トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
特命係長 只野仁 最後の劇場版
d0030824_19273.jpg『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 日本/2008
監督:植田尚
出演:高橋克典 櫻井淳子 永井大 蛯原友里 田山涼成
秋山莉奈 西川史子 長谷川初範 吹越満 デビット伊東
桑名正博 松澤一之 チェ・ホンマン 赤井英和 三浦理恵子
梅宮辰夫


公開コピー
シリーズ史上、最強の敵、登場!
只野仁、これが最後の特命か!!!


深夜枠で人気を博した、柳沢きみおの同名コミック原作のテレビシリーズの映画版。
監督はテレビシリーズの第3期やスペシャル版を手がけた植田尚。
出演はテレビシリーズ同様、高橋克典、櫻井淳子、永井大、蛯原友里、田山涼成、三浦理恵子、梅宮辰夫、「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の秋山莉奈、医師でタレントの西川史子、「ロード88 出会い路、四国へ」の長谷川初範、「真夏のオリオン」の吹越満、「GOEMON」のチェ・ホンマンなど。
主題歌はDJ OZMA

<あらすじ>
d0030824_194765.jpg只野仁(高橋克典)は、大手広告代理店・電王堂に勤め、昼間は総務二課の冴えない窓際係長、夜は会長・黒川(梅宮辰夫)の命を受けて社内のトラブルを秘密裏に解決するスーパー社員の特命係長として活躍していた。
ある日、電王堂の大イベント「フラワー・アース・フェスタ2008」のイメージキャラクターで、人気グラビアアイドルのシルビア(秋山莉奈)が何者かに狙われていることがわかる。
黒川からシルビアの警護と身辺調査の命を受けた只野は、シルビアのマネージャー加納エミ(西川史子)に鬱陶しがられながらもシルビアに張り付き、助手の森脇(永井大)に調査と見張りをさせていた。
一方、電王堂・大阪支社の山西(赤井英和)は、イベントの責任者であり、成功させるために努力を惜しまず、d0030824_110073.jpg週刊誌の記者にもうまく取りはからっていた。
シルビアの周辺には、不審な動きをする営業二部の部長・村川(吹越満)や、彼女を攫おうとする謎のナイフ男がうろついていた。
只野は、それらがシルビアを狙ったものではなく、イベントの妨害を目的としたものではないかと考えるが…。


<作品解説>
お色気と高橋克典の肉体美が炸裂する深夜枠のヒットドラマの劇場版です。
原作者の柳沢みきおといえば「翔んだカップル」が有名ですが、それが霞むくらいにこの「特命係長」は代表作になってしまったといえます。
ドラマ版はかなりギャグ(下ネタ)路線を突っ走っており、また主人公・只野仁のとんでもないモノや、セクシータレントを起用したベッドシーン(絶対的ラブホテルであり、只野は常に見上げる立場である(笑))、そしてアクションシーンの格好良さに定評があります。
さて、本作はなんだかわからないうちに劇場版になりましたみたいな感じで、よくあるお馴染みのキャッチコピー「最強の敵」「最後の~」のなんて入っちゃってますが、基本的にはテレビのスペシャルでも構わないだろうという感じ。
メインのヒロインにはオシリーナの愛称があるグラビアアイドルの秋山莉奈、そしてなぜか西川史子が登場。
ぶっちゃけると西川史子はどうでもよいです…というか、ネタとしては良いんだけど、目立ちすぎかなぁ。
シナリオは単純明快、シンプルに作られています。
テンポもそれなりに良いし、時事ネタ(携帯小説家やハイパーメディアクリエイター、某英会話社長とか…)も満載、ハードボイルドにコメディという相反する2つを良くもまあ混ぜ込んだな、と。
でも、全体としてはインパクトが弱かったかな。

<見どころ>
秋山莉奈演じるシルビアがブラジャー外されるシーンとか、割とドキドキします(笑)。
アクションシーンは格好いい…もっとあっても良かったかな。

<出演者>
高橋克典、肉体美です。
スゲーって感じですが、今後別のアクション映画に出ても只野さんにしか見えないかも。
櫻井淳子は相変わらずイタイ感じをうまく演じています。
エビちゃんも相変わらず大根ぶりを発揮(笑)、でも許せる。
秋山莉奈の無駄にエロっちいカメラアングルはステキです。
西川史子は…役柄としてはバラエティに出ているまんまだけど、この人で映画を宣伝するのは辛かろうってなもんです。セクシータレントの小澤マリアの方がキレイだし…。
チェ・ホンマン、足でかすぎ。

<総評>
それなりに面白い作品です。
テレビシリーズを見ていた方が楽しめますが、見ていなくてもわかるレベルです。
でも、作品レベルとしては2時間スペシャルで良かったような…。
もっと派手にして、劇場版ならではのバカさ加減が欲しかったですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-06-28 23:44 | アクション/アドベンチャー
<< 地球が静止する日 インクレディブル・ハルク >>