トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
キラー・エリート
d0030824_22595939.jpg『KILLER ELITE』 オーストラリア・アメリカ/2011
監督:ゲイリー・マッケンドリー
出演:ジェイソン・ステイサム クライヴ・オーウェン
ロバート・デ・ニーロ ドミニク・パーセル エイデン・ヤング
イヴォンヌ・ストラホフスキー ベン・メンデルソーン






公開時コピー
彼らは、実在する。

元英軍特殊部隊SAS隊員の経歴を持つラヌルフ・ファインズの同名小説の映画化。
実話とされる原作のテイストを活かし、リアリティ溢れる映像となっている。
監督は本作がデビューとなるCM出身のゲイリー・マッケンドリー。
イギリス俳優のジェイソン・スティサムとクライブ・オーウェンという主役2人、そして脇を固めるのはロバート・デ・ニーロという豪華キャスティング。

<あらすじ>
1980年、メキシコ。
相棒のハンター(ロバート・デ・ニーロ)と共に、数々の依頼を成功させてきた凄腕の殺し屋ダニー(ジェイソン・スティサム)は、いつものように標的を仕留めるものの、側にいた標的の子どもを殺すことができなかったことに限界を感じて足を洗う。
1年後、恋人共にオーストラリアで暮らしていた彼の元に、手紙が届く。
手紙にはオマーンで仕事を放棄し、逃亡したハンターが依頼主に拘束された写真が入っていた。
ハンターを助けるため、仕事を引き受けることになったダニー。
仕事の依頼は、オマーンの部族長シーク(ロドニー・アフィフ)の息子を殺した英国陸軍特殊部隊SASの隊員3人から殺害の自白を聞き出して撮影し、事故に見せかけて殺すというものだった。
ダニーは、殺し屋仲間のデイヴィス(ドミニク・パーセル)、マイヤー(エイデン・ヤング)を集め、早速行動を開始する。
一方、元SAS隊員による秘密結社フェザーメンの一員で凄腕のスパイク(クライヴ・オーウェン)は、不穏な動きを察知し、工作員を手配するが…。
d0030824_2302078.jpg

<総評>
SAS=Special Air Serviceといえば、世界初の特殊部隊にして、近代戦闘においても世界最強と言われています(Airとあるが、空軍ではなく陸軍。現在は多種多様な任務についている)。
日本で元SASを題材にしたといえば「MASTERキートン」でしょうか…まあ、この特殊部隊というイメージは様々な映画で扱われているわけですが、本作は現役および元SAS隊員を狙うというストーリーです。
原作を読んでいないのでわからないのですが、精鋭を狙うという殺し屋たちの過去が気になりましたね。
さて、本作はアクション映画というよりもサスペンス要素が強く、殺し屋ダニーと仲間の2人がどのようにして、最強部隊の一員を殺していくのか、というのが見どころになります。
しかし、それだけでは終わらず、介入するのは元SAS隊員達が「元SAS隊員」を守るために組織されたフェザーメンという秘密結社です。
殺し屋達を追うのは優秀なSAS隊員だったスパイクで、除隊後はフェザーメンだけが生き甲斐のような人物。
ダニー達は傭兵もしていますが、まさに職業的殺し屋で淡々と仕事をこなしていきます。
この淡々とした感じに妙にリアリティがあり、重い迫力を感じさせますね。
出演者のジェイソン・スティサム、本作ではアクションよりも演技に重点が置かれています。
というのも、共演がデ・ニーロにクライヴ・オーウェンとくれば、下手な演技はできないでしょう。
ヒロインを演じたイヴォンヌ・ストラホフスキーは、なかなか素敵な女優さんです。
映画全体としては、ちょっと説明不足な感じもありますが、隠れた名作「アサインメント」なんかを思い出しますね。「スパイ・バウンド」はちょっと残念でしたが…。
男臭い映画ですが、アクションとしてもそれなりに楽しめる作品です。
この手の物語が好きな人にはオススメ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-05-24 23:00 | ミステリ/サスペンス
バトルシップ
d0030824_1513637.jpg『BATTLESHIP』 アメリカ/2012
監督:ピーター・バーグ
出演:テイラー・キッチュ アレキサンダー・スカルスガルド
リアーナ ブルックリン・デッカー 浅野忠信
リーアム・ニーソン ピーター・マクニコル
ハミッシュ・リンクレイター アダム・ゴドリー





公開時コピー
戦いは、海から始まる―。

俳優として活躍し、「キングダム/見えざる敵」「ハンコック」などを手がけたピーター・バーグ監督による洋上SFアクション。
歌手のリアーナが本格的に女優として活動を開始、また、ハリウッドでの活躍が目立ってきた浅野忠信が準主役としてキャスティングされている。

<あらすじ>
ハワイに住む何をやっても長続きしない青年アレックス(テイラー・キッチュ)は誕生日の夜、バーで海軍将校の兄ストーン(アレキサンダー・スカルスガルド)から祝いの言葉と説教を受ける。しかし、そんな兄をよそにアレックスはバーに入ってきたサマンサ(ブルックリン・デッカー)に一目惚れをして騒ぎを起こしてしまう。
見かねたストーンの薦めで、海軍に入ったアレックス。
ある日、ハワイ沖でアメリカや日本など各国の軍艦が集結し、大規模な合同軍事演習が行われようとしていた。アレックスは自衛艦妙高の艦長、ナガタ(浅野忠信)にライバルを抱く。
そんな中、演習海域に空から巨大な物体が落下してくる。
海域にいたストーン艦長のサンプソン号とナガタ艦長の妙高などが偵察に向かう。
しかし、その物体は海域全体に巨大なバリアを張り、閉じ込められてしまうのだった。
d0030824_1515169.jpg

<総評>
この映画のスタッフが集結!みたいな紹介の作品は大抵、それ以外に売りどころがなくて残念な結果になることが多い…というのがセオリーなのですが、本作はとりあえず期待せずに見たところ、とにかくおもしろかった!米軍と自衛隊の協力による宇宙船撃退という、まさかの真面目タッグ。そして突拍子もない戦艦対宇宙船というシナリオのおもしろさ、迫力ある映像がひたすら見事。
うーん、さすが「トランスフォーマー」作っただけはあるぜ!みたいな後味の良さに浸れました(笑)。
さて、序盤は主人公アレックスのバカさ加減をこれでもかという位に見せつけ、軍に入ってなぜか提督の娘と付き合いつつ、実は部下に陰口叩かれているなんてキャラ設定もおもしろい。
本作のおもしろさは主人公のみならず準主役のナガタ、脇役のレイクスの活躍だったりとCG以外の見せ場がきちんと作られているところでしょう。
クライマックス、これがまた格好良くて渋い!
遊び心に溢れてますね。
主役を演じたテイラー・キッチュ、男前でちょっとトム・クルーズを彷彿とさせます。
兄のストーンを演じたのはアレキサンダー・スカルスガルド…この人、良い味出してますね。割と遅咲きの俳優というイメージですが、TVドラマでは実績があります。
リアーナはまあ、ヒロインでもなく準主役というわけでもなく、ヒロインならやっぱりブルックリン・デッカーに軍配があがります。
そして浅野忠信、ハリウッドでは日本人役といえどまともなことをさせてくれる方が少ない中にあって、ようやくまともな役(笑)。でも、確かな演技力で地に足が着き始めましたね。
リーアム・ニーソン、「特攻野郎Aチーム」の続きが見たい!
総じて楽しめた作品です。敵対する宇宙船も物理攻撃が効かないみたいな今までのセオリーをはずしていたり、意外と律儀だったり、そして戦艦へのこだわりがいい。
ツッコミを入れる作品じゃなく、ツッコミも全て楽しめるみたいなおもしろさというか、話がややこしくない分、ポップコーンムービーとしては見事です。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-05-16 01:52 | SF/ファンタジー/パニック
宇宙兄弟
d0030824_121385.jpg『SPACE BROTHERS』 日本/2012
監督:森義隆
出演:小栗旬 岡田将生 麻生久美子 濱田岳 新井浩文
井上芳雄 塩見三省 益岡徹 森下愛子 吹越満 堤真一
中野澪 中島凱斗 バズ・オルドリン






公開時コピー
夢の続きを、始めよう。

小山宙哉の同名ベストセラーコミックの実写化。
監督はドキュメンタリー番組で経験を積み、「ひゃくはち」で高い評価を受けた森義隆。
JAXAの全面協力とNASAでの撮影、そしてロケット発射シーンの見事なCGなどが見どころ。
主題歌はコールドプレイ。

<あらすじ>
宇宙が好きな兄・ムッタ(中野澪)と弟・ヒビト(中島凱斗)はある夜、月に向かうUFOを目撃する。2人は一緒に宇宙に行こう、と約束する。
それから19年、31歳のムッタ(小栗旬)は、上司を頭突きしたことで勤めていた自動車会社をクビになり、再就職もままならない。
一方、ヒビト(岡田将生)は史上最年少でNASAの宇宙飛行士に選ばれ、世間の注目を浴びていた。ヒビトとの差に現実を見てしまったムッタだが、ある日彼の元に宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過の知らせが届く。
それはかつての約束を忘れたムッタに黙って、ヒビトが出したものだった。
ムッタはダメもとで2次試験へと向かうが…。
d0030824_1211193.jpg

<総評>
邦画の宇宙関連の映画というと、どうしてもSF要素が多く、むしろ本作のように真っ向勝負で宇宙を扱ったドラマは無いと言っていいでしょう。
原作はいまだに続刊しているため、どこまでを描くのか興味がありましたが、もともと1巻のみしか読んで後はアニメで見ているため結末がとても気になりました。
アニメ版はほぼ原作通りに展開していきますが、本作は時間的な制約のため、かなりの箇所が端折られています(金子・シャロンなどは登場しない)。
しかし、端折りつつもテンポ良く進むため飽きさせないストーリー展開となっています。
さて、宇宙飛行士を目指すムッタとヒビトが物語の中心なのはもちろん、JAXAの訓練シーンなどが随所に組み込まれており、宇宙好きとしても楽しめます。
また、NASAでの撮影やバズ・オルドリンの登場、「アポロ13」を意識したかのようなロケット発射シーンから月面シーンなどが見事で、邦画の規模としては見事なもの。
残念なのが伊東せりかや真壁ケンジといった主要人物の描き方が足りず、それは原作で補足といったところでしょうか。
ムッタ役の小栗旬はマンガのキャラクター的な若干オーバーな演技がピッタリ、ヒビト役の岡田将生もぴったりの配役でした。これはせりか役の麻生久美子、真壁役の井上芳雄も同様ですね。
堤真一は相変わらず手堅い演技、なによりもバズ・オルドリンの登場がびっくりです。
全体的に手堅くまとめられており、非常に楽しめる作品です。
本作を見る前に「アポロ13」やドキュメンタリーの「ザ・ムーン」「宇宙(そら)へ。」あたりを見ると、もっと楽しめるかもしれません。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-05-08 01:21 | ヒューマン/ドラマ