トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
監督・ばんざい!
d0030824_3191057.jpg『GLORY OF THE FILMMAKER』 日本/2007
監督:北野武
出演:ビートたけし 江守徹 岸本加世子 鈴木杏 吉行和子
宝田明 藤田弓子 内田有紀 木村佳乃 松坂慶子 大杉漣 
寺島進 六平直政 渡辺哲 井手らっきょ モロ師岡 菅田俊
石橋保 蝶野正洋 天山広吉
ナレーション:伊武雅刀

公開時コピー
映画を愛する全人類に捧ぐ
ウルトラ・バラエティ・ムービー


北野武が監督としての自分を一度壊す、という意味合いで自らをフィーチャーした異色作。
同時上映された3分のショートムービー「素晴らしき休日」がDVD版に収録されている。
出演は「俺は、君のためにこそ死ににいく」の江守徹、「HANA-BI」の岸本加世子、「椿三十郎」の鈴木杏、「佐賀のがばいばあちゃん」の吉行和子、「クワイエットルームにようこそ」の内田有紀など。

<あらすじ>
映画監督・北野武(ビートたけし)は「二度とギャング映画を撮らない」と言ったために、これまで撮ったことのない作品を手がけることに。
彼がまず挑戦したのは小津安二郎映画のような日常的な人情劇。しかし、淡々とした作品の中に小津映画に見られた美しさはなかった。
その失敗から離れて、今度は流行の恋愛映画に挑む。
記憶をなくした中年男と美女(内田有紀)とのラブストーリー。しかし、次々と失敗の元が北野監督の作品にオチをつけていく。

<作品解説>
ビートたけしが監督としての自分を語る作品です。
北野武が今まで手がけてこなかった、小津風人情劇、恋愛、流行の30年代が舞台の作品、ホラー、時代劇、SFなどなど。
ぶっちゃけていえば、すべてシュールなコント映画です。前提にあるのは、北野監督がギャング映画以外では失敗するというオチ。
されど短い中に様々なジャンルに挑戦し、名監督や名作へのオマージュなども含めてそれを自らへの皮肉に転ずるあたりは北野武らしいですね。
全体を見れば、北野監督の自慰的な意味合いが強いけれど、シンプルに楽しむための作品です。
そういえば井出らっきょの博士ネタは「究極超人あ~る」のOVA版と被っているような…まさか、って感じだけど。

<見どころ>
なんといっても内田有紀の美しさ。
そして江守徹の馬鹿っぷりはありえないくらいです。
作品としてすごかったのが30年代映画。まさに混沌とした30年代の凄まじさ…北野武が三丁目の夕日を撮ったらかなりバイオレンスだろうなぁ。

<出演者>
ビートたけしは相変わらずな感じです。まあ、この人はうまいって訳じゃなく雰囲気で演じる人です。
そして、内田有紀は色気が出ましたね。久々の映画出演、はっきり言ってこの人見るだけでも価値ありです。
江守徹のはじけ方と井出らっきょのマッドサイエンティストぶりだけで良いかもしんない。

<総評>
まあ、ギャング映画じゃなくてギャグ映画です。
今までの北野作品と期待して見てはダメですが、ギャグやコントとして見るのが一番。
また、「素晴らしき休日」は3分の中に込められたシュールさが見事です。

<関連作品>
素晴らしき休日 (同時上映/DVD特典)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-02-09 23:20 | コメディ/パロディ
<< アメリカン・ギャングスター 時をかける少女 >>