トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
2001年 宇宙の旅
d0030824_039088.jpg『2001: A SPACE ODYSSEY』 アメリカ/1968
監督:スタンリー・キューブリック
出演:ケア・デュリア ゲイリー・ロックウッド
ウィリアム・シルヴェスター ダニエル・リクター レナード・ロシター
マーガレット・タイザック ロバート・ビーティ ショーン・サリヴァン
声:ダグラス・レイン
受賞:アカデミー賞/特殊視覚効果賞(1968) 他

「アイズ・ワイド・シャット」のスタンリー・キューブリック監督による不朽のSF作品。
原作はアーサー・C・クラークの同名小説と言われているが、実際はアイディアの段階が早く、小説版の登場は映画公開後となっている。
後に続編(もしくは番外編と言われる)「2010年」が映像化、小説版は4作執筆されている。
出演は「グッド・シェパード」のケア・デュリア、「ラスベガス強奪作戦」のゲイリー・ロックウッド、「破壊!」のウィリアム・シルヴェスターなど。
音楽は「ツァラトゥストラはかく語りき」「美しく青きドナウ」などクラシックが使用されている。

<あらすじ>
d0030824_0391090.jpg遙か昔、ヒトザルが他の獣と変わらない生活をしていた頃、謎の物体が突如現れる。
その物体に触れたヒトザルは、獣の骨で狩猟することを覚え、水場争いでは他のヒトザルを殺して勝利する。
時が過ぎ、人類が宇宙に進出した時代。
アメリカ合衆国宇宙評議会のヘイウッド・フロイド博士(ウィリアム・シルヴェスター)は、月のティコクレーターで発掘された謎の物体「モノリス」を調査するため、月面のクラビウス基地へと降り立った。
調査が開始された直後、太陽光に晒されたモノリスはある信号を発し始める。
18ヶ月後、探査船ディスカバリー号は木星へと向かっていた。
乗組員はボウマン(ケア・デュリア)、プール(ゲイリー・ロックウッド)の他、d0030824_0391929.jpg冬眠中の調査員3人、史上最高の人工頭脳HAL9000が搭載されていた。
順調かと思われた航行中、HALは調査の疑問をボウマンにぶつける。
そしてその直後、HALは外装設備に故障の兆しがあることを告げるのだったが…。

<作品解説>
SF映画史上、最高傑作と名高い作品です。
徹底された科学考証、圧倒的なビジュアル、そして難解すぎるストーリー。何よりもアポロ11号の月面着陸よりも早く宇宙を身近に描いています。
さて、本作の凄さはなんといってもその特撮技術にあります。
冒頭のヒトザルの特殊メーキャップ、無重力の再現、宇宙空間における陰影やディテールの表現などなど。
ほぼ完璧ともいえる映像美は今見ても遜色がないですね。
モノリスについては、当初透明だったそうですが、技術的に無理であったことから黒になっています。
しかし、このモノリスの黒は怖い。
なんというか、音楽と相まって恐怖を感じるのは気のせいでしょうか。
また、別の意味で凄いのは脚本です。
解説のないビジュアルが流れ、観客はそこから何を「連想」するのか。
当初はナレーションが入っていたそうですが、あえてそれを削除…そのため、公開直後は評判が悪かったとか。されど、再公開後は徐々にその不可解なストーリー展開とビジュアルにより、2008年現在では「AFIアメリカ映画100年」のSF映画部門で1位になっています。

<見どころ>
全編に渡ってリアルさに驚きます。
ヒトザルから始まり、船内における計器類、また一見CGに見えるモニター類のビジュアルは手書き!
CGではありえない質感、当時の撮影技術が結集されたビジュアル全てが見どころです。

<出演者>
ボウマンを演じたケア・デュリアはその後、2010年にも出演しています。
プール役のゲイリー・ロックウッドはその後、あまり映画には出てないようですね。
また、フロイド博士役のウィリアム・シルヴェスターが電話をする相手はビビアン・キューブリック…監督の娘だそうです。

<総評>
映像表現は後のSF映画全てに影響を与えたといっても過言ではありません。
実際に検証できない、もしくは当時の技術では無理だった表現を除いて、致命的なミステイクがわずか1つしかないという、その作り込みは圧巻の一言。
SF映画を見るなら、まずは本作から…とはいえ、個人的にはかなり眠かったんですが、本作の良いところは映像のほとんどが観客任せなので、それもありでしょう。

<関連作品>
2001年 宇宙の旅
2010年 (続編もしくは番外編の位置づけ)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-02-24 23:12 | SF/ファンタジー/パニック
<< クワイエットルームにようこそ 幻影師アイゼンハイム >>