トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
d0030824_058217.jpg『STAR WARS: THE CLONE WARS』 アメリカ/2008
監督:デイヴ・フィローニ
声:マット・ランター ジェームズ・アーノルド・テイラー
アシュリー・エクスタイン トム・ケイン キャサリン・タバー
アンソニー・ダニエルズ クリストファー・リー ニカ・ファターマン
ディー・ブラッドリー・ベイカー イアン・アバークロンビー
ケヴィン・マイケル・リチャードソン

「スター・ウォーズ」初の3Dアニメ作品。
エピソード2と3の間を埋めるクローン戦争を中心に描かれている。
監督は本作が初の長編となるデイヴ・フィローニ。
声は「ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う」のマット・ランター、「アニマトリックス」のジェームズ・アーノルド・テイラー、「パワーパフ ガールズ ムービー」のトム・ケイン、またエピソードシリーズに出演したアンソニー・ダニエルズ、クリストファー・リー、サミュエル・L・ジャクソンが同役を演じている。

<あらすじ>
d0030824_0581783.jpgジオノーシスの戦い以降、銀河系では共和国と分離主義者による激しい戦闘が繰り広げられていた。
シスの暗黒卿ドゥークー伯爵は、共和国の航路に機雷を設置、共和国は補給がままならず劣勢に立たされていた。
一方、惑星タトウィーンの支配者ジャバ・ザ・ハットの息子が何者かによって誘拐された。ハットは共和国に救出を依頼。パルパティーン議長とヨーダはハットの支配する航路の使用許可を得るためにその依頼を引き受ける。
救出を任されたのは惑星クリストフシスで戦闘中のオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーだった。
補給がままならない2人の部隊は苦戦を強いられていた。
d0030824_0582640.jpgその最中に伝令にやってきた少女アソーカ・タノは、アナキンのパダワン(弟子)になるようにとヨーダから言われ、アナキンは渋々引き受けることに。しかし、2人の活躍によって戦いは勝利を収める。
そして2人はハットの息子救出へと向かうのだった。


<作品解説>
エピソード2と3の間は一度、テレビアニメシリーズ「クローン戦争」として製作されています。
本作はそのリメイクというわけではなく、さらにそのストーリーを抜き出した間の間といったところでしょうか。
配給がワーナーに変わったことにより、お馴染みのオープニングが無くなったのは残念ですが、メカニックの映像は3Dアニメならではの汚し表現などが見られます。
さて、本作ではアナキンにパダワンである少女アソーカが登場。
ただし、いかにもアメリカらしいキャラクター造形により、おせじにもかわいいとは言い難い…。
スター・ウォーズらしいといえばそれまでですが、もう少しかわいげのあるビジュアルにしてほしかったところ。
なんでも「もののけ姫」からインスピレーションを受けたとか…。
また、2と3の間なので当然敵役はドゥークー伯爵となりますが、メインのライバルはヴェントレスという女性のライトセーバー使いになります。
このキャラクターは先述のテレビシリーズでもメインの敵役でしたが、暗黒面に堕ちたジェダイの騎士ではありません。追放された元ジェダイの弟子であり、ジェダイの戦闘能力だけを受け継いだキャラクターです。
ヴェントレスはシリーズの中でも希有な女性ライトセーバー使いなので、かなり珍しいですね。
本作に続くテレビシリーズは、このヴェントレスやドゥークー伯爵との戦いを中心に、クローン・トルーパーや懐かしいジャー・ジャー・ビンクスのサブストーリーも描かれるそうです。

<見どころ>
ある意味キャラクター造形は見どころですが、日本の作風とは著しく違うので否が応でもアメリカを意識させられます。
戦闘シーンはなかなかのもの。
やはりライトセーバーでの戦いは良いですね。

<その他>
声は一応、シリーズに出演している俳優に似ている人を使っているようです。
まあ、アニメなので吹き替えでも良いかもしれません。
気になったのがDVD版の音声…DOLBY5.1chだったんですが、いまいち音が悪いですね。

<総評>
キャラクター造形は気になったんですが、本編が進むと慣れちゃうもので、意外と楽しめました。
何よりも「スター・ウォーズ」シリーズのまだまだ不明なエピソードが判明してくるという楽しみがたくさんあって、これだけでも十分。
裏を返せば、「スター・ウォーズ」を知らない人にはなんのこっちゃわからない展開です。
ヴェントレスとの因縁などは先のテレビシリーズに描かれているそうですが、このシリーズは2と3を完全に繋げちゃっているので、全部見ちゃうと3の冒頭まで行ってしまう。
それを考えると結構微妙なストーリー展開と言えます。

<関連作品>
◆シリーズ・時系列順
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (シリーズ第1作)
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (シリーズ第2作)
スター・ウォーズ クローン・ウォーズ (サブストーリー・3Dアニメ)
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (シリーズ第3作)
スター・ウォーズ (シリーズ第4作)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲 (シリーズ第5作)
スター・ウォーズ ジェダイの復讐 (シリーズ第6作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-02-22 23:16 | アニメ/CG
<< 幻影師アイゼンハイム ヒットマン 完全無修正版 >>