トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
NEXT -ネクスト-
d0030824_0451282.jpg『NEXT』 アメリカ/2007
監督:リー・タマホリ
出演:ニコラス・ケイジ ジュリアン・ムーア ジェシカ・ビール
トーマス・クレッチマン トリー・キトルズ ピーター・フォーク
ホセ・ズニーガ ジム・ビーヴァー マイケル・トルッコ



公開時コピー
彼には見える、2分先の未来が──
世界を脅かす核テロリズム。
政府はたった一人の男が持つ、
予知能力に全てを賭けた。


フィリップ・K・ディック原作の「ゴールデン・マン」の映像化。
監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリ。
出演は「ナショナル・トレジャー」シリーズのニコラス・ケイジ、「トゥモロー・ワールド」のジュリアン・ムーア、「ステルス」のジェシカ・ビール、「ウォンテッド」のトーマス・クレッチマン、「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」のトリー・キトルズ、「刑事コロンボ」シリーズのピーター・フォークなど。

<あらすじ>
d0030824_04219100.jpg2分先までの自分に関わる未来が見える男クリス(ニコラス・ケイジ)は、ラスベガスでフランク・キャデラックという芸名を使ってマジックショーをする日々。予知能力を使えばギャンブルで大稼ぎできるが、目立たないように生きることを信条とする彼は、大きな賭けを決してしない。
ある日、ショーが終わった後、ルーレットをしていたがマジシャンであることを理由に、警備員から目を付けられてしまう。それを察知した彼は立ち去ろうとするが、カジノ強盗を犯行前に取り押さえた事から、逆に強盗と間違えられてしまい逃げ出す羽目に。
なんとか逃げ出した彼の前にFBIのカリー捜査官(ジュリアン・ムーア)が現れ、ロシアから核弾d0030824_0423079.jpg頭を奪った組織の捜索を手伝って欲しいと依頼しに来るが、厄介ごとが嫌いなクリスは彼女が来る前に逃げ出す。
しかし、彼の能力にたった一つ不思議な現象があった。それは、リズ(ジェシカ・ビール)という女性の未来だけが見えることだった。クリスは危険を冒して、彼女と会うことに成功するがFBIと核弾頭を奪った組織が彼を追っていた。


<作品解説>
わずか2分先までの未来を見ることができるという、きわめて限定的な超能力と国家の一大危機、そしてロマンスを盛り込んだ作品です。
フィリップ・K・ディック原作といえば「ブレード・ランナー」を初め、「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」など、未来と記憶に関するネタの近未来SFが多いんですが、本作は極めてオーソドックスに、現代を舞台にしています。
さて、本作の印象は一言で言うと「あっさり」。
主にクリスの能力が使われるシーンがメインで、なぜリズの未来だけが見えるのか、テロリストのボスは何者?といった部分はまったくありません。
ミステリ要素をとことん省いちゃったとも言えるけど、もう少し説明が欲しかったですね…原作に描写が無かったとしても。
キャラクター設定がペラペラなのと、ラストを納得できるかどうかで評価は分かれますが、なにせスピーディーな展開なのが良かった。
しかし、ドライブ中の合成はいけてない…。

<見どころ>
アクションシーンが結構華麗な感じでいいですね。
なんでもダンス的な要素にしたとか。
クライマックスも迫力があります。
そして魅力的なジェシカ・ビールには一目ぼれ(笑)。

<出演者>
ニコラス・ケイジの髪型が…うーん、ダメです。それだけが不満。
クールなカリー捜査官を演じたジュリアン・ムーア、歳とったなぁ…。
なんつってもジェシカ・ビールがね、ステキなんですよ。
笑顔がなんとも言えずかわいい。
ピータ・フォークが出ていたのには驚きました。すっかりおじいちゃんです。
先日にアルツハイマーと発表され、「コロンボ」ファンとしては寂しいかぎり。

<総評>
それなりの面白さがあります。
ただ、DVDで十分、と思っちゃうところがね。
ジェシカ・ビールを見るだけでも価値はあったけど。
個人的な感想ですけどね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-12-21 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< ワールド・オブ・ライズ ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 >>