トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
2015年 10月 21日 ( 1 )
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
d0030824_23555461.jpg『BACK TO THE FUTURE PART II』
アメリカ/1989
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックス クリストファー・ロイド
リー・トンプソン トーマス・F・ウィルソン
エリザベス・シュー ジェームズ・トルカン
ジェフリー・ワイズマン ケイシー・シマーシュコ





公開時コピー
アメリカが“未来”の話題に、ざわめき始めた!

多くのヒット作を手がけたロバート・ゼメキス監督によるSF映画の傑作。
全3作の大ヒットによって、名実共にヒットメーカーの仲間入りを果たした。
出演は「摩天楼はバラ色に」のマイケル・J・フォックス、「アダムス・ファミリー」のクリストファー・ロイド、「J・エドガー」のリー・トンプソンなど。
なお、この2作目で1作目のジェニファーを演じたクローディア・ウェルズからエリザベス・シューに変わっている。

<あらすじ>
1955年から1985年に帰ってきたマーティ(マイケル・J・フォックス)の前に、ドク(クリストファー・ロイド)がデロリアンで現れる。30年後の未来で、マーティの息子がトラブルを起こすことがわかり、それを回避するために30年後に向かうことに。
かくして、マーティとガールフレンドのジェニファー(エリザベス・シュー)は2015年10月21日にタイムスリップする。
しかし、その様子をビフ(トーマス・F・ウィルソン)が見ていた。
未来に着いたマーティは、自分がジェニファーと結婚していることを知る。
しかし、ドクから息子のJrがビフの孫であるグリフの言いなりで窃盗を起こして逮捕され、家族崩壊の原因となることを知らされる。
マーティは息子になりすまし、グリフと対決することになる。



<総評>

2015年10月21日です。BTTFファンなら特別な日であり、シリーズ通して夢中になって何度も見ていました。特にアオシマ教材から出ていたデロリアンのプラモデルは、何度も映画を見直して細かく作ったものです。
タイムスリップものとしては、未来を変えるという王道パターンのストーリーで意外と暗めなのですが、登場する未来(今年の!?)の科学力はホバーボード、空飛ぶ車、3D、音声操作テレビ、そして実現するかどうかわからないシカゴカブスのワールドリーグ制覇と、今だからこそ楽しめるネタが満載です。
そういやジーンズのポケットを出すというのは流行ってないですね。
物語は1作目の終わりから正当に続きます。元々は2作目と3作目は1つの作品だったそうで、短期間で完結編まで公開されたのも納得です。
さて、1作目で無事1985年に帰還したマーティ、しかし未来では息子がトラブルを起こす予定で、さらにジェニファーとの結婚も簡易式場とあまり幸せでは無い様子。
どうにか自分の未来を変えるために右往左往するわけですが、あっちを変えればこっちが変わり…その原因は自分であり、因縁の相手であるビフなわけです。
タイムパラドクスものとして、よく練られたストーリーですが、3作目に続くことを前提にしたためか、些か駆け足気味になったのが残念なところ。
しかし、今だからこそわかるのは、未来を描いた作品としては意外と現実的だったということ。これは嬉しい誤算なのかも。
出演はお馴染みマイケル・J・フォックス。当時20代後半で高校生を演じ、本作では息子、娘役も演じています。
マッドサイエンティストとも言うべきドクを演じたクリストファー・ロイドは、当時でも結構な年齢だった気がしますが、未だに健在とのことで嬉しい限り。
残念ながらドクの吹き替えを演じた青野武は故人となってしまいましたが、TVでの放映では印象に残っていました。
ビフを演じたトーマス・F・ウィルソンはTVドラマ等で活躍。しかし、ビフ役はインパクト残したなぁ。
改めて前作を見直したいと思いますが、USJのアトラクションは既に未来を超えてしまったけど、どうなるのだろう…という、いらぬ心配をしたりして。
80年代のパワフルな作品、未見の人は是非に!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-10-21 23:58 | SF/ファンタジー/パニック