トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
イレイザー
d0030824_014374.jpg『ERASER』 アメリカ/1996
監督:チャールズ・ラッセル
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー ジェームズ・カーン
ヴァネッサ・ウィリアムズ ジェームズ・コバーン
ロバート・パストレッリ ジェームズ・クロムウェル ダニー・ヌッチ
アンディ・ロマノ ニック・チンランド


アーノルド・シュワルツネッガーの魅力を爆発させたアクション娯楽作。
監督は「スコーピオン・キング」のチャールズ・ラッセル。
出演は「ドッグヴィル」のジェームズ・カーン、「シャフト」のヴァネッサ・ウィリアムズ、「スノー・ドッグ」のジェームズ・コバーン、「マイケル」のロバート・パストレッリなど。

<あらすじ>
証人保護プログラムにより、証人の過去を消すプロであるクルーガー(アーノルド・シュワルツネッガー)は、マフィアの証人で詐欺師ジョニーC(ロバート・パストレッリ)を危機一髪救いだした。
彼の次の保護対象は防衛兵器会社サイレックスに勤めるリー・カレン(ヴァネッサ・ウィリアムズ)。彼女は、サイレックスが国から隠匿する形で最強の銃レールガンを密造し、どこかへ輸出しようとしている証拠を握るためFBIから依頼され、証拠のディスクを盗み出す。
しかし、サイレックスから抜け出す直前に見つかってしまい、FBIの助けで辛くも逃げ出す。さらに、彼女の家は襲われ、クルーガーは間一髪彼女を救出、彼しか知らない場所へと匿うのだった。
本部に戻った彼に、同僚のドゥゲラン(ジェームズ・カーン)から、保護したはずの証人が次々と殺されていると告げられ、本部に裏切り者がいると言われる。クルーガーとドゥゲランは狙われそうな証人を助け出すために向かうのだが…。

<作品解説>
まさにアクションという感じの作品です。内容はほとんどあってないようなもので、とにかく繰り広げられるアクションの連続。別にイレイザーじゃなくてもええやん!というツッコミはこの際なしににして、B級テイストたっぷりに展開します。
ほぼ無敵のレールガンの登場とシュワちゃんとヴァネッサ・ウィリアムズのみで宣伝していたような気がしますが、これはまあ劇場で見るなら最適の作品に仕上がってますね。
内容二の次でアクションに特化したラッセル監督の判断は見事。ただ、残念なのは「トゥルー・ライズ」ほどにVFXができあがっていなかったところ。
とりあえずかっこよくて派手だったらいーんだよ的な感じですが、爽快な作品です。

<見どころ>
レールガンが撃ちまくられたり、グレネードや爆発が結構見事な感じなんです。
シュワちゃんは相変わらずですが、ジェームズ・カーンのふてぶてしさはまさに見どころです。

<出演者>
とりあえずタフさは相変わらず。怪我をしてもなんのそのなシュワちゃん。
悪役のジェームズ・カーンは見事だし、ジェームズ・コバーンもちょい役ながら良い味だしています。
ヴァネッサ・ウィリアムズはうーん、個人的にはあまり魅力的に映らなかったのは残念。
キレイなんですけどね。
ロバート・パストレッリはかくし味として登場です。

<総評>
要するに、映画っておもしろければ良いのです。
本作はその例にぴったりとはまった娯楽作、どうせなら大画面と大音響で見るのが良いですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-03-24 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< キングダム・オブ・ヘブン さくらん >>