トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
パーフェクト・ワールド
d0030824_573731.jpg『A PERFECT WORLD』 アメリカ/1993
監督・出演:クリント・イーストウッド
出演:ケヴィン・コスナー T・J・ローサー ローラ・ダーン
    キース・ザラバッカ レオ・バーメスター
    ブラッドリー・ウィットフォード ジェニファー・グリフィン



クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーの共演が話題を呼んだヒューマンドラマ。
監督は出演も兼ねたイーストウッド。
出演は「守護神」のケヴィン・コスナー、「母の贈りもの」のT・J・ローサー、「インランド・エンパイア」のローラ・ダーンなど。

<あらすじ>
1963年、テキサス州。アラバマ刑務所からブッチ(ケヴィン・コスナー)と同房のテリー(キース・ザラバッカ)が看守の1人を人質にとって脱獄する。
車を変えるため、2人は夜明け間近の街を物色するが、こともあろうにテリーは早起きをしていたペリー家に押し込んで夫人に乱暴しようとし、苛立ったブッチに殴られる。
しかし、近隣住民に見つかった2人はペリー夫人の8歳の息子フィリップを人質にして逃亡するのだった。
一方、テキサスレンジャーのレッド(クリント・イーストウッド)達は、知事から派遣された犯罪心理学者サリー(ローラ・ダーン)と共に2人の追跡を始める。

<作品解説>
イーストウッド監督作品の中でもニューシネマ的な作りが特徴的な作品。
共にアカデミー賞を獲得しているイーストウッドとケヴィン・コスナーの共演が魅力的なのですが、それ以上にシンプルでわかりやすいストーリーによって感情移入しやすくなっています。
脱獄囚ブッチと人質になった少年フィリップの交流と、それを追うどこかユーモアを漂わせるクールな捜査官レッドの2つのシーンが交互に入れ替わっていきます。
ブッチとフィリップの場面はロードムービーの体裁であり、そしてバディムービーとも言える展開になります。
されど警察側の視点はかなり限られており、基本的には情報が入る、追うの2パターンに集約され、些かおざなりなのが残念。もっともその不足分をユーモアで補っているわけですが…。
さて、本作で重要なのは家族の絆といったもの。
冒頭で連れ去られるフィリップは、アメリカでは一般的なキリスト教の家ではなく、ハロウィーンのなどのイベントは禁止という家庭。それでも不幸せというわけではないのですが、親の都合によって左右されてしまう辛さがあります。
一方ブッチは非行少年から典型的な犯罪者への道に入ってしまった男ですが、彼には彼の倫理観があり、さらに自由に生きてきたという点においてはフィリップの対極に位置するわけです。
人生の辛さを知るブッチと子供ならではの望みをもつフィリップ…2人の描き方が秀逸な作品です。

<見どころ>
中盤、ブッチはフィリップに「車は20世紀のタイムマシン」というくだりがあるのですが、非常に簡潔な人生哲学。
レッド達のユーモアも外せません。
そして切ないラストは言うまでもなく、名場面です。

<出演者>
若干腹がぼてっとしたケヴィン・コスナーが、ブッチを好演。最近まで低迷していましたが、正統派の二枚目俳優としての彼はやはり格好いい。
クリント・イーストウッドは監督をして、さらにレッド捜査官役で助演。カウボーイハットがいつも似合います。
ローラ・ダーンは些か勿体ない役回りで残念。
やはり特筆すべきはフィリップを演じたT・J・ローサーですね。わずか3作ほどしか映画に出ていないのが勿体ない。

<総評>
イーストウッド監督作品の中でも、比較的見やすい作品です。
「ミリオンダラー・ベイビー」「ミスティック・リバー」の様に陰鬱とした感じが少なく、人との関わりをシンプルに意識した傑作と言えるでしょう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-01-25 23:44 | ヒューマン/ドラマ
<< エイリアン エイリアンVS. プレデター >>