トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
d0030824_195075.jpg『THE ADVENTURES OF TINTIN:
THE SECRET OF THE UNICORN』
アメリカ・ベルギー/2011
監督:スティーヴン・スピルバーグ
声:ジェイミー・ベル アンディ・サーキス
ダニエル・クレイグ サイモン・ペッグ
ニック・フロスト




公開時コピー
今、勇気ある冒険が始まる。

ベルギーの作家エルジェによる世界的人気コミック「タンタンの冒険旅行」の3DCGアニメ化。
原作となったのは11作目の「なぞのユニコーン号」。
スピルバーグが長年映画化を希望し、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督とタッグを組んで映画化を実現した。

<あらすじ>
世界を股にかけ、数々の難事件を相棒のスノーウィと共に解決してきた少年新聞記者のタンタン。
ある日、街の市場で売られていた美しい3本マストの帆船模型ユニコーン号を手に入れる。
ところが買った直後に、1人の男からそれを手放すように言われ、さらに金持ちのサッカリンからの譲るように迫られるが、タンタンはそれを断る。
ユニコーン号に隠された秘密を探るために図書館へ出掛けたタンタンは、船がかつて海賊に襲われて財宝と共に消えたことを知る。
しかし、家に戻ったタンタンは模型が盗まれていることに驚き、その犯人が執拗に模型を欲しがっていたサッカリンだと考える。
そして、彼が買い取ったというムーランサール城へと忍び込むが…。
d0030824_195943.jpg

<総評>
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」以来、3年ぶりに監督を務めたスティーヴン・スピルバーグ。元々は「インディ・ジョーンズ」シリーズと「タンタンの冒険旅行」が似ていることと、原作者のエルジェが生前、映像化するならスピルバーグと言っていたそうなので、本作はまさに長年の夢が叶ったといえるでしょう。
映像全体はさすがにスピルバーグとジャクソンが組んだだけあって、CGのクオリティだけでなく、3D映像も抜群の完成度を誇ります。
さて、元はマンガとはいえ舞台は情緒豊かなヨーロッパ。
本作は11作目の映像化ということで、既に活躍が知られているタンタンとスノーウィが所狭しと暴れ回ります。ちなみにタンタンの年齢は14から17歳という非常に曖昧な幅で、おそらく16歳だろうという予測が立てられていますが、頭脳明晰で銃の扱いもうまい。さらにそこそこの腕っ節というおおよそ16歳らしからぬ行動派ですが、とても元気なイメージがあっていいですね。
そんな彼がノミの市で見つけたのが、三本マストのユニコーン号。
気に入って手に入れたその帆船模型をめぐって、謎の大金持ちとユニコーン号にまつわる冒険が始まります。とてもかしこく、アルコールに目がない相棒犬スノーウィや、双子でも親戚でもないのに顔がそっくりなデュポンとデュボン刑事等、わかりやすいキャラクター達が脇を固め、さらにダメな人代表みたいなハドック船長などが絡んであちこちで大騒動を起こしながら、インディばりの活躍をするタンタン。
まさに子供版インディ・ジョーンズといったおもしろさで、キャラクター達のデフォルメされながらもリアルな動きを取り入れたCGは見事。
また、CGならではのアングルの取り入れ方や表現の仕方は、スピルバーグならではの発想でしょうか。
スピーディーなシーンが多いのにもかかわらず3Dが比較的楽に見られる107分という上映時間も良かったですね。
劇場では3Dだといつも字幕がきついので、吹き替えで見たのですが、ちゃんと本業の声優が演じていたので聞き取りやすく、楽しめました。
上映時間の短さから、タンタンの心情や成長といった面は省かれていたものの、テンポが良くておもしろい。
こういうのを見てしまうと、やっぱりスピルバーグとジャクソンは凄いなと改めて思ってしまいます。
オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-13 01:06 | アニメ/CG
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
d0030824_1564555.jpg『VENGEANCE』 フランス・香港/2009
監督:ジョニー・トー
出演:ジョニー・アリディ シルヴィー・テステュー
アンソニー・ウォン ラム・カートン ラム・シュー
サイモン・ヤム チョン・シウファイ
マギー・シュー フェリックス・ウォン ミシェル・イェ
ン・ティンイップ フォン・ツーファン
受賞:第4回アジア・フィルム・アワード/作曲賞



公開時コピー
記憶を失くした男に
復讐の意味はあるのか──


今や香港におけるノワール作品の第一人者となったジョニー・トー監督が、フランスの国民的歌手ジョニー・アリディを主演に迎えたノワールアクション。
「TAXi」シリーズのプロデューサー、ミシェル&ロラン・ペタンを迎え、本作がアジア映画初プロデュースとなる。
ジョニー・トー作品ではお馴染みのアンソニー・ウォンやラム・シュー、サイモン・ヤムなどが出演している。

<あらすじ>
香港マカオの高級住宅街に住みアイリーン(シルヴィー・テステュー)。ある日、家が何者かに襲撃され、中国人の夫と子ども2人が惨殺され、彼女もまた重体になる怪我を負う。
連絡を受けてパリからやってきたのはアイリーンの父親のコステロ(ジョニー・アリディ)だった。
コステロはアイリーンから犯人に繋がるわずかばかりの情報をもらい、復讐を誓う。
しかし、勝手の分からない香港でどうすればいいのかわからず右往左往してしまう。
そんな時、偶然にもホテルで仕事をしていた3人の殺し屋クワイ(アンソニー・ウォン)、チュウ(ラム・カートン)、フェイロク(ラム・シュー)と出会い、彼らに復讐の助っ人を依頼することに。
コステロもまた、かつて殺し屋だったのだ。
依頼を引き受けた3人は、独自の情報網を使って襲撃犯を絞り込んでいく。
一方、コステロはかつて頭に受けた銃弾により、記憶障害を患っており、娘のことはおろか復讐のことを忘れてしまうのではと恐れていた。
d0030824_1571683.jpg

<総評>
ジョニー・アリディといえば、「列車に乗った男」で日本でも知られるようになりましたが、それ以外では意外と目立たず…そんな彼がまさか香港ノワールに出るというのは予想もしませんでした。
ジョニー・トー監督作品はそのほとんどがハードボイルドな作品ですが、なにせ香港の映画俳優はもはやお決まりの人しか出ない状態。その中にあって、ジョニー・アリディの起用はおもしろい試みといえます。
さて、物語は至ってシンプルな復讐劇です。
娘婿と子どもを惨殺され、さらに娘も重体に…遥か異国の地にやってきた、娘の父親でかつて殺し屋だった男は記憶障害に悩まされながら、3人の殺し屋と共に犯人を捜し始めます。
無国籍風味の街並みの香港で繰り広げられる銃撃戦と男達の友情が描かれ、青みがかった色彩の映像が美しいですね。
ストーリーは中盤まで緊張感が漂い、銃撃戦も見どころ…しかし、いつも思うのですがジョニー・トー作品は終盤になるとある意味、荒唐無稽な展開をやりすぎてしまったりするのが残念。
コステロが自らの記憶障害をなんとか乗り越えようとする場面は印象的でした。
本作もクライマックスをどう見るかで評価が分かれます。個人的には悪くなかったんですが、些か冗長になりすぎましたね。
主演のジョニー・アリディは渋い風貌で存在感は十分。
アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シューはジョニー・トー監督の演出を心得た演技を披露。
それにしてもシルヴィー・テステューの出番は少なかったなぁ。
サイモン・ヤム、悪役やらせたらやらしさは抜群です。
香港ノワールここにあり、という作品とは言えないですが、ジョニー・トー監督のやり過ぎ的なアイディアもまた一興です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-08 01:54 | ハードボイルド/犯罪
私の優しくない先輩
d0030824_148152.jpg『私の優しくない先輩』 日本/2010
監督:山本寛
出演:川島海荷 金田哲 入江甚儀 児玉絹世
永野芽郁 赤池紗也加 赤平健太朗 瓜田あすみ
小川菜摘 高田延彦
受賞:第2回映画祭TAMA CINEMA FORUM/
最優秀新進監督賞・最優秀新進男優賞




公開時コピー
先輩なんて クサイ!ウザイ!キモイ!

恋愛小説コンテストラブストーリー大賞を受賞した、日日日(あきら)の同名小説の映像化。
監督は「涼宮ハルヒの憂鬱」など、数多くのアニメを手がけてきた山本寛で、実写監督デビュー作となる。
お笑い芸人はんにゃの金田哲の初主演作でもある。
主題歌は広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」を、主演の川島海荷がカバーしている。

<あらすじ>
心臓に持病があり、療養を兼ねて九州にある火蜥蜴島に引っ越してきた空想好きの女子高生・西表耶麻子(川島海荷)は、先輩の南愛治(入江甚儀)が好きで好きでたまらないが、その思いは伝えられずラブレターはいつもポケットにしまったまま。
そんな彼女には天敵がいた。
ことあるごとに彼女に絡んでくるクサくて、ウザくて、キモい、何事にもポジティブな不破先輩(金田哲)だった。
ある日、耶麻子がいつも持ち歩いていたラブレターを不破先輩に読まれてしまう。
不破先輩は耶麻子の想いを成就させようと、勝手に夏祭りの屋台を出すことに決め、「南くんへの告白大作戦」=「たこ焼き大作戦」と銘打って、耶麻子にスパルタ指導を始める。
最初は鬱陶しがっていた耶麻子は目立たない同級生・筧喜久子(児玉絹世)をダシにして、大好きな南先輩を気を惹こうと考えが、思いも寄らぬ展開が彼女を待ち受けていた。
d0030824_1482697.jpg

<総評>
なんともややこしい名前の作家・日日日(あきら)原作のラブコメディ小説の実写化です。
原作は第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞を受賞した作品ですが、日日日氏はそれ以外にも多数の賞を受賞しています。根幹がしっかりとした物語の組み立てが素晴らしく、それが本作にも反映されています。本作が実写デビューとなる山本寛監督の演出は些かアニメ的な描写に偏るものの、テンポの良さが秀逸。全体的に飽きが来ず、緩急がうまくつけられていますね。
さて、心臓に持病がある少女、耶麻子と憧れの先輩と大嫌いな先輩、そしていじめられっ子の喜久子を中心に、なんともポップな物語が展開します。
耶麻子は常に妄想を描きながら、自分の立ち位置を常に安全圏に置いている女の子です。
目立たない同級生の喜久子を下に見ており、親友を装いながら南先輩にすり寄ろうとする様は思春期特有の小狡さとして描かれており、決して主人公が品行方正ではないところがいいですね。
そんな耶麻子の天敵がクサい、ウザい、キモい、暑苦しい、脳天気でお節介ばかりする不破先輩です。
デリカシーに欠け、常にでかい声でわめき散らすその様はまさにクサい~のフレーズがピッタリ。
心臓に持病というポイントから、物語の方向性がいつも通りの泣き系に走ると思いきや、実は意外な方向に向かい、ラストはなんとも言えない暖かさがあります。
されど、キャラが立ちすぎた感もあり、現実的な世界観から少し浮き足立ってしまったのがもったいない。
アニメ的演出もおもしろいですが、ナレーションが多かったのが残念。
主演の川島海荷が天然キャラと小狡さをもった耶麻子を好演、しかし、それ以上に目立ったのはやはり金田哲。まさしく、はまりキャラとばかりに暴れ回ります。
好き嫌いが分かれるかと思いますが、全体的に面白くまとまった作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-07 01:47 | 恋愛/青春/スポーツ
白夜行
d0030824_1212838.jpg『白夜行』 日本/2011
監督:深川栄洋
出演:堀北真希 高良健吾 姜暢雄 緑友利恵
粟田麗 今井悠貴 福本史織 斎藤歩 中村久美
山下容莉枝 宮川一朗太 田中哲司 戸田恵子
船越英一郎





公開時コピー
殺したのは、心。

東野圭吾のベストセラーミステリー小説の映画化。
2006年に放映されたTVドラマ版が好評を博し、2009年に韓国でも映画化されている。
原作の時代考証に沿った撮影により、時代の変遷が見事に再現された。

<あらすじ>
昭和55年、密室となった廃ビルで質屋の店主、桐原洋介(吉満良太)が背中を刺されて殺害される事件が発生する。容疑者として桐原と不仲になっていた妻・弥生子(戸田恵子)とその不倫相手の松浦(田中哲司)、さらに桐原が通い詰めていた浮気相手と思われる西本文代(山下容莉枝)とその交際相手の寺崎(宮川一郎太)の名前が挙がるが、西本と寺崎の事故死によって事件は幕を閉じる。
しかし、所轄の担当刑事、笹垣(船越英一郎)はその終わり方に疑問を感じ、単独で捜査を続ける。
笹垣の心に引っかかっていたのは、桐原の息子、亮司(今井悠貴)と西本の娘、雪穂(福本史織)だった。
それから数年が経ち、雪穂(堀北真希)は美しく成長していた。
品行方正で頭も良く、清楚な雪穂は羨望と憧れの的であると同時に嫉妬もされていた。
そんな彼女の周りでは不可解な事件がいくつも起こるようになるが…。
d0030824_1213814.jpg

<総評>
小説が映像化されている売れっ子作家といえば、東野圭吾か伊坂幸太郎かというくらいに、東野作品は毎年何かしら映画かドラマにされています。
そんな東野作品の中でも3度目の映像化となる本作は、原作に忠実にすべく製作されたとのことですが、監督が撮影時に弱冠33歳というのは驚きです。
というのも、物語の始まりが昭和55年、監督が生まれたわずか4年後…言うなれば物語の推移がそのままの形で当てはまるというおもしろさがあります。
さて、物語は昭和55年から始まり19年後まで続きます。
主人公は刑事の笹垣で、心理描写などは主に彼の視点で描かれます。
雪穂や亮司は対象でありながら、その心理は極力廃止されており、彼らを取り巻く人物たちもまた、その心理が深く描かれることはありません。
この手の作品は心理戦みたいなイメージがつきまといますが、逆に心理描写を省くことによって観客はその表面のみで人物を判断していきます。
その視点はまさしく、主人公笹垣そのものであり、淡々と進む物語が深まっていくという不思議な感覚があります。凶悪な事件が絆として描かれる、その切なさがクライマックスに集約される様は見事。
また、時代ひとつひとつが緻密に描かれているのも素晴らしい。
主人公・笹垣を演じた船越英一郎はどちらかというとTVの2時間サスペンスという印象が強いものの、本作で見せる演技力は実力派であることを見せつけてくれます。
堀北真希がいつもの可愛さを封印して、無表情の笑顔で演技…ただ、悪魔的というには少し官能さが物足りないかな。
高良健吾も好演、それ以上に子役の今井悠貴、福本史織も名演でした。
物語全体を見れば、かなり残酷で救いを見いだすことのできない展開が多く、また149分という長尺でも収まりきらない箇所があるのは仕方ありませんが、総じてまとまりのある作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-06 01:17 | ミステリ/サスペンス
ラスト・ソルジャー
d0030824_325229.jpg『LITTLE BIG SOLDIER』 中国・香港/2010
監督:ディン・シェン
出演:ジャッキー・チェン ワン・リーホン
ユ・スンジュン リン・ポン







公開時コピー
逃げるが
勝ち!!


ジャッキー・チェンが構想に20年をかけ、原案・製作総指揮・武術指導・主演をした時代劇。
いつものアクションを織り交ぜながらも、演技に重点を置いた作品となっている。
共演のワン・リーホンはミュージシャンとして名を馳せ、俳優、映画監督としても名高い。

<あらすじ>
紀元前277年、戦国時代の中国。各地で争いが絶えない中、大国・衛の軍が小国・梁に攻め込む。
しかし、鳳凰山で梁の待ち伏せに遭い、壮絶な戦いの末に両軍とも全滅してしまう。
そんな中、梁の兵士(ジャッキー・チェン)が立ち上がる。彼は死んだふりをして生き残ったのだ。
戦場を物色していた兵士は、傷を負った衛の将軍(ワン・リーホン)を見つけ、捕虜として捕まえることに成功する。将軍は生き残った恥をさらすくらいならと何度も自殺を図るが、兵士は何度もそれを押しとどめる。
兵士は将軍を自国に連れ帰り、報酬の畑と金がもらえる幸運に希望を抱きながら将軍を連れて旅を始めるのだった。
そんな彼らを衛の捜索隊が追っていた。
捜索隊の目的は将軍の救出のはずだったが…。
d0030824_3254432.jpg

<総評>
「新宿インシデント」から、アクションよりも演技に注力しているジャッキー。
最新作の「1911」でも存在感を見せつけていますが、この手の時代劇ものはジャッキー映画では少ないため、新鮮ですね。
また、いつもの強いジャッキーではなく、死んだふりをして生き延びようとするずる賢さと大きな幸せを願う兵士を演じています。
一方、ワン・リーホンが演じる若き将軍は武芸に秀でており、ただ1人生き残ったこを恥じて何度も自害しようとします。この正反対な2人が追っ手を振り切りながら奇妙な珍道中を演じるロードムービーになっています。
さて、物語は衛と梁の戦い…中国の戦国時代と言えば三国志や秦の台頭が一般的ですが、本作の歴史的背景は秦よりも少し前の春秋戦国時代になります。まあ、中国に歴史には詳しくないですが、そんな時代が背景というのがジャッキーらしい選択かもしれません。
狡猾に生き延びた無名の兵士、そして若き将軍は当然反目し合いながら、主張を譲らず、時には戦い、そして追っ手から逃れるために協力しあっていきます。
物語の展開としては些か平凡ですが、本作のおもしろさは生存と尊厳といったところでしょうか。
生きることが正しいと信じる兵士、死んで不名誉を払拭したい将軍、全てが対照的な2人が友情を築いていく。彼らの行く手に待ち受けるラストはなかなかのもので、ジャッキーのこだわりが感じられます。
ジャッキーは演技に熱が入っているイメージ、ワン・リーホンはアクションもこなし、ジャッキーとの息もピッタリでした。
全体的にはいつものジャッキー節、おもしろさで言えば可も無し不可も無しといったところ。
ただし、ラストシーンを見ると本作のテーマがうまく現されています。
ジャッキー映画には珍しい作品かもしれません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2011-12-04 03:26 | アクション/アドベンチャー