トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
蟲師
d0030824_0494322.jpg『蟲師』 日本/2007
監督:大友克洋
出演:オダギリジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりィ
    李麗仙 クノ真季子 守山玲愛  稲田英幸 沼田爆




公開時コピー
蟲(むし)を感じたら
お知らせください。


漆原友紀の同名コミックを「AKIRA」「スチーム・ボーイ」の監督・大友克洋が実写化。
出演は「ゆれる」のオダギリジョー、「ピストルオペラ」の江角マキコ、「ミッドナイト・イーグル」の大森南朋、「ハチミツとクローバー」の蒼井優など。

<あらすじ>
100年前の日本。わずかな人々しか見ることのできない“蟲”が存在し、それは不可思議な現象を引き起こしたり、人に取憑いたりしていた。
蟲に取憑かれた人々を癒す蟲師と呼ばれる者たちは日本各地を旅している。
その1人、ギンコ(オダギリジョー)はある雪山で一夜の宿を借りる。そこで彼は庄屋の夫人(りりィ)から、片耳の聞えなくなった村人達の治療を依頼される。
それが蟲の仕業と見たギンコは、すぐに彼らを治すが夫人はさらにもう1人治して貰いたい者がいると言う。
それは夫人の孫娘(守山玲愛)で、頭の中に音が鳴り響き、額には4本の角が生えていた。

<作品解説>
ちょっと不思議なファンタジーミステリーとも言うべきコミックの映像化。
すでにアニメ化がなされており、こちらの方はほぼ完璧に近いほど原作通りだそうです。
実写化にあたっては原作のいくつかのエピソードとキャラクターを登場させ、時代設定が100年前と固定されています。
さて、本作は久々の大友作品ということで話題になったのですが、実写であることと落ち着いた作品なので大友作品の特徴があまり見られなかったのは残念。
されど、淡々と進む割りにはそれほど退屈はしません。
自然の風景を大きく壮大に映し出した映像は見事、どこか幽玄ともいえる雰囲気が全体に漂って美しいのです。
が、なんというか…100年前という固定のせいなのか、まあ意図的だとは思うのだけど山中の映像がどうも人工的な味付けが残っていて、ちょっとこう…ニュアンスとして違うんですよね。
イマイチ乗り切れない雰囲気があるのです。
こればっかりは個人的な感想なので、何ともうまく説明できませんが…。
蟲のCGなどはなかなか自然で、変に凝った部分などもないし使い方としてはうまい。ただし、先に述べたようにいつものような大友作品にこれあり!といった特徴は見られず。
全体的にもう少し短くても良かった気がします。

<見どころ>
蟲の映像だとか、風景ってところでしょうか。

<出演者>
オダギリジョー、蒼井優はやはり上手い。
それに加えて大森南朋のうまさが光っています。
江角マキコが少々芝居がかりすぎたイメージかな。

<総評>
個人的には嫌いじゃないんですが、なんだか結局テーマを絞り切れていない感じですね。
原作のファンにはわかるよね?みたいな問いかけ的な終わり方も悪くはないけど、知らない人が見たら「?」が出て終わりでしょう。
あくまでも原作の雰囲気重視な作品かと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-12-24 23:58 | SF/ファンタジー/パニック
<< 初恋のきた道 キンダカートン・コップ >>