トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
d0030824_1245763.jpg『EVANGELION:1.0』 日本/2007
総監督:庵野秀明
監督:摩砂雪 鶴巻和哉
声:緒方恵美 三石琴乃 山口由里子 林原めぐみ 立木文彦
清川元夢 結城比呂 長沢美樹 子安武人 麦人 関智一
岩永哲哉 岩男潤子 石田彰


公開時コピー
全く新しいエヴァンゲリオンが、我々の目の前に姿を現す。

テレビシリーズ放映時から一大ブームを巻き起こし、既に3作の映画版が製作された人気シリーズが、新劇場版4部作として復活。本作はその第1部となる。
監督は先の劇場版2作を手がけた摩砂雪、鶴巻和哉。
また、総監督として実写版「CUTIE HONEY キューティーハニー」を手がけた庵野秀明。
声はシリーズの緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、立木文彦などが変わらずにキャスティングされている。
主題歌は宇多田ヒカル。

<あらすじ>
d0030824_125934.jpg内向的な14歳の少年、碇シンジは3年ぶりに父親・ゲンドウに会いに、第3新東京市を訪れる。折しもそこでは使徒と呼ばれる謎の巨大生物との戦闘が繰り広げられていた。
シンジは迎えに来た特務機関ネルフの葛城ミサトと出会い、戦闘地域からなんとか抜け出すことができる。
ミサトは彼をジオフロントのネルフまで導き、そこで彼はゲンドウと再会するのだった。
使徒への通常攻撃はATフィールドというバリアに遮られ、切り札すらも歯が立たない。そこでゲンドウは人型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオン初号機のパイロットとして、自らの息子を呼び寄せたのだ。
訳も分からないシンジは、パイロットになることを激しく拒否し、ゲンドウもまたそんなシンジをあっさりと見限って零号機のパイロット、綾波レイを呼びだす。
しかし、彼女は全身に怪我を負d0030824_1251935.jpgっており、立ち上がることもままならない。
そんな彼女を見かねたシンジは、逃げることを自ら拒否し、出撃を決意する。
訓練すら受けぬまま、戦場に出されたシンジ。その眼前に使徒が容赦なく迫り、彼は恐怖を覚えるが…。

<作品解説>
大人気を博した本シリーズですが、テレビ版はどこかの回だけちらっと見た限り、前の劇場版も途中から少し見ただけ…なので、ほぼ前知識ゼロで見ることができました。
前の劇場版は確か総集編とテレビシリーズの続編だったかと思いますが、本作は最初からまとまっており、世界観は些か難解なものの、見やすくなっています。
本作は12年前テレビシリーズで使用された原画を再構築することで、クオリティが飛躍的に高くなり、最新のデジタル技術で「ほぼ新作」といった出来になっています。
これはかなり革新的な試みで、数年前に同じくテレビシリーズを元に再構成された「機動戦士Zガンダム」とは一線を画しています(「Zガンダム」の場合は、見方によっては手抜きともいえる…)。
原画が存在するアニメならではの手法で、元のフィルムをツギハギするよりもストーリーの流れが自然ですね。
さて、肝心のストーリーですが、内向的なシンジが自らの意志決定が二転三転しながら進んでいきます。序盤のシンジは、初代「ガンダム」シリーズの主人公と重なります。
根幹にあるのは、必要とされるかされないか、存在意義とはなんなのか?その一方で、存在理由が不明な使途との戦い、パイロットとしての価値しか認めない父親ゲンドウ…そして反発するシンジ。
見ていてわかるのは、シンジが至極真っ当な人間で、感情が非常に豊かであること。
シンジの周りが相当におかしく、彼の上司であるミサトは同情しているようでうまく言いくるめているだけだったりします。
そんな大人達の中で、自ら意志決定することを覚え、戦いに恐怖するシンジの描き方は実に見事ですね。

<見どころ>
クライマックスのヤシマ作戦。
かなり力の入ったシーンで、迫力があります。
また、全編に渡るリライト部分も美しい。

<その他>
ラストまで見ないとわからないので、ストーリー上の明確な評価はありません。
ただ、本作と第2部も従来のファンから好評を得ているようなので、最後まで期待できます。
あとは世界観にはまれるかどうかですね。

<関連作品>
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 (1997)
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に (1998)
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (1997)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (第1部・2007)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (第2部・2009)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-07-03 23:58 | アニメ/CG
<< デッドポイント ~黒社会捜査線~ 地球が静止する日 >>