トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
シベリア超特急4
d0030824_1462590.jpg『SIBERIAN EXPRESS 4』 日本/2003
監督:MIKE MIZNO
出演:水野晴郎 三田佳子 宇津井健 内藤武敏 光本幸子
安井昌二 小田切みき 丹波哲郎 堀正彦 森宮隆 金濱夏世
渡辺雄作 真柄加奈子 江成大輝 岩田雄介 中野ダンキチ
ホームラン(勘太郎・たにし) 西田和昭


映画評論家・水野晴郎が私財を投じて監督・出演を果たし、カルト人気を得た「シベリア超特急」シリーズの4作目にして公演回数一度きりの舞台版。
監督時はMIKE MIZUNO名義である。
出演は2、3作目のメインキャストをつとめた三田佳子、宇津井健、内藤武敏、光本幸子、安井昌二による特別出演の他、シリーズのキャストが出演している。

<あらすじ>
映画「シベリア超特急4」制作は脚本待ちだけとなっていた。
脚本家(勘太郎)は、プロデューサー(たにし)にせっつかれながらも、監督である水野晴郎の突然の思いつきなどを入れつつなんとか完成させる。
プロデューサーは制作費が無いことを引き合いに出し、脚本の書き換えを認めず元に戻そうと水野晴郎を説得するが、頑として聞き入れてはもらえなかった。
そこへ3作目に出演した三田佳子や宇津井健などが挨拶に訪れ、スタッフ達はやる気を出す。
前途を祝して乾杯をするが、水野晴郎は突然倒れ込み、そのまま死んでしまうのだった。
慌てるスタッフ達、脚本家はそれがシナリオに沿った毒殺だと言いだし、やってきた刑事達も含めて真相を探るためにシナリオを演じることにするのだが…。

<作品解説>
水野晴郎といえば近年は映画評論家というより、むしろ「シベ超」と言われるほどにシリーズが認知されています。
ヒッチコックの作風を真似た1作目、長回しを多用し有名俳優を起用した2作目、3作目など意外と映画の基本を忠実に応用して制作されています。
本作はたった一度きりの舞台版をノーカットで収録したものになり、一応「映画」として劇場公開されています。
出演者多数のため、ライブ感あふれるパニックぶり(セリフを忘れる、順序を間違えるなど)もそのままに、特別出演の三田佳子などは全てセリフは決められておらず、出演したシリーズについての挨拶などを行うという…映画同様、斬新な方法が取られています。
さて、シリーズのテーマとして常に「反戦」が掲げられています。これは舞台版でも語られており、シリーズ通してほとんどセリフも変わっていません。
水野晴郎毒殺という展開から始まり、サスペンス要素満載なんですが、果たしてシベ超の主人公である山下陸軍大将を誰が演じるのか?という点に注目ですね。
良くも悪くもファン向けの作品ですが、とんでもないどんでん返しやサスペンス映画の理屈を無視した作りはなかなか斬新でおもしろいでしょう。

<見どころ>
シリーズ通してのお約束が満載。
こればっかりは見ないとわからない。
水野晴郎の大根ぶりは相変わらずです(笑)。

<出演者>
皆、セリフを忘れたりしているんですが和気藹々と楽しく演じています。
むしろ演技云々を語るのは無駄というものですね。

<総評>
既にシリーズが6作という数になっています。
ここまで続くのは毎回、サスペンスやミステリの常識をぶち破るような(ストーリー破綻も含めて)、ある種非常識とも言える展開がおもしろいからでしょう。
まずは1作目から見ることをオススメします。

<関連作品>
シベリア超特急  ~悪魔が乗った殺人列車~
シベリア超特急2 ~菊富士ホテル殺人メロディ~
シベリア超特急3 ~60年目の悪夢~
シベリア超特急4 ~監督殺人事件~ (舞台版)
シベリア超特急5 ~義経の怨霊、超特急に舞う~
シベリア超特急6 (制作中)
シベリア超特急7 ~汽笛の中で悪霊が鳴く~ (舞台編集版)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-06-10 23:49 | ミステリ/サスペンス
<< ダークナイト ベクシル 2077 日本鎖国 >>