トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ソウ5
d0030824_2333062.jpg『SAW V』 アメリカ/2008
監督:デヴィッド・ハックル
出演:トビン・ベル コスタス・マンディロア
スコット・パターソン  ベッツィ・ラッセル マーク・ロルストン カルロ・ロタ
ジュリー・ベンツ グレッグ・ブリック ミーガン・グッド ローラ・ゴードン



公開時コピー
ジグソウが残した【遺言と遺品】
真の後継者は誰なのか?


毎年恒例となった「ソウ」シリーズの続編。
監督は、2~4作目のダーレン・リン・バウズマンから、シリーズの美術監督だったデヴィッド・ハックルにシフト。
出演はシリーズのトビン・ベル、コスタス・マンディロア、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、「デイライト」のマーク・ロルストンなど。

<あらすじ> (前作のネタバレが含まれています!)
d0030824_2334189.jpgジグソウの罠にかかりながらも、機転を利かせて生き延びたFBIのストラム(スコット・パターソン)。同時に刑事のホフマン(コスタス・マンディロア)がほぼ無傷で助かり、ゲームの人質だった少女を助け出したことで英雄となる。
ストラムはホフマンこそがジグソウの後継者ではないかと疑念を抱くが、上司のエリクソン(マーク・ロルストン)から捜査を外されてしまう。
その頃、ジグソウことジョン(トビン・ベル)の妻だったジルd0030824_233522.jpg(ベッツィ・ラッセル)は、弁護士事務所でジョンの遺書であるビデオメッセージと謎の箱を受け取っていた。
一方、ある部屋で5人の男女が目を覚ましていた。壁にはV字型の刃が設置され、首輪とケーブルで繋がっていた。死んだはずのジグソウ、しかしゲームが再び開始される。


<作品解説>
元々5作目まで、と言われていたのですが既に6作目の制作が決定しています。
いつになったら完結するんだろう…というこの引っ張りぐあいはちょっと残念な感じですね。
なお、6作目は編集を手がけたケヴィン・グルタートが監督するそうです。
それはさておき、毎回「見てて痛い」トラップ満載の本作、今回も初っぱなから衝撃的な映像が展開。一見無関係と思えるシーンもきっちりシナリオに繋がっているので、予習はしておいた方がいいんですが、さすがにスプラッターなシリーズを毎年公開前に見るのは夢に出てきそう…。
さて、相変わらず時系列がややこしいんですが、本作は完全に4の後日談になります。
ジグソウとその後継者との繋がり、いかにして前作までのトラップが仕掛けられたのかが語られていきます。本作の主人公であるストラム捜査官は前作で生き残り、同じ生き残りであるホフマン刑事を疑う課程において、今までゲームの舞台となった場所を調べます。
同時に新たなゲームが展開、5人の男女が繋がれおなじみの人形が登場。
果たして生き残る条件は…?
というわけで、2時間無い中で3つのストーリーが展開するもんで、少々疲れますね。
そしてやっぱりというべきか、1作目ほどの衝撃が無くなってしまったのが残念。
3作目くらいまでに納めてくれたら良かったんじゃないかなぁ。

<見どころ>
今までの話と繋がっていくところは面白いですね。
何よりもキャスティングに変更がないからいい。
ラストのトラップは監督の子供が描いたものだそうです…しかし、あれは本来のジグソウの目的から大きく外れているような?

<出演者>
死してなお影響力を与え続けるジグソウを演じるのは、やっぱりトビン・ベル。
うーん、ある意味特殊な役柄だよなぁ。
コスタス・マンディロアとスコット・パターソンの風貌が似ているのでちょっと迷います。
そして、次作のキーパーソンになりそうなのがベッツィ・ラッセルとマーク・ロルストンでしょうか。
この2人の顔を覚えておこう…。

<総評>
独特の映像は相変わらずですが、パワーダウンは否めないですね。
1作目から欠かさず映画館で見ているけど、ここまで来ると「13日」化してきそう。
話を広げすぎたというか、次が完結編であってくれと思わずにはいられないです。
でも、公開されたらずっと見ちゃうんだろうな。

<関連作品>
ソウ SAW (1作目)
ソウ2 (2作目)
ソウ3 (3作目)
ソウ4 (4作目)
ソウ5
 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-12-06 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< 相棒-劇場版- 絶体絶命!42... バイオハザード ディジェネレーション >>