トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ターミネーター4
d0030824_1332445.jpg『TERMINATOR SALVATION』 アメリカ/2009
監督:マックG
出演:クリスチャン・ベイル サム・ワーシントン アントン・イェルチン
ムーン・ブラッドグッド コモン ブライス・ダラス・ハワード
ジェーン・アレクサンダー ジェイダグレイス・ベリー
ヘレナ・ボナム=カーター
声:リンダ・ハミルトン

公開時コピー
どこで誰が、未来を変えたのか?

アーノルド・シュワルツネッガーをスターダムに押し上げた人気シリーズ第4弾。
4作目という位置づけながらも、舞台が現代から未来へと変わったことで新3部作となっている。
監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。
出演は「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル、「タップ・ドッグス」のサム・ワーシントン、「スター・トレック」のアントン・イェルチン、「南極物語」のムーン・ブラッドグッド、「ウォンテッド」のコモン、「スパイダーマン3」のブライス・ダラス・ハワードなど。
なお、お馴染みのT-800にはボディビルダーのローランド・キッキンガーが演じ、シュワルツネッガーの顔がCG合成されている。

<あらすじ>
d0030824_1333426.jpg2003年、死刑囚のマーカス・ライト(サム・ワーシントン)は、サイバーダイン社の科学者セレナ(ヘレナ・ボム・カーター)から遺体を提供して欲しいと言われ、承諾する。
スカイネットが反乱を起こした10年後の2018年、人類はスカイネットに対する決定的な反抗機会を窺っていた。
抵抗軍のジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は、スカイネットの基地を攻撃している最中、コンピューターの中から奇妙なデータを見つける。
しかし、その直後に基地は爆破され、ただ1人生き残ったジョンは総司令部へと向かう。
司令部では、スカイネットの機械軍を止めるためのシグナルを発見し、それを利用して総攻撃をかけることを計画していた。その中心部隊に名乗り出たジョンは、司令官から抹殺リストのNo2に挙げられていることを告d0030824_1334311.jpgげられる。そして、No1にはカイル・リースの名前があった。
一方、ロサンゼルス郊外の砂漠でマーカスが目を覚ましていた。自分がなぜそこにいるのかもわからず、さまようマーカスの眼前には荒廃したロサンゼルスの街並みがあり、呆然とする。
荒れ果てた街でT-600に襲われたマーカスを助けたのは1人の少年だった。

<作品解説>
新3部作として、遂に全面戦争編に入った本シリーズ。
2の続編に位置するテレビシリーズ「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」がありますが、本シリーズとは無関係だそうです。
また、前作の3は「クロニクルズ」が制作されたことにより、パラレル的な位置に格下げ?されてしまい、変則的なシリーズとなってしまいました。
当初、本作は3のジョナサン・モストウ監督が手がける予定だったものの、こちらは意見が合わずに降板。
シュワちゃんに至っては知事選と重なっていた為に断念されましたが、CG合成で復活しています。
さて、1作目はジェームズ・キャメロン監督の悪夢から作られたというホラー要素のある作りでしたが、2作目は堂々たるエンターティメント作品に、3については語るまでもなく…そこから本作となりますが、雰囲気はがらりと変更されています。
登場するターミネーターは多岐に渡り、巨大なものからバイク型など、人型対人型という構図は無くなってしまいました。完全に近未来SFとして描かれ、世界観は大きくスケールアップ。
されど、個々のキャラクター(マーカス・ライト以外)についての描き方が甘くなっています。これはシリーズものの習性というか…見てきた人にはわかりますが、本作から見ると全くわからないかも。
特にジョン・コナーのカリスマ性がどの様な経緯で形成されたのか、彼が救世主と言われる所以についても説明されていません(救世主という伝説は、あくまでもサラ・コナーがカイル・リースから聞いただけの話に依存され、ジョンに伝えられているに過ぎない)。
映像は非常に良くできていて、スピード感溢れる展開が続きます。
シナリオはキャラクター設定に甘さは残るものの、しっかりとした骨格でまさに序章という感じですね。
ただ、全体的に今までのシリーズにあった追跡される恐怖が無くなってしまったのは残念。
残りの2部作で、T-1000やT-Xも出てくるのか気になるところです。

<見どころ>
機械軍の様々なターミネーターが登場。
モトターミネーターと呼ばれるバイク型が格好いいですね。
そしてT-800の登場シーンはファンには堪らない演出です。
また、端々に前シリーズからの引用が為されています。

<出演者>
クリスチャン・ベイルは相変わらずうまいですね(色々とトラブルを起こしてたけど)。
マーカス・ライトを演じたサム・ワーシントン、うーん、なんだか印象に残りがたい人でした。もっと個性的な人を選んでも良かったんじゃないかなぁと。
カイル・リース役のアントン・イェルチンについては悪くないけど、逆にクリスチャン・ベイルに似ていればもっと説得力があったかもしれません(親子だし)。
実質的に3人の物語で、他の出演者は本当に脇役って感じで勿体なかったかも。

<総評>
前シリーズとは全く別物です。
この割り切り方には賛否両論あるかもしれませんが、個人的には納得。
ベースはそのままに、乗っかっているものを取り替えないと3作目の様なことになってしまう。
まあ、一番の驚きは「チャーリーズ・エンジェル」で酷評されていたマックG監督の腕がさえ渡ったことでしょうか。
見て損はない作品です。

<関連作品>
ターミネーター
ターミネーター2
ターミネーター3
ターミネーター4

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-06-05 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< ホット・ファズ 俺たちスーパー... P.S.アイラヴユー >>