トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
スカイ・クロラ The Sky Crawlers
d0030824_1164392.jpg『THE SKY CRAWLERS』 日本/2008
監督:押井守
声:菊地凛子 加瀬亮 谷原章介 山口愛 平川大輔 竹若拓磨
麦人 大塚芳忠 安藤麻吹 兵藤まこ 西尾由佳理 ひし美ゆり子
竹中直人 榊原良子 栗山千明



公開時コピー
もう一度、生まれてきたいと思う?

森博嗣のシリーズ小説の同名作品のアニメ化。
監督は「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の押井守。
声は「バベル」の菊池凛子、「山のあなた 徳市の恋」の加瀬亮、「ハンサム★スーツ」の谷原章介、「真・女立喰師列伝」のひし美ゆり子、「まぼろしの邪馬台国」の竹中直人、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」の榊原良子、「GSワンダーランド」の栗山千明など。
主題歌は絢香の「今夜も星に抱かれて…」。

<あらすじ>
d0030824_1165374.jpgショーとしての戦争が行われる平和な世界。戦争請負会社ロストックのヨーロッパ前線基地・兎離洲(ウリス)に函南優一が配属されてくる。
彼は10代のまま年をとることのないキルドレと呼ばれる存在であり、配属前の記憶はない。
基地には同じキルドレの司令官でかつてのエースパイロット草薙水素、同僚パイロットの土岐野尚文らがいた。
優一は土岐野と組み、配属早々戦果を挙げてエースパイロットになっていく。
d0030824_117380.jpgしかし敵対するラウテルン社のエースパイロット“ティーチャー”によって、同僚の湯田川が撃墜されるなど、戦況は厳しくなっていく。
そんな中、優一は彼の前任者である栗田を殺したと噂されるミステリアスな草薙と少しずつ惹かれあっていくのだが…。

<作品解説>
押井作品としては珍しく原作をほぼ忠実に再現した作品です。
原作を読んだのですが、相違点は基地に犬がいる、整備士の笹倉が女性に変わっている、ラストが違うくらいでしょうか。
かなり淡々とした作品なんですが、空戦シーンは見事な出来栄え。計器類も実際の表示を示しているという気合の入れよう。小説ではわからなかった戦闘機・散華とスカイリィのデザインは秀逸で、クラシカルな背景も良いですね。
さて、本作は永遠に年をとらないキルドレと呼ばれる少年少女が主人公です。彼らはその体つきとは違って大人びた考え方を持ち、タバコを吸い、娼婦を抱くという非常にミスマッチな設定になっています。
主人公・函南優一(カンナミユウイチ)と草薙水素(クサナギスイト)は惹かれあうことでお互いの存在意義を模索します。原作ではそれほど多くは無いラブシーンが随所に散りばめられ、この描き方が非常に官能的。押井監督は「パトレイバー」の劇場版2作目でも、同じパターンを使ってラブシーン(正確には少し趣が異なる)を作り上げましたが、本当にうまい。
このパターンというのが「手」の使い方なんですが、どういうことかは実際に確認するとよいでしょう。
全体的に見て、非常に押井監督らしい作品なんですが、原作の味を損ねない手腕は見事です。人によっては退屈かもしれませんが、ラブストーリーとしての出来は良いと思います。

<見どころ>
意外と少ない空戦シーン、先述したラブシーンは必見というべきか。
登場する戦闘機のディテールも見事。

<その他>
アニメは声優に、というのが押井監督の信条だったと思うのですが(宮崎駿の俳優起用については散々言っていたのに)、本作に限っては俳優女優を起用しています。
菊池凛子は可もなく不可もなし。
加瀬亮が若干ボソボソとした話し方で聞き取りにくかったんですが、谷原章介は相当にうまかった。声がいいんですね。
そして押井作品といえば名声優・榊原良子。
整備士・笹倉を独特の声で演じ、存在感を示してくれます。
配給とか制作費の問題で俳優を起用したような気もするんですが、やっぱり本職の人にやってほしいというのは変わらないですね。

<総評>
押井監督は非常に色の強い監督なので、この人の作風が合わなければ見ても退屈かもしれません。
ただ、宮崎駿と違ってアニメに対してある種のリアリズムを持ち込んで構築する手腕は見事です。原作のファンもそれなりに楽しめるのではないでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-12-17 23:59 | アニメ/CG
<< ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 クローバーフィールド/HAKA... >>