トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
20世紀少年<第2章>最後の希望
d0030824_432320.jpg『TWENTIETH CENTURY BOYS 2nd』 日本/2009
監督:堤幸彦
出演:豊川悦司 常盤貴子 平愛梨  香川照之 
ユースケ・サンタマリア 藤木直人 石塚英彦 宇梶剛士
小日向文世 佐々木蔵之介 森山未來 古田新太 小池栄子
木南晴夏 石橋蓮司 中村嘉葎雄 黒木瞳 唐沢寿明
声:中村正

公開時コピー
さあ、みんな
“つづき”を
始めよう──。


浦沢直樹の同名ベストセラーコミックの映像化第2部。
監督は前作に引き続き、「トリック」シリーズの堤幸彦。
出演は前作に加え、「笑う大天使(ミカエル)」の平愛梨、「キサラギ」のユースケ・サンタマリア、「花より男子ファイナル」の藤木直人、「小森生活向上クラブ」の古田新太、「パコと魔法の絵本」の小池栄子、テレビドラマ「きらきら研修医」の木南晴夏など。
主題歌は前作に引き続きT・レックスの「20th Century Boy」。

<あらすじ>
d0030824_4322138.jpg2000年に起きた大規模テロ「血のおおみそか」から15年、“ともだち”は悪魔のテロリストで、首謀者ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間から世界を救った英雄として、崇められていた。
行方不明になったケンヂの代わりに、ユキジ(常盤貴子)に育てられたケンヂの姪カンナ(平愛梨)はそんな世間に対して反発していた。
カンナのクラスメイト、小泉響子(木南晴夏)はカンナが「血のおおみそか」事件に関する授業で揉めたとばっちりを受けて、事件に関するレポート提出を言われる。
レポートの為に調査を始めた響子は偶然、神様(中村嘉葎雄)と出会い、事件の真相を聞かされ愕然とする。
d0030824_4323490.jpg同じ頃、カンナは新宿界隈で起きた元中国マフィアの殺害事件を目撃したというニューハーフ、ブリトニー(荒木宏文)をかくまうことになり、事件の捜査をしていた新米刑事・蝶野(藤木直人)と知り合いになる。
しかし、“ともだち”に反発するカンナは、なぜか響子と共に「ともだちランド」での研修を命じられるのだった。

<作品解説>
待望の第2作です。第1章から15年という月日が流れ、主人公はケンヂの姪であるカンナにシフトしています。“ともだち”が絶大な権力を持つ日本、その不気味さはあやしい宗教みたいなもんですが、映像全体に溢れる現代的かつ近未来感はなかなかのもの。
相変わらず堤監督ならではの遊び心も含まれていて楽しめます。
さて、3部作の2つ目というのは大抵の場合は「つなぎ」の要素が大きいため、実は一番盛り上がりに欠けるところ。正直、本作も盛り上がる場面がそれほど多くはなく、前作からの謎を少しずつ解明していくところに終始しています。
これはもう仕方のない部分で、起承転結で言えば、承であり転の始まりです。要するに転の始まりで当然終わっちゃうわけなので前作ほどのインパクトは無し。
とはいえ、様々な複線が張られているので一番重要な部分でもありますが…。
登場人物は前作から若干増えた程度で、前作を予習すれば混乱することはありません。
公式サイトにもかなり詳細なキャスティング(原作の絵と併記されている)があるので、見る前に目を通していくのも良いでしょう。

<見どころ>
“ともだち”率いる友民党が怪しすぎ、怖すぎ。ともだちランドの職員たちの怪しげな動きは堤監督作品だなぁと思わせます(笑)。
そして、豊川悦司が大きく絡む所はやっぱり一番の見どころです。

<出演者>
キャスティングでは3番目になっていますが、主人公カンナを演じた平愛梨。
オーディションを受けたそうですが、ぶっちゃけうまくはありません。ただ、目線が非常に強く、印象的です。デビュー当時にグラビアなどに出ていた記憶はあったので、知らないことはなかったんですがいきなりの大役でした。
そして本作で大きく絡む小泉響子役が木南晴夏…全然知らない子だったんですが、平愛梨よりもうまかった(笑)。表情がコロコロと変わってなかなかの演技です。注目ですね。
小池栄子の嘘くさい感じだとか、ユースケ・サンタマリアの意外なほどシリアスな演技、久々に登場した藤木直人がうまくなっていたとか、出演者を見ているだけでもおもしろいかも。

<総評>
先にも書いたように、2作目はあくまでも「つなぎ」の部分なので本作だけで面白い、面白くないという考え方はできません。
あえて言えば、1作目ほどのインパクトがあれば…と思いますが、原作ありきだし、何よりも監修に原作者が関わっているのでほどよい加減なのでしょう。
とりあえず8月の完結編を見てから、「1つの映画」としての評価が出ますね。

<関連作品>
20世紀少年<第1章>終わりの始まり
20世紀少年<第2章>最後の希望

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2009-01-31 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< インビジブル・ターゲット 007/慰めの報酬 >>