるんですが、もっとパンチのある俳優にシークレットとして登場して欲しかった。
総じてまとまっているんですが、もう少し盛り上がりのあるシーンが欲しかったのも事実。
それは15年続いたエンターテイメントとしての本作の当然成すべきことであった気もします。
しかし、常にほぼ同じキャスティングを続けた希有な作品として、実に見事なシリーズであり、楽しめた作品でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-09-19 00:17 | ヒューマン/ドラマ
放課後ミッドナイターズ
d0030824_036134.jpg『AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS』 日本/2012
監督:竹清仁
声:山寺宏一 田口浩正 戸松遥 雨蘭咲木子
寿美菜子 小杉十郎太 谷育子 家中宏 茶風林
松本大 郷田ほづみ 屋良有作 大塚芳忠
黒田勇樹 伊瀬茉莉也 下崎紘史 飯塚昭三





公開時コピー
でっかい夢、みてる?
真夜中の学校が、大アトラクションになる!


2007年に竹清仁監督が製作した短編CGアニメ「放課後ミッドナイト」。
高い評価を受け、短編をベースにして長編作品となった。
また、2作目の製作が決定している。
声は七色の声を持つ山寺宏一、俳優の田口浩正など声優と声に特長のある俳優が起用されている。

<あらすじ>
名門・聖クレア小学校の見学会にやってきた幼稚園児マコ、ミーコ、ムツコの3人は取り壊し寸前の理科教室に入り込み、いたずらの限りを尽くして帰っていく。
その夜、3人に落書きされた人体模型のキュンストレーキは怒り狂い、助手の骨格標本ゴスはなだめるのも聞かず、3人をミッドナイトパーティーに誘い、復讐することを思いつく。
しかし、やってきた3人は恐怖に怯えるどころか、もっとおもしろいものは無いかと暴れる始末。
振り回されっぱなしのキュンストレーキにあきれたゴスは、あることを思いつく。
それは理科室の取り壊しを免れるために、3人にある挑戦をしてもらうことだった…。
d0030824_0362830.jpg

<総評>
今ではめずらしくなくなったフルCGアニメ。元はショートアニメでニコニコ動画でも公開されているようです。
まあ、予告編のバカっぷりに惹かれて見たわけですが、個人的には結構ツボでした。うん、こういうバカさ加減は嫌いじゃない、むしろ好きかも。ストーリー全体を通すと結構ちぐはぐだったり、やたらと暗転で場面が切り替わったりしますが、短編から長編にすると結構こういう細切れ感が出てしまうことが多いですね。
いわゆる都市伝説をモチーフにした動き出す人体模型&骨格標本、音楽室で勝手に鳴るピアノ、トイレの開かずの扉などを、日本的じゃない小学校を舞台という発想がおもしろい。
さて、ストーリーは至ってシンプル。人体模型ながら天才科学者のキュンストレーキと助手のゴス、そして3人の幼稚園児が真夜中に繰り広げるドタバタ劇。
あちこちに小ネタを挟みつつ、実はストーリー的にあんまり窮地に陥らないってところが子供向け的なのかも。しかしまあ、ほぼ全編通してハイテンションな展開はどちらかというとアメリカンかも。
また個々のキャラクターの性格が非常にうまく立っており、それぞれの役割がはまっているのもいいですね。
そして本作の良さはやはり声優陣の見事さ。
キュンストレーキを演じる山寺宏一、ゴス役の田口浩正の掛け合い、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子が演じた3人の幼稚園児もテンションが良い感じ。
さらに渋さ抜群の小杉十郎太や飯塚昭三、大塚芳忠といった配役なんて心憎いなぁ。
結論から言えば、おもしろかった。とはいえ、細切れ感が否めなかったのとストーリー展開が分かりやすすぎたのがもったいない。テンションだけで引っ張っているので、ストーリーでもう少し見せてほしいですね。
とはいえ、ラストはきれいにまとまった手堅い作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-09-06 00:32 | アニメ/CG