トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ヤッターマン
d0030824_392871.jpg『YATTERMAN』 日本/2009
監督:三池崇史
出演:櫻井翔 福田沙紀 生瀬勝久 ケンドーコバヤシ 岡本杏理
阿部サダヲ 深田恭子
声:滝口順平 山寺宏一 たかはし智秋



公開時コピー
あの日本のヒーローが
実写になって、ただ今参上!


「タイムボカン」シリーズ第2弾として人気を博し、新しいアニメ版も好調な「ヤッターマン」。
これを「クローズZERO」の三池崇史監督が実写化。
出演は「ハチミツとクローバー」の櫻井翔、「櫻の園」の福田沙紀、「犬神家の一族」(2006)の深田恭子、「舞妓 Haaaan!!!」の生瀬勝久、「GSワンダーランド」のケンドーコバヤシ、「砂時計」の岡本杏理、「パコと魔法の絵本」の阿部サダヲなど。
ドクロベエの声はお馴染みの滝口順平、また新アニメ版のナレーションと同じく山寺宏一があてている。
主題歌は嵐。

<あらすじ>
d0030824_39484.jpg高田玩具店の一人息子、ガンちゃん(櫻井翔)と彼女の愛ちゃん(福田沙紀)は、正義のヒーロー・ヤッターマン1号、2号として今日もドロンボー一味であるドロンジョ(深田恭子)、ボヤッキー(生瀬勝久)、トンズラー(ケンドーコバヤシ)と戦いを繰り広げていた。
ある日、戦いが終わった場所で4つあるドクロストーンの1つを持つ翔子(岡本杏理)を助ける。
翔子の父親は考古学の海江田博士(阿部サダヲ)だった。
d0030824_310254.jpg海江田博士は2つ目のドクロストーンを手に入れるために旅に出て行方不明に。
翔子に父親捜索を依頼されたガンちゃん達は、オモッチャマから3つ目のドクロストーンがあるオジプトにドロンボー一味が向かったと聞いて後を追うことに。
変身したガンちゃん達はヤッターワンに乗って、出動する。

<作品解説>
どちらかというと子供向けの作品として人気のある「ヤッターマン」を、バイオレンス描写で定評のある三池崇史が監督するという、正直異例ともいえる人選です。
絶妙なキャスティング、実物大?のヤッターワン、アニメの世界観を踏襲したビジュアルなど、非常によく出来ています。また、声もアニメ版のキャスティングと抜かりが無いですね。
さて、本作はアニメ版の様に一話完結ではなく、完全に映画としてストーリーが完結しています。
全体的にはアクションも十分、しかしそれ以上に目立つのが下ネタの数々。
ヤッターマンってこんなに下ネタ多かったっけ?と思ったりしますが、ドロンジョのコスチュームが既にエロの領域になっているので、これはこれでアリなのかと…。
アクションはすっかりお馴染みとなっているワイヤーアクション、CG合成で撮られていますが、CGについては微妙にチープだったりします。
まあ、アニメっぽさという意味では正解だし、これはツッコミをいれるものでもないでしょう。
ストーリー上、大きなウェイトを占めるのは「恋愛」部分。
ガンちゃんと愛ちゃん、そしてアニメでも多少語られることがあるドロンジョとの関係など、色々な展開を見せてくれます。
数あるアニメ実写化作品の中でも、成功といえるでしょう。

<見どころ>
ドロンボー一味の見事なハマリっぷり、そして数々のメカ。
力入ってます。
注目はやっぱりドロンジョかな。

<出演者>
ガンちゃん演じる桜井翔はうまいんですが、もう少し濃い系の俳優でも良かったかもと思います。
とはいえ、なかなか様になっていました。
愛ちゃんの福田沙紀は、ドロンジョの深田恭子にどうしてもヒロインの座を持って行かれがちですが、この子も十分かわいいんですよね。
しかし、なんといっても深田恭子のドロンジョははまってました。声も割とアニメ版に似ているし。
ボヤッキーの生瀬勝久、トンズラーのケンドーコバヤシもはまりすぎ。
まさに実写としてはこれ以上のキャスティングは無いでしょう。
一応ヒロイン?的立場の岡本杏理ですが、ヤッターワンにスカート姿でがに股がしがみついたり、鼻血を出したりとえらい役柄。まあ、そうでもしなければ存在感が果てしなく薄くなってしまいます。
阿部サダヲ、怪しすぎです。

<総評>
アニメ版は人気ありつつも映画がないのに、いきなり実写映画というのは面白い展開です。
テイストは違うのにちゃんと「ヤッターマン」になっているのは結構意外でしたが、アニメそのままのイメージではなく実写だからこそ出来る、というアレンジの効かせ方がいいですね。
エンディング後のオマケに至るまで、楽しんで作られている作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-03-20 23:45 | SF/ファンタジー/パニック
<< アヒルと鴨のコインロッカー DRAGONBALL EVOL... >>