トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
スリー・リバーズ
d0030824_1783219.jpg『STRIKING DISTANCE』 アメリカ/1993
監督:ローディー・ヘリントン
出演:ブルース・ウィリス サラ・ジェシカ・パーカー デニス・ファリナ
    トム・サイズモア ブライオン・ジェームズ ロバート・パストレッリ
    ティモシー・バスフィールド ジョン・マホーニー  トム・アトキンス



「コンフェッション」のローディー・ヘリントン監督によるサスペンス。
出演は「ダイ・ハード4.0」のブルース・ウィリス、「マーズ・アタック!」のサラ・ジェシカ・パーカー、「スナッチ」のデニス・ファリナ、「沈黙のテロリスト」のトム・サイズモア、「ブレードランナー」のブライオン・ジェームズなど。

<あらすじ>
ピッツバーグ警察殺人課の刑事トム(ブルース・ウィリス)は、5代続いた警察官の家系。
父親のヴィンス(ジョン・マホーニー)は殺人課主任、叔父ニック(デニス・ファリナ)とその息子ダニー(トム・サイズモア)、ジミー(ロバート・パストレリ)も刑事だった。
1991年、若い女性を狙った連続猟奇殺人事件が発生、ヴィンスは犯人とおぼしき人物を追跡中に銃撃され命を落としてしまう。
その数日後に容疑者が逮捕されるが、トムは犯人が別にいてそれは警察関係者だとマスコミに話してしまう。さらにジミーは暴力的な尋問で告発され、トムの証言によって有罪となってしまい、橋から飛び降り自殺をする。さらにショックを受けたダニーは何処かへと去る。
ニックに責められたトムは刑事の職を追われ、河岸警備隊員へと左遷させられる。
数年後、パトロール中のトムは若い女性の惨殺死体を発見し、再び猟奇殺人が始まるのだった。

<作品解説>
この頃のブルース・ウィリスといえば、はみ出し者、アル中という役柄ばかりがあてられていますが、本作は例に漏れずそのパターンにはまってます。
作品自体は非常に地味というか…特に大きな謎というものがなく、人間関係に焦点をあてられた流れになっています。
少々のアクションで、タフガイなブルース・ウィリスという側面は消えているものの、いまいち見どころに欠けてしまい、もう少し掘り下げた人間関係が描かれていれば良かった。都会ではない地方の警察署という意味合いが家族・縁戚間だけで語られていることと、もう1人くらい協力者が登場していれば面白さが変った気もします。
とはいえ、ブルース・ウィリスの雰囲気がいつもと違っている珍しい作品で、アクションかコメディかという二極化されがちなパターンを払拭していますね。
共演のサラ・ジェシカ・パーカーはテレビシリーズ「SEX and the CITY」の主演をしていた人気女優ですが、本作での魅力はいまひとつでした。

<見どころ>
クライマックスかな、と。
それ以外はあまりないですね。

<出演者>
細いころのブルース・ウィリスはなんか違う?ような…。今が一番いいオヤジって感じがします。
若い頃はそれほど魅力的でもないんですね。
ヒロインのサラ・ジェシカ・パーカーは細い女優です。先にも書いたようにちょっと物足りなかったのは演出のせいか。
脇を固める俳優陣はブライオン・ジェームズが強烈な印象が残したくらいでした。

<総評>
可もなく不可もなし。こぢんまりとまとまりすぎた感じが否めません。
サスペンスとしての出来を期待すると残念ですが、軽く見られるサスペンスとしては及第点。
ブルース・ウィリスが猫を飼っている役というのは珍しいくらいですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2008-01-12 17:08 | ミステリ/サスペンス
<< スタンド・バイ・ミー 宇宙戦艦ヤマト >>