トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ラストキング・オブ・スコットランド
d0030824_1505480.jpg『THE LAST KING OF SCOTLAND』 アメリカ・イギリス/2006
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:フォレスト・ウィッテカー ジェームズ・マカヴォイ
    ケリー・ワシントン ジリアン・アンダーソン
    サイモン・マクバーニー デヴィッド・オイェロウォ
受賞:アカデミー賞/主演男優賞(2006)
    ゴールデン・グローブ賞/男優賞(2006) 他

公開時コピー
何よりも恐ろしいのは、人間の本性

1970年代にアフリカのウガンダで独裁政治を行ない、「人食い大統領」と呼ばれたアミン大統領の政治的・思想的展開を客観的視点から描いたノンフィクションベース作品。
原作はジャイルズ・フォーデンの「スコットランドの黒い王様」。
監督は「運命を分けたザイル」のケヴィン・マクドナルド。
出演は「ゴースト・ドッグ」のフォレスト・ウィッテカー、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のジェームズ・マカヴォイ、「ファンタスティック・フォー」シリーズのケリー・ワシントン、「X-ファイル」シリーズのジリアン・アンダーソンなど。

<あらすじ>
1970年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、医者不足のウガンダへとやってくる。ちょうど同時期、軍のアミン将軍(フォレスト・ウィッテカー)がクーデターによりオボテ政権を倒し、大統領となっていた。
村での医療行為にそれなりの充実感を得ていたニコラス。ある日、大統領が彼のいる村へと演説のためにやってくる。興味本位から演説を聴いたニコラスは、その帰り、大統領が怪我をしたと言われ、治療を施す。
ニコラスはアミンにスコットランド人であることを気に入られ、彼の主治医へと抜擢される。
そしていつの間にか、彼は顧問へと出世していくのだったが…。

<作品解説>
ウガンダで大統領就任中に30万人を虐殺したと言われるアミン大統領。彼のあだ名が「人食い」…もっとも、アミン大統領自身がカニバリズムという事実は無く、これは海外メディアが付けたものです。
アミン大統領という人は、アドルフ・ヒトラーを尊敬し、その方向性は人種差別ではなく種族差別でした。常に暗殺の恐怖に怯え、カリスマ性は高かったものの、政治的な能力は低く、劇中でも語られるように「暴力には暴力を」という思想が根底に流れています。
さて、本作はそのアミン大統領が狂気に走っていく様を、架空のスコットランド人医師ニコラスの目を通して描かれます。
どちらかというと軽い冒険心でやってきたニコラス、偶然からアミンの主治医となり医療システムの構築を任され、さらにはブレインとして意見を求められるようになります。
期待され、信頼されると疑いを持たないのが人間の性、ニコラスもその例に漏れずアミンの独裁政治に気が付かず、周囲の不条理な揶揄でしかないと一笑に伏してしまいます。
ここで本作の見方を大きく分けるとすると、アミンとニコラスは権力者側、観客は民衆側に位置し、観客は2人の登場人物の愚かさを知ることになります。
それと同時にニコラスは浮動する立場であるので、本作の根底にあるテーマがずしりと重みを増すわけですね。
序盤の陽気さとうって変わる終盤の悲惨さ、非常に残酷な映画です。

<見どころ>
アミンを演じるフォレスト・ウィッテカーの演説は、カリスマを発揮する名シーンです。
そして、彼が直接手を下さない卑怯さが描かれるのもなかなかの展開。

<出演者>
いぶし銀の俳優ともいえるフォレスト・ウィッテカー。
陽気で大胆な男かと思えば、暗殺に怯える情けない一面まで表情豊かに演じています。
ニコラスを演じるジェームズ・マカヴォイは、序盤は脳天気な感じなんですが、徐々に化けていく。この人は文句なしに上手かったですね。
助演男優賞を貰っても良かったんじゃないかなぁ。
ジリアン・アンダーソンは「X-ファイル」のイメージしかなかったので、最初はわかりませんでした。かなりやせた感じです。

<総評>
アミン大統領は結局、70歳くらいまで生きて(出生年がハッキリしない)亡命先のサウジアラビアで死去しました。30万人を殺しながらも、生き延びた彼の失敗は結局、軍という力を持っていたために、「力があれば」の一点で政治を行なったところにあります。
終始、軍服を着続けた本作はその象徴ともいえるでしょう。

<関連作品>
食人大統領アミン

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-11-19 23:59 | ノンフィクションベース
<< マッチスティック・メン ブレードランナー ファイナルカット >>