トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
2015年 11月 05日 ( 1 )
るろうに剣心 京都大火編
d0030824_01321490.jpg『るろうに剣心 京都大火編』日本/2014
監督:大友啓史
出演:佐藤健 武井咲 伊勢谷友介 青木崇高
蒼井優 神木隆之介 江口洋介 藤原竜也
宮沢和史 土屋太鳳 大八木凱斗 滝藤賢一 三浦涼介
田中泯 福山雅治






公開時コピー
最狂の敵、あらわる

和月伸宏原作のベストセラーコミック「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の実写化第2弾。前後編の前編となる。
監督は1作目と同じく「プラチナデータ」の大友啓史。
出演は1作目に引き続き、佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介、大八木凱斗など。本作からの出演は藤原竜也、伊勢谷友介、神木隆之介、土屋太鳳、滝藤賢一など。

<あらすじ>
幕末、維新志士として戦いぬいた伝説の暗殺者“人斬り抜刀斎”こと緋村剣心(佐藤健)は神谷道場で神谷薫(武井咲)や左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)といった面々と平和に過ごしていた。
ある日、剣心は新政府の大久保利通(宮沢和史)から呼び出される。用件は、かつて剣心の後釜として人斬りをした男、志々雄真実(藤原竜也)を倒すこと。
志々雄は維新が為された直後、口封じの為に殺されたはずだったが奇跡的に復活し、政府転覆を狙っていた。
送り込まれた政府の討伐隊は壊滅し、その強さから剣心以外に倒せる者はいない。
かくして剣心は薫の制止を振り切り、京都に旅立つ。



<総評>
公開当時、かなり楽しみにして前後編ともに劇場で見ました。何せ1作目は見事(細かいところはさておいて)な出来映えであり、日本のアクション映画に一石を投じたといっても過言でありません。
原作ではかなり長尺の京都編、前後編とはいえどこまで収まるのかが注目でした。
結果として、ポイントを抑えた展開、充実したアクションと見所は十分です。
時代劇というのは、とにかく手間がかかります。舞台、衣装、作法、小道具等とコミックが原作とはいえ、それなりのリアリティが必要なわけなので、これほど力の入った作品、邦画では珍しいですね。
一応、2作目、3作目と続きますが前作との接点は登場人物くらいなので、本作から見ても十分に楽しめます。
さて、剣心と同等かそれ以上に強いとされる志々雄とその一派との対決が本作のメイン。政府を倒すことを目論む志々雄は十本刀と呼ばれる強者を集め、部隊を造ります。この辺の荒唐無稽さはマンガならではですね。
全体的な脚本のうまさはあるんですが、非常に残念なのが十本刀と蒼紫の扱い。
前作で原作通りに蒼紫が出ていれば無理はなかったんですが、剣心を逆恨みする動機のこじつけ感が強すぎます。そして、十本刀に至っては沢下条張のみがピックアップされる形になりました。
まあ、原作でも重要なエピソードなのは確かですが、本作のクライマックスで何人かを登場させればよかったのに…と、残念でなりません。
出演の佐藤健は高い身体能力を活かした殺陣が相変わらず見事です。しかし、本作で強烈なインパクトを残したのは伊勢谷友介演じる四乃森蒼紫、田中泯演じる翁でしょう。巻町操を演じた土屋太鳳も良かったんですが、この2人の印象が強かったですね。藤原竜也の配役が志々雄というのは意外。原作の作画は面長なキャラが多いため、個人的には伊勢谷友介が志々雄というイメージでした。
しかし、結果的には凄みのある演技を披露してくれたので、ハマっていたと言えます。
物足りない部分も散見されますが、原作にあるアクションの荒唐無稽さをうまく表現しており、見応えがあります。
本作を見て思うのは、昔の時代劇が好きだった人がこれを見てなんと思うのだろうか…ということ。昔の殺陣とは違うし、主人公は浪人だし(笑)。
後編に続きます。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-11-05 23:59 | 戦争/歴史/時代劇