トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
グレムリン
d0030824_022170.jpg『GREMLINS』 アメリカ/1984
監督:ジョー・ダンテ
出演:ザック・ギャリガン フィービー・ケイツ ホイト・アクストン
    フランシス・リー・マッケイン ポリー・ホリデイ グリン・ターマン
    ディック・ミラー ケイ・ルーク スコット・ブラディ



かわいらしい姿から醜悪な姿に変身するモンスターが暴れ回るパニックファンタジー。
監督は「スモール・ソルジャーズ」のジョー・ダンテ。
出演は「ライジング・ストーム」のザック・ギャリガン、「再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ」のフィービー・ケイツ、「初恋物語」のホイト・アクストン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のフランシス・リー・マッケインなど。

<あらすじ>
クリスマス間近、発明家のランド・ペルツァー(ホイト・アクストン)は息子へのクリスマスプレゼントを探し、チャイナタウンで不思議な生き物を見つける。
その生き物モグワイを譲って貰おうと持ち主の古物商の老主人に交渉して、にべもなく断られてしまうが、老主人の孫がこっそりとモグワイを持ち出し、ランドに売るのだった。
キングトン・フォールズに戻ったランドは、息子のビリー(ザック・ギャリガン)と妻のリン(フランシス・L・マッケイン)にモグワイを見せる。
不思議な生き物モグワイに魅せられたビリーはギズモと名付ける。そんな彼に、ランドは3つの約束事を言う。
1.水に濡らしてはいけない、2.太陽にあててはいけない、3.夜中12時過ぎに食べ物を与えてはいけない。
しかし、ビリーが近所に住むピート少年(コリー・フェルドマン)にモグワイを見せると、ピートはうっかり水をかけてしまう。
すると、モグワイの体から毛玉が5つ飛びだし、あたらしいモグワイが誕生するのだった。

<作品解説>
公開当時、高い特撮映像技術で話題になり、続編も作られました。
ジャンルとしてはコメディになるんですが、どちらかというとブラックでグロテスクなネタが多く、ホラーに近いといえるでしょう。
かわいい(といっても微妙な…)モグワイ、それなりの知性を備え、3つの約束事を守って育てればそれほど手間のかからないけれど、禁を破るととんでもないことになる不思議な生き物。
さて、本作はそんな生物がふとしたキッカケで醜悪なモンスターに変身し、田舎町に混乱と恐怖(ついでに殺戮)を引き起こします。
変身するのはモグワイから生まれ出た新しい連中で、水をかけるだけで分身するためにあっというまに増殖します。その割りには太陽に弱かったり、個体のパワーはそれほどありません。
タイトルのグレムリンは、戦争中などで戦闘機などの機械に不具合を起こす原因とされるイタズラ妖精の事ですが、本作のグレムリンはイタズラの度を超しています。
この作品のすごいところは善人だろうが、悪人だろうがとにかく生死に関わるようなイタズラをされてしまうこと。
ほとんど救いのない状況に陥った挙げ句、町は壊滅状態。
この時点でストーリーが崩壊する勢いですが、なんとか収まっちゃう不思議な作品です。

<見どころ>
モグワイからグレムリンへと変身した5匹が真っ先にイタズラを仕掛けようとします。
対抗するのはビリーの母親。
何がすごいって、この母親はある意味最強。

<出演者>
本シリーズ以外に特に代表作がないザック・ギャリガンは、ヒロインを演じたフィービー・ケイツと共に6年後に制作された続編にも出演。
ホイト・アクストンは半端な発明家の父親を好演。残念ながら99年に逝去してしまいました。
そして母親役のフランシス・リー・マッケインは何よりも印象深いです。

<総評>
とにかく作品としては序盤がファンタジーでも後半はグロテスク。
当時としてはすごいなぁと思うんだけど、CGよりも実体のある人形を使って動かしている分だけエグさがありますね。
まあ、クリスマス映画には不向きな作品です。

<関連作品>
グレムリン
グレムリン2/新・種・誕・生

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-11-27 23:14 | SF/ファンタジー/パニック
<< 親指さがし ボーン・アルティメイタム >>