トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ザ・マジック・アワー
d0030824_1122449.jpg『THE MAGIC HOUR』 日本/2008
監督:三谷幸喜
出演:佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行
小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之
市村萬次郎 柳澤愼一 香川照之 甲本雅裕 近藤芳正 梶原善



公開時コピー
最後に笑うのは誰だ?

「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督によるドタバタコメディ。
監督自らのプロモーション活動と豪華出演陣により、大ヒットした。
出演は「THE 有頂天ホテル」の佐藤浩一、「どろろ」の妻夫木聡、「踊る大捜査線」シリーズの深津絵里、「ICHI」の綾瀬はるか、「釣りバカ日誌」シリーズの西田敏行、「あの空をおぼえてる」の小日向文世、「アンフェア the movie」の寺島進など。

<あらすじ>
d0030824_1124689.jpg港町・守加護。街を仕切るギャングのボス、天塩(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)の浮気相手になってしまった手下の備後(妻夫木聡)は、事がばれて海に沈められそうになる。
しかし、ボスが「デラ富樫」という伝説の殺し屋を捜しているという話を聞いた備後は助かりたい一心で思わず、居場所を知っていると言ってしまう。
天塩は5日以内に連れてくれば許すと言い、備後は辛うじて助かるが伝説の殺し屋の居場所などを知るはずもなく慌てふためくのだった。
備後は考え抜いた末、全く売れていない俳優・村田d0030824_112575.jpg(佐藤浩市)に目を付け、彼を身代わりにすることを思いつく。新人監督を装って村田に接触した備後は、なんとか村田とマネージャーの長谷川(小日向文世)を丸め込み街へ連れてくることに成功。
さらに、街で偶然行われていた撮影を自分の機材だと言い張り、その他のカメラは隠し撮りしていると誤魔化して天塩に引き合わせるが…。


<作品解説>
コミカルで秀逸な脚本を書く三谷幸喜の監督4作目です。
えー、正直なところ、かなりおもしろかった。ノスタルジックな物語の舞台を背景に、映画に対してのこだわりが見られます。
名監督ビリー・ワイルダーや市川昆へのリスペクトと、数々の映画のオマージュなどを詰め込み、三谷流のユーモアで笑わせてくれます。
前作の「THE 有頂天ホテル」が今ひとつだったので、期待値半分で見ていたのですが佐藤浩市のバカバカしいほどくどい演技、とぼけた感じの西田敏行など、舞台劇を彷彿とさせる演出で楽しませてくれます。
さて、映画撮影とだまされて連れてこられた三流俳優の村田は、伝説の殺し屋・デラ富樫を演じて数々のトラブルを引き起こします。
しかし、彼をだましていた備後の嘘により事態は悪化する一方、嘘が嘘を呼んでいく…というわけですが、若干冗長的な部分がありつつも小ネタで笑わせながら、ストーリーは進みます。
基本的には、舞台劇なんですよね、三谷作品は。
限られた空間の中で起こる人間模様とトラブル、そして笑い。
本作はその舞台劇のディテールにこだわったとも言えますが、これを映画ならではの演出で完成させちゃうところに面白さがある。
映画撮影の小道具、大道具、特殊効果を映画のなかにそのまま描く、逆転の発想とも言うべきおもしろさです。

<見どころ>
佐藤浩市演じる村田、自分だけ蚊帳の外にいるのに中心にいると思いこんで演じ続ける…このボケっぷりには笑わせて頂きました。
そして秀逸な美術。
現代劇なのに、あえてクラシカルにこだわったところが心憎い演出です。

<出演者>
三谷作品における佐藤浩市は三枚目がよく似合う(笑)。
妻夫木聡の軟弱ぶりや、深津絵里の気だるい感じなど、映画の雰囲気をよく表しています。
場を引き締めるのが、強面の寺島進。
また、劇中劇の中で中井貴一、谷原章介、鈴木京香、さらに三谷作品でおなじみの唐沢寿明が出ているのも見逃せません。

<総評>
ヒットすると必ず批判を受けるものですが、本作は総じて完成度が高かったと思います。
舞台劇風の映画は映画ではない、という人もいますが、それならばミュージカルもステージでやるべき、という話になります。
映画としての体裁を考えて見る人は楽しめませんが、映画館で見たときはほぼ満員、そして笑いが絶えませんでした。
映画はエンターテイメント、楽しめればなんだっていい、と思わせる作品でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-11-27 23:59 | コメディ/パロディ
<< デス・レース インディ・ジョーンズ/クリスタ... >>