トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
d0030824_1355551.jpg『TROPIC THUNDER』 アメリカ/2008
監督・出演:ベン・スティラー
出演:ジャック・ブラック ロバート・ダウニー・Jr
ブランドン・T・ジャクソン ジェイ・バルチェル ダニー・マクブライド
スティーヴ・クーガン ビル・ヘイダー ニック・ノルティ



公開時コピー
ここまで演るか!?

コメディ俳優として名高いベン・スティラーが監督・主演をつとめたブラックユーモアたっぷりのコメディアクション。
出演は「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr、「ロール・バウンス」のブランドン・T・ジャクソン、「ミリオンダラー・ベイビー」のジェイ・バルチェル、「マリー・アントワネット」のスティーヴ・クーガン、「ホテル・ルワンダ」のニック・ノルティなど。
その他、トム・クルーズ、マシュー・マコノヒー、トビー・マグワイア、クリスティーン・テイラー、ジョン・ヴォイト、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットなどがカメオ出演している。

<あらすじ>
d0030824_13683.jpgベトナム帰還兵の英雄フォーリーフ(ニック・ノルティ)の手記を元にした映画「トロピック・サンダー」の撮影が、ベトナムで行われていた。
出演はかつてはアクション映画で一世を風靡した落ち目のタグ(ベン・スティラー)、下ネタ映画からの脱却を図るジェフ(ジャック・ブラック)、オスカー5度の受賞ながらも役になりきり過ぎるカーク(ロバート・ダウニー・Jr)、過激なラッパーのアルパ・チーノ(ブランドン・T・ジャクソン)、若手俳優のサンダスキー(ジェイ・バルチェル)などのくせ者揃い。
撮影開始5日目にして予算をオーバーしてしまい、イギリスの新人監督デミアン(スティーヴ・クd0030824_1362774.jpgーガン)は、冷酷非情なプロデューサー(トム・クルーズ)から罵詈雑言を浴びせられた挙げ句、制作中止の勧告まで追い込まれる。
撮影に帯同していたフォーリーフは、出演者たちがまとまるためには本物の恐怖が必要だと進言し、デミアンはそれに賛同する。
かくして出演者たちはデミアンと共にジャングルに降り立つが、そこは麻薬組織が仕切る黄金の三角地帯だった。

<作品解説>
おバカ映画といえばこの人!というくらいに近年のハリウッドにおいてコメディ作品のヒットと飛ばすベン・スティラー。
監督業としては4作目、とはいってもまあいつものノリなわけですよ(笑)。
さて、本作は「プラトーン」「ランボー」「地獄の黙示録」「プライベート・ライアン」などなど、数々の名作のシーンをパクり、茶化し、ちょっとグロいシーンもなんのその。
おまけにほとんどの出演者たちが下ネタを連発。
一見めちゃくちゃに見えながらも、意外とシナリオの筋はしっかりしています(そこはベン、ちゃんと押さえてる!)。
そして登場人物たちもバカバカしさ溢れる設定。
1作目のアクション映画がヒットした為に続編に頼り切って落ちてしまったタグを始め、オナラ映画という下ネタ作品を作るジェフ(出演者が全員同じというネタはエディ・マーフィー?)、オスカー5度という現実的にありえない俳優で黒人になりきったカークなど、とにかくキャラ設定からしてかなりおバカです。
そんな設定に付け加えて、冷酷かつ下品、ハゲ頭でメタボなトム・クルーズや、軽薄さをやらせたらピカイチのマシュー・マコノヒーなどが盛り上げてくれます。
残念なのは「意外」としっかりしたシナリオのため、中盤はちょっと盛り下がり気味。もっと矢継ぎ早にギャグがあっても良かったような気がします。

<見どころ>
本編に入る前の映画内の予告編もかなりバカバカしいながらも、手の込んだ作り。
そしてかなりすごい爆破シーン、あとはなんといってもパロディとカメオ出演者達でしょう。

<出演者>
相変わらず濃い顔のベン・スティラーは顔がよく動く。マジメな顔をしたらなかなかいけてるんですけどね。
ジャック・ブラックは悪ノリ感がもう一つ。もっと爆発してくれたら良かったなぁ。
一番はやっぱりロバート・ダウニー・Jr。
胡散臭さ抜群、ある意味一番暴走してるし…。
トム・クルーズのぶっ壊れ具合は良い感じです。マシュー・マコノヒーに至ってはアホみたいに口を半開きにしてたりして。
その他のカメオ出演者達は是非探してみてください。

<総評>
ベンといえばオーウェン・ウィルソンなんですが、本作は出ていなかったのはちょっと残念(おそらくプライベートなゴタゴタで無理だったんだろう…)。
出演者達以外に良かったのは音楽のチョイス。
ほとんどが一度は耳にしているだろうという曲が多く(それらはベトナムの戦争映画で使われていたと思う)、エンドロールも結構聞き応えがあります。
B級感たっぷりの本作、DVDでも良いけどあえて映画館で、とオススメしたいですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-11-23 23:59 | コメディ/パロディ
<< 20世紀少年<第1章>終わりの始まり ウォンテッド >>