トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
用心棒
d0030824_1393878.jpg『YOJIMBO』 日本/1961
監督:黒澤明
出演:三船敏郎 仲代達矢 司葉子 山田五十鈴 加東大介
河津清三郎 志村喬 太刀川寛 夏木陽介 東野英治郎
藤原釜足 沢村いき雄 渡辺篤 山茶花究 羅生門綱五郎
受賞:ヴェネチア国際映画祭/男優賞(1961)
ブルーリボン賞/主演男優賞・音楽賞・特別賞(1961)

世界の映画に多大な影響を及ぼした黒澤明監督によるアクション時代劇。
ベースとなったのはハードボイルド小説の先駆者シドニー・ハメットの「血の収穫」など。
後に実質的続編と言われる「椿三十郎」も制作された。
出演は「椿三十郎」の三船敏郎、「犬神家の一族」(2006)の仲代達矢、「獄門島」の司葉子、「柳生一族の陰謀」の山本五十鈴、「陸軍中野学校」の加東大介、「風立ちぬ」の河津清三郎、「あげまん」の東野英治郎、「日本一のホラ吹き男」の山茶花究など。

<あらすじ>
d0030824_1404895.jpg冬の日、ある宿場に1人の浪人(三船敏郎)がやってくる。
その宿場は馬目の清兵衛(河津清三郎)と新田の丑寅(山茶花究)による縄張り争いでひっそりと静まりかえっていた。
めしやの親父(東野英治郎)から、宿場の対立を知った浪人は、悪人どもが全ていなくなる一計を案じる。
清兵衛の元に用心棒として売り込んだ浪人は、手始めに丑寅の子分3人を一瞬で斬り捨てた。
それを見た清兵衛は、早速に浪人を五十両で雇う。
浪人の名は出任せで桑畑三十郎と名乗った。
d0030824_141770.jpg早々に清兵衛たちは切り込みの用意をはじめ、宿場の通りで丑寅達と対峙する。
が、三十郎は「終わった後に寝首をかかれてはかなわん」と言って、あっさり金を返して高見の見物を決め込む。
引っ込みがつかなくなった清兵衛と丑寅、一触即発の状態まであと少しというところで役人が来るとの知らせを聞き、その場はおさまるのだが…。

<作品解説>
「用心棒」と言えば、クリント・イーストウッド主演で「荒野の用心棒」としてぱくられた事でも有名な作品(実際に東宝が訴えた)。さらにブルース・ウィリス主演の「ラストマン・スタンディング」として、こちらはリメイクとして正式に制作されました。
全くのオリジナルと思われがちですが、実はシドニー・ハメットの小説「血の収穫」などをベースにしています(1つだけではなく、かなりの数のアイディアを借りているとのこと)。
さて、本作は時代劇における「初めて」づくしの作品で、刀で切った時の音、すれ違い様に切って相手が倒れるなどの演出が為されています。
また、殺陣においては1人を2度斬りつけるなどの動きがあり、殺陣の数がかなり少ないにも関わらず見るものを惹きつけます。この辺りのうまさは黒澤監督と三船敏郎のコンビならではでしょう。
ストーリーは至ってシンプル。
流れ者の浪人がお節介から、宿場にいる悪党達を全滅させる…そのために知恵を働かせて、うまく立ち回ります。
「用心棒」というタイトルからすると、大きな戦いがあって…と思いきや、実はコメディアクションといっても差し支えないほどにユーモアに溢れていて、笑えるところ多数。
出演陣の濃さとあいまって、実に痛快な作品と言えるでしょう。

<見どころ>
三船敏郎と東野英治郎の掛け合い、そしてスパイスとなる司葉子の登場など、あちこちにユーモアと仕掛けがたくさんあります。
そして、三船敏郎の殺陣は見事ですね。

<出演者>
実はコメディアンな俳優ともいえる三船敏郎。まさしく=サムライなわけですよ。
ハードボイルドな雰囲気が抜群。
仲代達矢はとにかく格好いい伊達男。
なぜか拳銃をもって登場し、ラストに至るまで強烈な印象を残します。
司葉子は一瞬、しかしその美しさが泥臭い男どもの戦いを一瞬にして沈めてくれます(笑)。
あと、なんといっても東野英治郎。
テレビの水戸黄門といえば、この人か西村晃だったんですけどね(西村晃も出てますけど)。

<総評>
欲を言えばもう少し殺陣が欲しかったかな?と思ったりもしますが、テンポ良く進んで面白い。
ラストのあっさり感も潔いです。
モノクロだからこそ、味のある作品ともいえますね。
一度は見るべき傑作です。

<関連作品>
用心棒
椿三十郎 (実質的続編)

■リメイク
荒野の用心棒
ラストマン・スタンディング

■三船敏郎が「用心棒」を演じた作品
座頭市と用心棒
待ち伏せ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-06-17 23:59 | 戦争/歴史/時代劇
<< トランスフォーマー/リベンジ エグザイル/絆 >>