トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
エグザイル/絆
d0030824_1321238.jpg『EXILED』 香港/2006
監督:ジョニー・トー
出演:アンソニー・ウォン フランシス・ン ニック・チョン
ラム・シュー ロイ・チョン ジョシー・ホー リッチー・レン
サイモン・ヤム ラム・カートン エレン・チャン エディー・チョン
ホイ・シウホン タム・ビンマン


公開時コピー
彼らこそ、最高だった。

香港を代表する監督の1人、「ブレイキング・ニュース」のジョニー・トーによるノワールアクション。
出演は「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のアンソニー・ウォン、「軍鶏 Shamo」のフランシス・ン、「ブレイキング・ニュース」のニック・チョン、リッチー・レン、「新宿インシデント」のラム・シュー、「インファナル・アフェア 無間序曲」のロイ・チョン、「ツインズ・エフェクト」のジョシー・ホー、「PTU」のサイモン・ヤムなど。

<あらすじ>
d0030824_1322248.jpg中国返還目前のマカオ。ある家に2人の男が訪ねてくる。
家にいたのは乳飲み子を持つ女(ジョシー・ホー)。
2人は家の主であるウー(ニック・チョン)を待つと行って広場に向かう。ほどなくして、また2人の男が訪ねてきた。目的は同じくウーだった。
やがてウーが帰ってくる。先に来た男の1人タイ(フランシス・ン)と、後から来た男の1人ブレイズ(アンソニー・ウォン)がウーの後について家に入っていく。
3人は家の広間で銃を突き付けあい、唐突に銃撃戦となるがウーの弾が切れたところで終了する。
タイとキャット(ロイ・チョン)はウーを守るために、ブレイズとファット(ラム・シュー)はウーを殺す為にやってきたのだ。
ウーはかつて、香港マフィアのボスであるフェイ(サイモン・ヤム)を撃って逃亡していたが、妻子を連れて舞い戻ってきたばかりだった。
d0030824_1323482.jpg幼なじみだった5人は一時休戦し、ウーは妻子に残す金を集める為の猶予が欲しいという。
ブレイズはその条件を受け入れる。
次の日、仕事仲介の男からマカオの新勢力のボスであるキョン(ラム・カートン)暗殺を引き受ける。
キョンのやってくるレストランで待ち伏せをする5人だったが…。

<作品解説>
ジョニー・トー監督といえば、今や香港におけるノワール作品の第一人者とも言えます。
本作はほぼ脚本無しに撮ったという異色作ながら、各国での評判は上々。
その卓越した演出と俳優達の演技力が光った傑作です。
トー監督の特長といえばなんと言っても夜間とワンカットよる撮影。
「PTU」や「ブレイキング・ニュース」でも、実に見事でしたが本作はそれらの技術が余すところ無く使われています。
さて、幼なじみながら敵対してしまった5人の男。
守るため、殺すため、その前にすべきは標的となる男、ウーの金稼ぎで猶予はたった1日というハードスケジュール。
そこで超危険な仕事、マフィアのボス暗殺を請け負いますが、ここでトラブルが発生します。
シナリオは流れるままに、ということで至ってシンプルな作り。
それでも、さらりと義侠心を描いてしまうところが香港映画らしいですね。
派手な銃撃戦、要所に差し込まれるユーモアの数々、ほとんど女っ気無し(笑)ながらツボを押さえた作りと、ラストのさらりとした余韻の残し方は見事です。
また、幼なじみの5人ですが一応全員60年代前半生まれ。
渋み溢れてます。

<見どころ>
病院からの逃走シーン、そしてクライマックスと銃撃戦の面白さが凝縮されています。
クライマックス直前のジョシー・ホー演じるウーの妻が見せる表情が印象的。

<出演者>
アンソニー・ウォンをはじめ、演技に定評があるキャスティング。
フランシス・ンやロイ・チョンが格好いいのはわかりますが、ラム・シューまで格好いいとは!
ウーの妻を演じるジョシー・ホーは少し濃いめの女優ですが、目元が強くていいですね。
サイモン・ヤムの嫌みっぷりは拍手ものです。

<総評>
静と動が入り交じりえて、男達の格好良さを詰め込んでいます。
とにかく格好良い映画にしたいんだ、みたいな…香港映画でしか出し得ない良作。
ノワールが好きならオススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-06-16 23:57 | ハードボイルド/犯罪
<< 用心棒 宮本武蔵 -双剣に馳せる夢- >>