トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
自虐の詩
d0030824_244021.jpg『自虐の詩』 日本/2007
監督:堤幸彦
出演:中谷美紀 阿部寛 遠藤憲一 カルーセル麻紀 ミスターちん
    金児憲史 蛭子能収 島田洋八 松尾スズキ 岡珠希
    丸岡知恵 Mr.オクレ 竜雷太 名取裕子 西田敏行



公開時コピー
伝説の4コマ漫画映画化!
笑いあり、涙ありの怒涛のエンターテインメント!


業田良家の同名4コマコミックの映画化。
監督は「トリック」シリーズの堤幸彦。
出演は「嫌われ松子の一生」の中谷美紀、「大帝の剣」の阿部寛、遠藤憲一、「苺の破片(イチゴノカケラ)」のカルーセル麻紀、「憑神(つきがみ)」の西田敏行など。
主題歌は安藤裕子。

<あらすじ>
宮城県・気仙沼で新聞配達をしている中学生・森田幸江(岡珠希)。ある日、父親(西田敏行)が銀行強盗をして捕まってしまい、小さな幸せしか堪能できない幸江は不幸のどん底に落とされてしまう。
時は経ち、大阪ミナミ。
通天閣を見上げる下町に住む幸江(中谷美紀)は、ボロアパートに元ヤクザで内縁の夫・イサオ(阿部寛)と共に暮らしていた。イサオは気に入らないことがあるとちゃぶ台をひっくり返す乱暴者な上に、働きもせず日がな一日競馬やパチンコに明け暮れ、時にはケンカをして警察に厄介になっている。
それでも一緒にいるだけで幸せ、という幸江は働き先の食堂あさひ屋のマスター(遠藤憲一)から再三言い寄られても軽く流していた。
そんなある日、彼女の前に出所した父親が現れるのだった。

<作品解説>
4コママンガの実写という非常にめずらしい作品です。
母親に幼い頃に見捨てられ、父親は警察に逮捕されてしまった貧乏な中学生・幸江。幸せを求めて都会に出てきて知り合い、一緒に暮らしているのが元ヤクザのイサオ。
それでも幸せを感じている彼女は、イサオの為に粉骨砕身に働いています。
本作ではなぜ彼女がイサオと一緒にいるのかという理由が語られ、自らの生き方が気仙沼、大阪、東京が舞台になります。
ところどころに差し挟まれるユーモアは監督ならでは…と同時に真っ向勝負の人情&恋愛の物語は意外な気もしました。
さて、この真っ向勝負が実に功を奏していて、主人公幸江が感じる「小さな幸せ」が見事に描かれていきます。大したことじゃないんですよね、実際。
イサオが「弁当、明日から働く」とボソボソというだけで幸せ絶頂という有様。
人生を他人と比べられるわけじゃない、自分には自分の幸せと生き方があり、それが例えどこかしらで自分にとって弊害を生むとしても…これこそ自虐なわけです。
ベタな人情劇で、ベタに感動してしまいました。

<見どころ>
何かというとちゃぶ台をひっくり返すイサオ(食費がねぇ…)。
なんとなく魅力的なアクションに見えちゃうから不思議(笑)
電車のシーンが2つほどありますが、これがとても良いです。

<出演者>
「嫌われ松子の一生」「7月24日通りのクリスマス」と、クセのある役柄が多くなった中谷美紀。
個人的にはそろそろこういう役柄を脱して、正統派を演じて欲しいですね。
多分、次になると「またかよ」と言われるかと思います…うまいんだけど。
イサオを演じた阿部寛、パンチパーマで寡黙な役どころですが、カッと見開いた目が見事。
幸江に言い寄る食堂のマスターは遠藤憲一は名脇役ですよ。なんでもやっちゃうなぁ。
カルーセル麻紀、西田敏行も好演しています。

<総評>
作品レベルが意外なほどに高かったのには驚きました。
正直、それほど期待していなかったんですが、ストレートに楽しめる作品です。
なお、エンドロールが終わってもまだちょい続きますので、ご注意を。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-12-19 23:54 | 恋愛/青春/スポーツ
<< GOAL!2 ALWAYS 三丁目の夕日 >>