トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
バイオハザード ディジェネレーション
d0030824_1502118.jpg『BIO HAZARD DEGENERATION』 日本/2008
監督:神谷誠
声:ポール・メルシエ アリソン・コート ローラ・ベイリー
スティーヴ・ブラム ミシェル・ラフ マイケル・ソリッチ
クリスピン・フリーマン ロジャー・クレイグ・スミス



公開時コピー
ラクーンシティの惨劇から7年-。あの恐怖が蘇る。

全世界で大ヒットしたアクションホラーゲーム「バイオハザード」シリーズ初の長編フルCGアニメーション。
監督は「日本沈没」の特技監督を務めた神谷誠。
地域限定、2週間限定のデジタルシネマで上映された。
声はゲーム「バイオハザード2」で同役の声を演じたポール・メルシエ、アリソン・コート、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 インターナショナル・ヴァージョン」のマイケル・ソリッチなど。
主題歌は土屋アンナの「GUILTY」。

<あらすじ>
d0030824_148274.jpgラクーンシティの惨劇から7年、バイオハザードを引き起こしたアンブレラ社との戦いを生き残ったクレア・レッドフィールドは、バイオテロや薬害被害者を救済するNGOに所属し、アメリカ中西部の工業都市の空港へと降り立っていた。
製薬会社ウィルファーマの臨床実験で両親を失ったラーニーとその叔母に再会したクレアだったが、ウィルファーマとの癒着が取りざたされているロン・デイビス上院議員が記者達の目を逃れている所を目にする。
そんな彼らの前に1人のゾンビマスクを被った男が現れるが、その直後本物のゾンビが現れ警備員や一般人が噛まれた事から、空港は一気にパニックに陥る。
さらに空港にはジェット機が突っ込み、機内からは大量のゾンビが現れた為、クレア、ラーニー、ロン上院議員他数名が閉じこめられてしまうのだった。
d0030824_1484626.jpg警察の特殊部隊員アンジェラとグレッグはなんとかロン議員たちを救出しようと考えるが、彼らの元に大統領直轄のエージェント、レオン・S・ケネディがやってくる。レオンはアンジェラとグレッグだけを連れて、空港へと乗り込むのだが…。


<作品解説>
アクションホラーとして名高い「バイオハザード」シリーズ初の長編アニメです。
元々「バイオハザード」シリーズは、映画のカメラワークを参考にした視点変更が売りだったので、ゲーム中のイベントアニメにも定評がありました。
実写版はゲーム版を元にオリジナル設定で撮られたものですが、本作は紛う方無きゲーム版の流れに属する一編です。
本作はゲームの「バイオハザード2」の主人公だったレオンとクレアを再び主人公に据えた物語になります。時系列ではレオンが主人公の「バイオハザード4」の後の物語になりますね。
さて、長編CGというと古くは「ファイナルファンタジー」の大失敗が挙げられますが、本作はなかなかの完成度です。
シリーズの雰囲気を壊さず、キャラクター達の動きも自然で、さらに舞台設定も見事。
ウィルファーマ社の社屋など、非常に素晴らしいCGの完成度になっています。
ストーリーはシンプルなものの、変に謎解きなどを入れずにクライマックスにおけるお約束の戦い、爆発などなどファンならニヤリとさせられるシーンが続出。
シリーズのプロデューサーが関わっているだけあって、バイオハザードとしての面白さをうまく吸収した作りになっています。
また、英語で日本語字幕、というのが心憎い演出です。

<見どころ>
CGについては最高レベル、と言っていいでしょう。
目の表現、髪の毛などがすばらしく、スピーディーなアクションシーンもよく考えられています。
またデジタル上映ということで、フィルム独特の残像感がなく、非常に綺麗な映像で見られたことが大きいですね。
しかし、レオンは異常にタフでした。

<その他>
主人公レオンとクレアの声をあてているのは、ゲーム版と同じ声優です。
こういう点もちゃんとファンの事を考えていて、好感が持てます。
本作のヒロインであるアンジェラが非常にキレイでした。

<総評>
短い期間での上映だったので、見られたのはラッキーでした。
PS3とかでも同レベルのCGで動いているので目新しさはないのですが、劇場のスクリーンで見ることに意義があったのかな、と思います。
CGの良さありきで見るならBlu-rayとハイビジョンで見ることをオススメします。

<関連作品>
■実写版
バイオハザード  (1作目)
バイオハザードII アポカリプス (2作目)
バイオハザードIII (3作目)

■フルCGアニメ
バイオハザード ディジェネレーション

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-12-02 23:59 | アニメ/CG
<< ソウ5 デス・レース >>