トップ  ログイン

映画紹介 1098本アップ中。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 09月
more...
最新のコメント
>匿名希望さん ご指摘..
by syosei7602 at 02:44
B級映画? C級未満で..
by piyopiyo at 01:35
ニースアニメ映画
by ムービー at 16:14
>るぃなさん はじめま..
by syosei7602 at 01:52
はじめまして♪ 映画好..
by るぃな at 06:43
>鉄骨スープさん この..
by syosei7602 at 01:49
今回は2Dで見てしまった..
by 鉄骨スープ at 12:46
はじめまして。私は、「ブ..
by ブルーレイガイド管理人じん at 03:17
>ハンサム様 コメント..
by syosei7602 at 01:38
>鉄骨スープさん 僕は..
by syosei7602 at 01:14
最新のトラックバック
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
鶴見辰吾 彼女 女
from 最速ニュース
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
『機動警察パトレイバー』..
from 【徒然なるままに・・・】
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
30代ランキング
映画ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by syosei7602
大いなる遺産
『GREAT EXPECTATIONS』 アメリカ/1998
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:イーサン・ホーク  グウィネス・パルトロー ハンク・アザリア
クリス・クーパー アン・バンクロフト ロバート・デ・ニーロ
ジョシュ・モステル ジェームズ・キスナー ラクエル・ボーディン
キム・ディケンズ


公開時コピー
欲望が 運命の 扉を ひらく

チャールズ・ディケンズ原作の同名作品、4度目の映画化。
舞台は80、90年代へと変更されている。
監督は「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン。
出演は「アサルト13 要塞警察」のイーサン・ホーク、「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のグウィネス・パルトロー、「ニュースの天才」のハンク・アザリア、「キングダム/見えざる敵」のクリス・クーパー、「G.I.ジェーン」のアン・バンクロフト、「グッド・シェパード」のロバート・デ・ニーロなど。

<あらすじ>
フロリダの田舎に住む10歳の少年フィンは両親に先立たれ姉と暮らしていた。絵の才能に恵まれ、スケッチに事欠かない。ある日、海に隠れていた脱獄囚(ロバート・デ・ニーロ)を見つけ、成り行きから彼を助ける。
それから程なくして、姉の恋人ジョー(クリス・クーパー)と共に庭整備の仕事して行った大富豪ディンズムア婦人(アン・バンクロフト)の家で、婦人の姪エステラという美しい少女と出会う。ディンズムア婦人はフィンを姪の遊び相手に指名するのだった。さらに姉は出て行ってしまい、姉の代わりにジョーが彼を養っていた。
やがて成長したフィン(イーサン・ホーク)とエステラ(グウィネス・パルトロー)だったが、エステラはある日を境にフィンに何も告げずにヨーロッパの学校へと去ってしまう。ショックを受けたフィンは絵と婦人の元へ行くこともやめ、漁師として生活していた。
それから数年、彼の元にラグノ(ジョシュ・モステル)という弁護士が現れ、匿名の人物からのはからいでニューヨークで画家として個展を開き、成功させてくれるという。
半信半疑だったフィンは、数年ぶりに婦人の元へ訪れて後押しを受けるのだった。

<作品解説>
「クリスマス・キャロル」でも有名なディケンズの代表作です。
元々はイギリスが舞台ですが、本作は舞台を現代のアメリカに移して映像化…原作に忠実という意味では1946年のモノクロ作品ということになります。
さて、本作は主人公フィンが出会った脱獄囚、頭のおかしいディンズムア婦人、そして姪の美しい少女エステラとの関係により、極めて不可思議な人生を送る物語です。
しかし、フィンはエステラをいくら思っても高嶺の花、すべてをあきらめた時にやってきた成功へのチャンス。
上流社会、エステラとの再会、すべてが劇的に描かれていきます。
かなりご都合主義な展開とあまりにもパターンとしてありがちな為に、描き方が若干甘く感じられてしまう。それを補うのが平凡さを失わないフィルを演じたイーサン・ホークと、ミステリアスなエステラを演じたグウィネス・パルトローです。
出演者それぞれがはまっているため、作品としての深みを演技で付けていく…キュアロン監督ならではのカメラワークや、サントラの秀逸さも相まってなかなかの作品に仕上がっています。
映画化は4度目と書きましたが、実はサイレント時代やテレビ版も含めて実に7度も映像化されています。有名なのは本作と1946年版(アカデミー賞3部門受賞)となりますが、99年のテレビ版はシャーロット・ランプリングやヨアン・グリフィスが出ているので気になるところです。

<見どころ>
特にグウィネス・パルトローの官能的なシーン…オールヌードでタバコを吸うシーンなんてかなりエロティック。

<出演者>
イーサン・ホークとグウィネス・パルトローの作品はそれほど見たことないんですが、本作は見事でした。特にイーサン・ホークがなまっちろい感じから漁師になる様は「大人になったぞ!」といった感じが強く出ていて良かった。
グウィネス・パルトローは艶やかな演技が官能的過ぎます。
アン・バンクロフトのいかれた感じや、若干置いてきぼりを食らった感じのあるデ・ニーロは相変わらずインパクト強し。

<総評>
「大いなる遺産」というタイトルが訳として適当なのか微妙ですね。
とはいえ、現代版としてほどよいアレンジを加えた良作なので、押さえておくべき1本といえるでしょう。

<関連作品>
大いなる遺産 (1917)
大いなる遺産 (1934)
大いなる遺産 (1946)
大いなる遺産 (1974/TV版)
大いなる遺産 (1989/TV版)
大いなる遺産 (1998)
大いなる遺産 (1999/TV版)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-03-17 23:10 | ヒューマン/ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syosei7602.exblog.jp/tb/7508700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前 :
URL :
※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。
削除用パスワード 
<< さくらん ロックンロールミシン >>