トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
d0030824_2303880.jpg『NATIONAL TREASURE: BOOK OF SECRETS』
アメリカ/2007
監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ ジョン・ヴォイト ハーヴェイ・カイテル
    エド・ハリス ダイアン・クルーガー ジャスティン・バーサ
    ブルース・グリーンウッド ヘレン・ミレン


公開時コピー
すべての謎は「禁断の暗号」を解く鍵。

大ヒットしたアドベンチャームービーの第2弾。
監督は前作に引き続き、「クール・ランニング」のジョン・タートルトーブ。
出演は引き続き「ゴースト・ライダー」のニコラス・ケイジ、「トランスフォーマー」のジョン・ヴォイト、「レッド・ドラゴン」のハーヴェイ・カイテル、「トロイ」のダイアン・クルーガー、「恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~」のジャスティン・パーサ、「敬愛なるベートーヴェン」のエド・ハリス、「南極物語」(2006)のブルース・グリーンウッド、「クイーン」のヘレン・ミレンなど。

<あらすじ>
財宝発見者として名を馳せたベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は、リンカーン暗殺にまつわる曾祖父トーマス・ゲイツの講演を終えた直後、ウィルキンソン(エド・ハリス)という男からリンカーン暗殺者が書いたとされる日記の消失した部分を見せられる。そこには曾祖父が暗殺の首謀者だったという記述があり、汚名を着せられる。
名誉挽回の為、ベンは父親パトリック(ジョン・ヴォイト)とハッカーのライリー(ジャスティン・パーサ)達と共に調査を開始する。さらにベンはケンカで別居中の恋人アビゲイル(ダイアン・クルーガー)が勤める国立博物館で日記を調べるために、彼女の家に忍び込みIDカードを盗み出そうとするが、デートから帰ってきた彼女にあえなく見つかってしまう。
日記を調べることにした3人は、日記に書かれていた暗号を見つける。

<作品解説>
主に大都市を舞台にした宝探しという、視点がおもしろい作品です。
今回はリンカーン暗殺事件に絡み、大統領暗殺犯の子孫という汚名をすすぐために調査を開始します。その過程でリンカーン暗殺者の日記に記されていた伝説の宝を探すことに。
主人公ベン達はパリ、ロンドン、そしてワシントンを飛び回り、彼らが見つけ出した暗号を狙ってウィルキンソン達が後を追います。
非常にスピーディーでわかりやすく、そしてカーチェイスをはじめとしたアクションもあり、歴史的なオモシロさもありと、飽きさせないですね。
ただ、わかりやすさが中心となるため、謎はかなりシンプル。
ミステリー好きには少々物足りないのは致し方ないところ…ですが、小学生くらいの子でもわかるという部分に、割り切りの良さを感じます。
さて、本作は純粋なアドベンチャー作品ながら、家族、友人、恋人が協力しあうところが面白さの1つ。インディ・ジョーンズみたいな一匹オオカミといったハードボイルドな面よりも、人との繋がりを重視し、足りない部分を補うことで一つずつ謎が解けていく。
「ハムナプトラ」もどちらかというと、家族要素が強いですが、あちらは完全にファンタジックなアドベンチャーなのに対して、本作はファンタジー要素を持ちつつも「歴史」という現実的な部分をうまくアレンジしているのが楽しいのです。
これは次作も期待ですね。

<見どころ>
ロンドンのカーチェイス、謎を解いていく過程とちょっとしたユーモアが実にうまく絡んできます。
それほど派手ではないものの、ツボを押えてます。

<出演者>
固定イメージが嫌いなニコラス・ケイジが出演を快諾したというのだから、彼の熱演は勿論のこと、ジョン・ヴォイト、ハーヴェイ・カイテル、ヘレン・ミレンと名優勢揃い。
相変わらず美しいダイアン・クルーガー、ムードメーカーとなるジャスティン・バーサ、大統領役のブルース・グリーンウッド、そして本作のライバルを演じるエド・ハリスなど、出演陣は豪華。
少ないキャストながらも魅せてくれる展開と演技から、作品の楽しさが伝わってきます。

<総評>
些か説明不足の面もありますが、アドベンチャーの楽しさが凝縮された作品です。
来年には「インディ・ジョーンズ」の4作目も登場、上質なアドベンチャーとして久しぶりに続編が楽しみになりそうです。

<関連作品>
ナショナル・トレジャー (1作目)
ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 (2作目)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-12-22 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< キンダカートン・コップ GOAL!2 >>