トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
カテゴリ:アニメ/CG( 114 )
東京ゴッドファーザーズ
d0030824_16295738.jpg『東京ゴッドファーザーズ』 日本/2003
監督:今 敏 
声:江守徹 梅垣義明 岡本綾 飯塚昭三 加藤精三 石丸博也
  槐柳二 屋良有作  寺瀬今日子 大塚明夫 小山力也




公開時コピー
私の「名づけ親(ゴッドファーザー)」は
3人のホームレスでした――。
クリスマスの夜、一人の捨て子をめぐって東京に《奇跡》が起こる。


世界で注目されるアニメ監督の1人、今敏監督の3作目。
脚本は「白線流し」「COWBOY BEBOP」の信本敬子。
声をあてるのは俳優の江守徹、ワハハ本舗の梅垣義明、タレントの岡本綾など。

<あらすじ>
クリスマスイブの夜、ホームレスの3人、元競輪選手のギン、オカマのハナ、家出少女のミユキはゴミ捨て場で女の赤ん坊を見つける。
警察に届けるべきだというギンとミユキを押し切って、ハナは「神様からの贈り物」と言って「清子」と勝手に命名してしまう。
しかし、子供は親の元に戻るのが一番だと感じた3人は、親を捜し始める。

***

面白い!
とても温かみがあるストーリーです。
アニメならではのドタバタアクションに、表情豊かなキャラクター、ベストマッチな声。
テンポが良く、かなり笑わせてくれます。
これが実写だとただのチープな映画になってしまうと思うんですが、経験豊富な俳優陣、声優陣の声の当てがとてもうまいのと、ほどよくデフォルメされたキャラクターたちが動いているのを見ると、やはり日本はアニメでは世界一だと実感させられますね。
主人公3人のわかりやすい過去の話や、破綻のない幸運の転がり方、最後まで飽きさせない展開は実写作品にも見習って欲しい部分です。

監督の今敏は「PERFECT BLUE」で本格的なサスペンスアニメ、「千年女優」では壮大なラブストーリーでドリームワークスによって世界配給されるなど、これからの活躍が期待されてます。
最近ではアニメというと宮崎駿作品ばかり取り上げられてますが、壮大なファンタジーやSFだけがアニメの持ち味じゃありません。
こういう、ホッと一息付けるようなアニメももっと出て欲しいですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-01-06 23:53 | アニメ/CG
のび太の結婚前夜 The night before a wedding
d0030824_16533156.jpg『のび太の結婚前夜 The night before a wedding』他
日本/1999
監督:渡辺歩
声:大山のぶ代 小原乃梨子 野村道子 肝付兼太 たてかべ和也
  久米明 白川澄子 田中亮一 松原雅子 江森浩子 中嶋聡彦



ドジでマヌケで、いじめられっ子という典型的なダメ人間代表ののび太を主役にした番外編。
といっても原作でもしっかりと描かれている名エピソードです。

<あらすじ>
のび太はしずかちゃんが出来杉君と仲良くしている姿に不安を感じ、本当に自分としずかちゃんが結婚できるのか気になって、ドラえもんに頼んで未来の自分を見に行く。
のび太とドラえもんが未来で見たのは慌てふためいて結婚式場に飛び込んでいく大人になったのび太だった。
しかし、大人ののび太は結婚式の1日早く勘違いしていた。そしてドラえもんもまた1日早くタイムマシンを設定していた。
ついでにと、のび太とドラえもんは大人ののび太としずかちゃんの結婚前日を見ることにする。

***

優秀でみんなの憧れだったしずかちゃんが何故、のび太と結婚することになったのか?
これは原作にもあります。
まあ、ぶっちゃけていうと「私がいないと心配で」というのが理由で、のび太が泣いて鼻水垂らしながらプロポーズされる!という話(笑)。

映画ではその後、マリッジブルーになったしずかちゃんの心境が語られるという展開。
ホントに結婚して幸せになれるのか、という当然の疑問?を父親に話し、その事について答えるしずかちゃんパパのセリフは印象的。

しかし、のび太って頭悪いとか言われる割りには一日勉強しただけで100点取ったり、なんだかんだでしずかちゃんと同じ高校に行っていたり、何げに大学まで卒業していたり・・・実は凄い奴(笑)。
劇場版の大半ではリーダーシップ発揮してるし、ジャイアンやスネ夫も結構のび太の為に頑張ってるし、妙なところで人望が厚い。
26分という短い映画なので、是非一度。
何げに涙もの。

来年からは誰が声をあてるんだろうなぁ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2004-12-13 23:39 | アニメ/CG
イノセンス
d0030824_1716212.jpg『INNOCENCE』 日本/2004
監督:押井 守 
声:大塚明夫 田中敦子 山寺宏一 大木民夫 仲野裕
  榊原良子 武藤寿美 竹中直人




公開時コピー
イノセンス それは、いのち。

士郎正宗原作のコミックを映画化。
「マトリックス」を初めとする海外アクション・SF映画に絶大なる影響を与えた「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」から9年。満を持しての続編。

<あらすじ>
2032年、人間とサイボーグ、ロボットが共存する日本。
公安9課のサイボーグ、バトーはかつて課の部隊リーダーだった素子の記憶を秘め、事件に追われていた。
ある日、ロクス・ソルス社製少女型愛玩用ロボットが所有者を殺害する事件が発生する。
バトーは相棒のトグサと共に捜査に乗り出す。
しかし、バトーの頭脳を攻撃するハッカーが現れ、さらに事件は複雑化していく。

***

アニメーションの新境地というか、押井監督はやっぱりアニメーションで撮った方がいいな、と再認識(実写作品の「アヴァロン」はあまりにも?だったし)。
公開前から何かとCGやストーリーについて噂になっていただけに、いざ見てみるとその凄さを実感します。
CGの使い方がうまい。
2Dと3Dの融合表現としては最高峰じゃないでしょうか。
とにかく映像が感動的なまでに美しいのです。

前作はアクションに哲学的なテーマが乗っかったものでしたが、今回はその逆。
論文的セリフと随所に鏤められた旧約聖書の言葉。
1度見ただけではイマイチ理解できない、というのが正直な感想です。
映像的なセンスは「ブレードランナー」にかなり被るところがありますが、元々原作がサイバーアクションなので、たまたま映像表現が似たようなものになった、といえるかもしれません。
押井監督の作品は「パトレイバー」でもそうでしたが、頭を使って見ないとわからないことが多いですね。
見ていると疲れます(笑)。だけど、もう一度見てしまう。

海外ではジャパニメーションといえば宮崎駿、大友克洋、押井守が一番有名だと思うんですが「影響を与えた」という意味では押井監督が一番かもしれません。
「イノセンス」と同時期に士郎正宗原作のサイバーアクション「アップルシード」が全編フルCGで作られ、公開されました。
こちらはアクション主体らしいんですが、まだ見ていないのでなんとも。

「攻殻機動隊」自体はテレビシリーズもあります。こちらは原作に沿ったキャラ設定をしていて、わかりやすく面白いのでお薦め。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2004-11-30 23:03 | アニメ/CG
ほしのこえ
d0030824_182444.jpg『THE VOICES OF A DISTANT STAR』 日本/2002
監督:新海誠 
声の出演:武藤寿美 鈴木千尋
受賞:新世紀東京国際アニメフェア21公募部門/優秀賞(2002)
   文化庁メディア芸術祭/デジタルアート部門特別賞(2002)他



監督の新海誠がMac1台を使い、ほとんど1人で制作したフルデジタルアニメーション。オリジナル版では声もあてている。
新世紀東京国際アニメフェア21で「公募部門最優秀賞」を獲得。
インディーズ系DVDでは6.5万枚を売上げ、さらに世界16カ国でリリースされた。
物語のベースはSF。
現代的かつ情緒的な季節の風景とハイコントラストな色彩が特徴的。

<あらすじ>
2046年の夏、中学3年生のノボルとミカコは仲の良い同級生。
太陽系外で地球の国連軍と謎の生物との戦闘を繰り広げていた。
そしてミカコは国連軍の選抜メンバーとして戦いに赴く。
ノボルとの連絡手段は携帯電話のメールのみ。
しかし、距離が離れるにつれてメールの送受信が遅れるようになる。

***

25分という一般的なアニメの長さながら、そのシナリオ完成度は非常に高い。
なによりもメールという通信手段が全てを物語り、そこにSFの「光年」(1光年なら光が1年かけて届く距離)を絡ませていく。
戦闘シーンは物語を作る上での手段の1つというか、戦いにおける内容はほとんど語られることはない。
あくまでもノボルとミカコの物語であり、ノボルは地球で年齢を重ねてメールを受け、ミカコは宇宙で変わることのない年齢でメールを送る。
これがある種のノスタルジックな描写とうまくマッチしていて、とても切ない。
メッセージ性が強い作品ではなく、気負いせずに見られるのが良い。
by syosei7602 | 2004-11-05 23:26 | アニメ/CG