トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
デス・プルーフ in グラインドハウス
d0030824_23422968.jpg『DEATH PROOF』 アメリカ/2007
監督・出演:クエンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴーワン
シドニー・ターミア・ポワチエ ゾーイ・ベル マイケル・パークス
メアリー・エリザベス・ウィンステッド ヴァネッサ・フェルリト
ジョーダン・ラッド トレイシー・トムズ


B級映画ばかりを上映していたアメリカの映画館であるグラインドハウス。
そんなB級映画のテイストたっぷりの作品をB級マニアのクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが2本立てで製作。
本作はタランティーノが監督を務めたカーアクション作品になる。
出演は「ポセイドン」のカート・ラッセル、「RENT/レント」のロザリオ・ドーソン、「ブラック・ダリア」のローズ・マッゴーワン、「美しい人」のシドニー・ターミア・ポワチエ、「キル・ビル」でスタントと務めたゾーイ・ベル、「ダイ・ハード4.0」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、テレビドラマ「CSI:ニューヨーク」シリーズのヴァネッサ・フェリルト、「ホステル2」のジョーダン・ラッド、「プラダを着た悪魔」のトレイシー・トムズなど。

<あらすじ>
d0030824_23441046.jpgテキサス州オーステイン。アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)、シャナ(ジョーダン・ラッド)、そして街の人気DJジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)は休日を楽しむために、街へと向かっていた。アーリーンは途中立ち寄った店の前でドクロマークが描かれた黒い車を見かけて不審に思う。その日の夜、バーで楽しんでいると1人の男がやってくる。
スタントマン・マイク(カート・ラッセル)と名乗ったその男は、ジュリアがラジオでアーリーンにd0030824_23442155.jpg仕掛けたお遊びをふっかけ、アーリーンは言葉に乗せられてしまうのだった。
バーでお開きになったあと、マイクは知り合ったパム(ローズ・マッゴーワン)を家に送ることに。
その車はスタント専用のデス・プルーフ(耐死使用)で、ドクロマークの車だったのだ。

<作品解説>
タランティーノといえばB級映画のマニアであることはあまりにも有名で、自らのマニア度を映画にも反映しちゃいます。そんな彼が久しぶりに撮ったのがB級テイストを盛り込んだ本作となり、本来はロドリゲス監督の「プラネット・テラー」と2本立てとなっています。
また、グラインドハウス“仕様”ということでわざとフィルムに傷をいれているんですが、やや中途半端かな。
さて、いかれた設定とスラング、若干エログロのセンスはタランティーノならでは…映画だからやっちゃうぜ!みたいな勢いの内容よりもアクションとどうでもいいガールズトークに終始するという展開。
自ら改造したデス・プルーフ仕様の車で若い女性を殺して快感を得るというヘンタイ的なスタントマン・マイク。この時点でどっかで見たような展開に発展します。
もっともストーリー的なヒネリ云々は無しで、エロ話かアクションかに特化しただけあって、見どころがハッキリしていますね。
一応、スタントマン・マイクのヘンタイ的な展開が前半、後半は時と場所が変わってガールズたちも変更になります。つながりとしてはスタントマン・マイクだけ。
この辺のやっちゃった感もタランティーノならではですね。

<見どころ>
とにかくカースタントと言いたいところですが、ヴァネッサ・フェルリトのエロいダンスシーンは十分な見どころといえます。
そして後半のカーチェイスは文句なし。
ゾーイ・ベル、凄すぎ。

<出演者>
出てくる女優たちは甲乙付けがたいですが、やっぱりゾーイ・ベルでしょ。
「キル・ビル」でユマ・サーマンのスタントをして、本作に抜擢されたということで彼女は本物のスタントマンです。美人というわけじゃないですが、屈託のない感じが良いですね。
ロザリオ・ドーソンやシドニー・ターミア・ポワチエも注目株ですが、メアリー・エリザベス・ウィンステッドがやっぱりかわいい…なので、絡み方が若干残念でした。
カート・ラッセルは何でもできます。ヘンタイ的な役だってこなしちゃう。

<総評>
ぶっちゃけていえばカーアクションは「ファイナル・デッドコースター」の冒頭シーンの方がえぐくてすごい。でもここはあえて下敷きが「バニシング・ポイント」なわけですよ。
パクリ?オマージュ?いやいや、映画でしかできない馬鹿さ加減ってものがわかってるよなぁと。こういう作品あってこそ、名作は名作であり続けられると言えますね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-04-06 23:38 | アクション/アドベンチャー
<< 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ ドルフィンブルー フジ、もうい... >>