トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
カテゴリ:ドキュメンタリー( 4 )
ロード(ROAD)
d0030824_22492986.jpg『ROAD』イギリス/2014
監督:
ディアミッド・ラベリー マイケル・ヒューイット
出演:ジョイ・ダンロップ ロバート・ダンロップ
ウイリアム・ダンロップ マイケル・ダンロップ
マーレー・ウォーカー
ナレーター:リーアム・ニーソン






公開時コピー
“すべてを失おうとも、恐れはない”

サーキットではなく、公道を封鎖して行われるロードレース。
その最高峰とも言うべきマン島TT(Tourist Trophy)レースをはじめ、アルスターグランプリ、ノースウェスト200で輝かしい戦績を残したジョイ&ロバート・ダンロップ兄弟。
そしてロバートの息子であるウイリアム&マイケル兄弟、この2世代の兄弟にスポットを当てたドキュメンタリー。
監督はイギリスで数多くのドキュメンタリーを手がけるディアミッド・ラベリーとマイケル・ヒューイット。
ナレーターはダンロップ兄弟と同じ北アイルランド出身であるリーアム・ニーソンが勤めている。

<あらすじ>
北アイルランド出身のジョイ・ダンロップは卓越したバイクのメンテナンス力と天才的なライディングで頭角を現し、数々のロードレースで勝利していく。
弟ロバートはジョイに憧れてロードレーサーとなり、初出場のマン島TTで優勝。
2人の飽くなき挑戦は続き、ジョイの優勝記録はマン島TTにおける不倒の金字塔となる26勝を打ちたてるのだが…。
一方、ロバートはレース中の事故により再起不能とまで言われる重傷を負ってしまう。


<総評>
公道レースの歴史は古く、その最古はマン島TTレースで1907年から行われています。
このレースの危険なところは公道であること、つまり民家の壁や並木の樹木は200キロ、時には300キロ以上のスピードで転倒するライダー達にとって、驚異的な障害物となり、マン島TTでは現在までに240名超が亡くなっています。
イギリス、アイルランドにおける公道レースはマン島TT、アルスターグランプリは世界選手権ロードレースの1戦であり、数多くのライダー達が挑戦してきました。
その中で栄光と悲劇を背負ったのがダンロップ一家。
ジョイはマン島TTに伝説を作り“King of the Road”の名で呼ばれた男。
弟ロバートは不屈の精神で重傷を乗り越えた天才ライダー。
そしてロバートの息子であるウイリアムとマイケルもまた、レーサーという家業を継ぎ、成功を収めていきます。
さて、本作はそんな4人の物語。
ジョイの若かりし頃から、ロバートがその非凡な才能を発揮し、そして息子達に受け継がれていくところまでが語られています。
特にジョイとロバートのくだりは、ロードレース最盛期にあって日本メーカーのバイクが活躍した時期でもあります。
貴重なフィルム、インタビューの数々、バイクファンなら見るべき作品であり、例えバイクのことを知らなくても、その歴史的事実を見れば興味が沸くのでは?と思えますね。
ドキュメンタリーは、事実をわかりやすく、そして時にはドラマティックに演出して語られるわけですが、本作は4人の生き様が実に刺激かつ感動的であり、ラストは思わず涙した作品でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-04-20 22:52 | ドキュメンタリー
宇宙(そら)へ。
d0030824_2275542.jpg『ROCKET MAN』 イギリス/2009
監督:リチャード・デイル
ナレーション:宮迫博之





公開時コピー
幾多の尊い命が、
その栄光を支えた。


米ソの宇宙開発競争における、アメリカNASAでのマーキュリー計画からアポロ計画、そしてスペースシャトルに至る歴史をまとめたドキュメンタリー。
監督はイギリスBBCでドキュメンタリー「ダイアナ ~プリンセス最期の日々~」を手がけたリチャード・デイル。
ナレーションは初挑戦となる雨上がり決死隊の宮迫博之。

<あらすじ>
d0030824_228493.jpg1961年、ソ連による人類初の有人宇宙飛行が成功し、焦ったアメリカは23日後に有人宇宙飛行を成功させる。しかし、それはソ連のガガーリンが果たした地球の周回軌道飛行とは違い、わずか15分の弾道飛行だった。
当時の大統領ケネディは60年代のうちに、人類を月に送ると明言、月への飛行訓練計画のジェミニ計画、そして月そのものへの着陸を目指したアポロ計画が開始される。
ジェミニ計画では人類史上初の宇宙遊泳が成功、さらに2機の宇宙船によるわずか30cmという距離でのランデブーなど、順調に成功していった。
その成功を受けて、遂にアポロ計画がスタート。
d0030824_2281118.jpgしかし、アポロ1号は地上での訓練中に事故を起こし、宇宙遊泳を成功させた英雄エドガー・ホワイトを含む3人を失ってしまう。
幾多の失敗を経て、アポロ11号は遂に月への到達を成功させる。
そして時代は変わり、再利用の効くスペースシャトルへと移行していくのだった。

<作品解説>
今年の2月頃に、2007年に制作された「ザ・ムーン」が公開されました。こちらは映画監督であるロン・ハワードが関わっており、本作と同じくNASA蔵出し映像をデジタルリマスター化、当時のパイロット達のインタビューを交えたものでした。
また、月面着陸を終わりに持ってきたものなので、マーキュリー、ジェミニ、アポロの3計画がじっくり見られます。
さて、本作は近年に至るまでのNASAにおける宇宙計画がまとめられています。
「ザ・ムーン」と同じようにNASA蔵出し映像を使用しているんですが、本作ではハイビジョン化しているために非常にキレイです。
アメリカ最初の宇宙飛行を成功させたのは実はハムという名前のチンパンジーでした。この時点で実はアメリカはソ連の先を行っていたのですが、直後にガガーリンが周回軌道飛行を成功させてしまったわけです。
アメリカは有人弾道飛行を成功させますが、この弾道飛行というのは真上に打ち上げて落下してくるものです。ちょうどボールを真上に投げて受け止めるのと同じですね。
それらを経て、宇宙遊泳、月面着陸、そしてスペースシャトルによる衛星設置や宇宙ステーション計画へと繋がっていきます。
月面着陸とは、アメリカの意地とも言える計画でしたが、結果としてアームストロングが言ったように「人類にとっての大きな飛躍」として受け止められました。
それから12人の人間が月に行きましたが、その後人類は月に行っていません。
月に行くことへのインパクトが薄れたこと、そして膨大な費用がかかるためです。
やがて実用的なスペースシャトルが開発され、地球軌道上での活動が増えていきます。
しかし、チャレンジャー号での痛ましい事故(民間人初の女性飛行士が登場したことでも話題になった)、近年では任務完了直前で大気圏突入後に燃え尽きたコロンビア号など、辛い出来事がありました。
チャレンジャー号の事故で、当時大統領だったレーガンが言います。
「未来は臆病な人々のものではなく、勇気ある人々のもの」だと…宇宙への挑戦は常に危険がつきまといます。挑戦すること自体が過程であり目的、そんなことを思わせてくれる映像でした。

<見どころ>
チャレンジャー号の事故は衝撃でした。リアルタイムで見ていた当時は「なんてことだ」という程度の認識でした。本作では民間から宇宙飛行士になった高校教師の女性が、その前の打ち上げを見ているシーンがあります。
それはまさしく宇宙へ憧れと希望に満ちた表情でした。
結果として、宇宙に行くことも叶わず、突き抜けるような青空で散っていきました。
この瞬間の映像はこみ上げるものがあります。

<その他>
ナレーションが宮迫博之、低くて良い声なんですが、どうもナレーションの言葉自体に難があった気がします。
もちろん日本語なんですが、文法的に「?」と思う場所がいくつかあったような…。

<総評>
「ザ・ムーン」も感動的でしたが、スペースシャトルまでを描いているのでこちらも魅力的です。
むしろ、アポロまでを「ザ・ムーン」で、その後を本作で見たほうがいいかもしれません。
映像がハイビジョン化しているので、出来ればDLP上映して欲しかったところですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-08-22 23:59 | ドキュメンタリー
宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-
d0030824_13495080.jpg『宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-』
監督:西久保瑞穂
声:菅沼隆之





公開時コピー
宮本武蔵は本当に求道者だったのか…
押井流“歴史アニメドキュメンタリー”


押井守の原案・脚本をテレビシリーズ「お伽草子」の西久保瑞穂監督が映像化。
通常のアニメーション作品ではなく、実写を交えたドキュメンタリーとなる。
主題歌は泉谷しげる。

<あらすじ>
d0030824_1350989.jpg天下無双と呼ばれた剣豪・宮本武蔵。
彼の兵法である「五輪書」を元に、その生き様、そして現在知られている“武蔵像”とは異なる彼の目指したものを解読していく。
1600年、関ヶ原の戦い。
d0030824_13501970.jpg西軍の兵士だった武蔵は、先陣を切って戦いに挑む。
対するは騎馬部隊だった。
そこで彼は己の行く末を見出すのだが…。

<作品解説>
運良く公開日で押井守と西久保瑞穂監督の舞台挨拶付きで見られました。
本作の構想について、色々と話されていたのでこちらを若干。
押井守が10年来の構想としていたのが本作だそうで、通常の映画だとリサーチしたものはごくわずかにしか使われず、それをドキュメンタリーとすることで全体の3割に情報をいれることが可能。さらに、宮本武蔵は五輪書をはじめ、数々の文献では脚色の必要がないほどに面白い人生を送っていて、実に興味深いと、解説していました。
さて、宮本武蔵のアニメ部分は多くなく、そのほとんどが3Dのキャラクターによる解説とナレーション。
実質的なアニメは決闘シーンとなります。
蘊蓄部分は実に細かく、ヨーロッパの騎士、中国の騎兵、そして日本の武士への変遷やその役割などが描かれていたり、一見関係なさそうな展開でも、それが宮本武蔵という人物に繋がっていく様は面白い。
ドキュメンタリーということで、退屈な部分も散見しますが再現シーンをアニメでやる、というところは素直に評価できます。武蔵自身にセリフがないのも、アニメを絡めたドキュメンタリーとしての挑戦に思えます。
また、決闘シーンも五輪書を元に動きを付けているそうで、制作者のこだわりが感じられますね。

<見どころ>
決闘をもって、その無双ぶりを天下に知らしめた武蔵。
彼が生涯目指したものは何か…押井流の結末は興味深いところ。
決闘シーンに浪曲がかかるのも渋い。

<その他>
舞台挨拶がユーモアあふれていて、楽しかったですね。
「プロジェクトX」まではいかないけれど、「歴史発見」「その時、歴史は動いた」を目指したと言っていたように、意外性に溢れた作品でした。
なので、決して「バガボンド」を期待しないようという注釈付き。
もし本作が成功?すれば、次はアインシュタインだそうです(笑)。

<総評>
総じて興味深く、武蔵が好きなら必見でしょう。
ただ、舟島(巌流島の決闘)については、佐々木小次郎の人物像が知られている一般像と変わらなかったのが残念。
しかし、それを差し引いても面白い作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-06-13 23:59 | ドキュメンタリー
ザ・ムーン
d0030824_2133064.jpg『IN THE SHADOW OF THE MOON』 イギリス/2007
監督:デヴィッド・シントン
出演:バズ・オルドリン アラン・ビーン ジーン・サーナン
マイク・コリンズ チャーリー・デューク ジム・ラヴェル
エドガー・ミッチェル ハリソン・シュミット デイヴ・スコット
ジョン・ヤング


公開時コピー
それは奇跡の“宇宙”体験

月面到達を目標とした60年代のアポロ計画の成功までの軌跡を、当時の飛行士達のインタビューとNASAの未公開映像などを交えたドキュメンタリー映画。
監督は長編初となるデヴィッド・シントン、提供は「アポロ13」のロン・ハワード。
出演は当時の飛行士達(ただしニール・アームストロングは当時の映像でしか出ていない)。
日本版主題歌は、フランク・シナトラの名曲「MOON RIVER」を平井堅がカバー。

<あらすじ>
d0030824_2141558.jpg1961年、ソ連のガガーリンが人類初の有人宇宙飛行を成功させ、アメリカも1ヶ月後にシェパードによる有人飛行を成功させる。
当時の米大統領ケネディは、60年代中に月への到達と帰還を成功させると演説で明言。
かくして月への飛行訓練であるジェミニ計画がスタートする。
宇宙飛行士募集には軍から多数応募があり、優秀な人物が選ばれていく(いわゆるライトスタッフ)。
d0030824_2142692.jpgしかし、ケネディ大統領の暗殺、ベトナム戦争勃発、アポロ1号の事故、文化の変革など60年代はめまぐるしく動き始めていた。
そんな中でも、スタッフ達は計画を推し進め、アポロ8号による初の月周回軌道飛行の成功するのだった。
そして月への着陸計画が一気に加速していく。


<作品解説>
人類初の月面着陸を成功させたアポロ計画。
わずか12人の飛行士達が月面に降り立ち、そこで何を思ったのか…当時の飛行士達は既に高齢ながらも、滑舌良く当時の記憶を語っていきます。
NASAが未公開にしていた映像はデジタルリマスター化され、その膨大な映像の中から選び抜かれたシーンの数々はとても新鮮。
「アポロ13」で描かれていたVFXではなく、本物の映像はノイズが混じり、お世辞にも鮮明とは言い難いところもありますが、それはやはり本物の「リアル」なのです。
ミッション中の飛行士とコントロールセンターのやりとり、月面への着陸…そして「こちら、静かの海、鷹は舞い降りた」の一言。
命と勇気を賭けたその瞬間は、まさに理想が理想でなくなった瞬間です。
当時、生まれてもいなかった者として非常に新鮮な映像でした。
そして40年、12人の飛行士達以外に月に向かった人はいません。
それを考えると、当時は理想と勇気と行動力がひとつになった時代なんじゃないか、そう実感させられます。

<見どころ>
アポロが飛び立つ瞬間や、訓練、コントロールセンターのシーンなど、見どころは多すぎて気が抜けません。
なんといっても11号のシーンは緊張感がありますね。
また、年老いた飛行士達の言葉はとても興味深いものです。

<総評>
「アメリカが成し遂げた」ではなく「人類が成し遂げた」、これは11号で生還した飛行士達が、凱旋した国々で言われた言葉だそうです。
月はどの国からも見えます。
38万キロという遥か彼方に輝くその場所に、一体誰が行けるなどと思ったのだろうか?
それを考えるとケネディ大統領は本当にすごくて、そしてアームストロング船長が放った言葉はとても深い。
是非とも見てもらいたい作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-02-09 02:15 | ドキュメンタリー