トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
あなたにも書ける恋愛小説
d0030824_3211297.jpg『ALEX AND EMMA』 アメリカ/2003
監督・出演:ロブ・ライナー
出演:ケイト・ハドソン ルーク・ウィルソン ソフィー・マルソー
    デヴィッド・ペイマー ジョーダン・ランド




公開時コピー
教えます。完全無欠の恋の筋書き

名作「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督によるストレートなラブコメディ。
出演は「10日間で男を上手にフル方法」のケイト・ハドソン。
オーウェン・ウィルソンの弟で「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のルーク・ウィルソン。
「007 ワールド・イズノット・イナフ」のソフィー・マルソー。
編集者役で監督自身も出演。

<あらすじ>
結婚恐怖症の小説で脚光を浴びた新人作家アレックス。彼は1年間スランプに悩み、キューバ人から5万ドルの借金を背負っていた。返済の期日が迫っても、1行も書けない。
払わなければ殺すと脅され、30日以内に倍額返すと言ってしまったアレックスだったが、彼らに執筆用のパソコンを壊されてしまう。
そこで、アレックスは口述筆記で小説を書くことを思いつく。やってきた速記者のエマに弁護士と偽ってしまった為に怪しまれるが、なんとか小説のネタを思いつき物語は走り出す。
しかし、物語の展開でエマは何かとケチをつけるのだった。

***

この映画の元ネタはなんと、文豪ドストエフスキーが『賭博者』という小説を書いていた時の彼自身の実体験だそうです。
莫大な借金を抱えたドストエフスキーが30日間で小説を書上げなければ、著作物全ての権利を差し押さえられるというせっぱ詰まった状況で、速記者の女性と恋に落ちたとか。
ということは、意外とリアルな話ですね(笑)。

はてさて、映画ですがトレイラーや公式サイトにもあったように展開は全て王道パターン。
そのパターンは次の5つ。
「出会いは突然に」「喧嘩する」「共に何かを成し遂げる」「恋敵を登場させる」「失ってから、気付く」
なるほど、確かにこれだけ揃えたら恋愛小説は書けそうです(笑)。
まあ、それは冗談ですが、映画本編ではアレックスが書いている小説を元に、1924年の架空の島と、小説を書いている現実世界が入れ替わりになって出てきます。
小説の登場人物をお決まりのように、映画における現実の登場人物で構成するという手法。

小説内で登場するケイト・ハドソンの変わり身は見所。
正直なところ、ケイト・ハドソンは際だって美人という女優じゃないんですが、笑った時の表情が凄くかわいい。逆に不機嫌な時の顔は本当にもの凄く不機嫌な顔が出来る人です。
表情が豊かという点ではかなり抜きんでた才能を持っているんじゃないでしょうか。

主人公演じるルーク・ウィルソンは兄のオーウェン・ウィルソンより年上に見えますね。
少し、気が弱そうでいい加減そうな雰囲気がピッタリ。
目の表情に特徴がある良い俳優だと思います。
それにしても、この兄弟はコメディ顔だなぁ・・・。
ソフィー・マルソーについては、さすがに老けちゃったよなと思ったりして。
美人ですけどね。
先にも書いたように、ものすごーくストレートな映画です。
言うなれば物足りない、されど安心して見たい時にはお薦め。
ケイト・ハドソンの笑顔を見るだけでも価値はありますね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2005-06-02 22:25 | 恋愛/青春/スポーツ
<< インファナル・アンフェア 無間笑 下妻物語 >>