トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
チョコレート・ファイター
d0030824_0441086.jpg『CHOCOLATE』 タイ/2008
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:ジージャー 阿部寛 ポンパット・ワチラバンジョン
アマラー・シリポン  イム・スジョン  タポン・ポップワンディー




公開時コピー
この蹴りに世界がひれ伏す!!!!!!!!!

「マッハ!」「トム・ヤム・クン!」のブラッチャヤー・ピンゲーオ監督による本格アクション映画。
出演は本作がデビュー作となるジージャー(愛称)、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の阿部寛、「バトル7」のポンパット・ワチラバンジョン、タイの人気タレント兼モデルのアマラー・シリポンなど。

<あらすじ>
d0030824_0442011.jpgバンコクで勢力を拡大しようとやってきたヤクザのマサシ(阿部寛)は、地元のマフィア・ナンバー8(ポンパット・ワチラバンジョン)とそのパートナー、ジン(アマラー・シリポン)に縄張りを荒らさないことを約束する。
しかし、マサシとジンは惹かれあってしまう。
激怒したナンバー8は、ジンにマサシと二度と会うなと脅し、彼女もそれを承諾してマサシに別れを告げる。
マサシの子供を身ごもったジンは足を洗ってひっそりと暮らすが、生まれた娘・ゼン(ジージャー)は自閉症だった。
困惑するジンはそれでもなんとかゼンを育て、ストリートチルドレンのムン(タポン・ポップワンディー)を引き取d0030824_0443033.jpgってゼンの兄貴分かつ世話を任せていた。ゼンは類い希なる反射神経と動体視力により、近くのムエタイ道場の練習とアクション映画を見て独自にムエタイを覚えていく。
そんなある日、ジンは白血病であることがわかる。ムンは治療費を稼ぐため、ジンの帳簿から金を貸した相手を見つけて借金を取り立てることに。
しかし、借りた相手は荒くれ者たち、素直に金を返すはずもなかったのだが…。

<作品解説>
「マッハ!」で一躍、有名になったトニー・ジャー。その彼を見出したピンゲーオ監督が更なるアクションスターとして目を付けたのが本作の“ジージャー”・ヤーニー・ウィサミタナン。
14歳でテコンドーのインストラクターを務め始めたほどの腕前、そのルックスから映画に向けて4年のトレーニング、2年の映画製作を経てようやくお目見えとなったわけです。
さて、アクションの凄さは「マッハ!」「トム・ヤム・クン」と比べると些か押さえ気味。ストーリーは序盤が冗長気味なのと、日本公開版のみ阿部寛によるナレーションが追加されていますが、これがしょっぱい感じ(笑)。
ジージャー演じるゼンは、独自に格闘技を覚えたという設定で、サンドバッグの代わりに木の柱を蹴って鍛えたり、「マッハ!」「トム・ヤム・クン!」を見て動きを覚えたりします(笑)。
最初の本格的な戦いは製氷工場…アクション映画ファンなら言わずと知れたブルース・リーの「ドラゴン危機一髪!」、倉庫での戦いはジャッキー映画でお馴染み(「サイクロンZ」とか)などなど、各所に傑作アクションからインスパイアされたものばかり。
まさかね、ブルース・リーのあれまでやっちゃうとは…思わずニヤッとしちゃいます。
それにしても、テコンドーとムエタイを主にした戦い方は凄まじいの一言。
とにかくジャンプ力と体のしなやかさが半端じゃないですね。
女優でこれ以上のアクションはちょっと見たことがありません。
ジャッキーとトニー・ジャーが映画を作るらしいんで、ぜひミシェール・ヨーと組んでもらいたいです。

<見どころ>
中盤以降は全部見どころといっても過言じゃありません。
クライマックス、100人組み手さながらの戦いとムエタイチャンピオンたちとの死闘は圧巻。
そして、阿部寛だって格好いいんです。

<出演者>
デビューとなったジージャーですが、自閉症という難役かつアクション。
うーん、見事。
池脇千鶴と蒼井優を足した感じの美少女…いや、ホントに可愛いです。
阿部寛は坊主頭が似合いますね~この人は体がでかいから、アクションも様になります。
悪役を演じたポンパット・ワチラバンジョンは最後になると変なマフィアになってましたよ。
アマラー・シリポンは最初、濃いなぁと思っていたら途中から妙に綺麗な感じに…。
タイとは不思議な国です。

<総評>
日本では「少林少女」で柴崎コウが顔を蹴られたと大騒ぎしていましたが、それが何?って感じです。
この手の映画ではお馴染みとなったNG集はとにかく治療している場面が多いんですけど…。
何やら続編もあるらしいので、期待大ですね。
今度はもっとシナリオを詰めて欲しいところです。

<関連作品>
劇中劇
マッハ!
トム・ヤム・クン!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-05-30 23:49 | アクション/アドベンチャー
<< X-ファイル:真実を求めて スター・トレック >>