トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
バッテリー
d0030824_21511320.jpg『バッテリー』 日本/2007
監督:滝田洋二郎
出演:林遣都 山田健太 鎗田晟裕 蓮佛美沙子 萩原聖人
    上原美佐  濱田マリ 米谷真一 太賀 山田辰夫
    塩見三省 岸部一徳 天海祐希 岸谷五朗  菅原文太



公開時コピー
いまだからこそ、できることがある。

あさのあつこの同名ベストセラー小説の映画化。
監督は「陰陽師 ~おんみょうじ~」の滝田洋二郎。
出演は新人の林遣都、鎗田晟裕、テレビドラマ「大奥」の山田健太、「転校生 -さよなら あなた-」の蓮佛美沙子、「アキハバラ@DEEP」の萩原聖人、「サウスバウンド」の天海祐希、「龍が如く 劇場版」の岸谷五朗、「妖怪大戦争」の菅原文太など。
主題歌は熊木杏里。

<あらすじ>
中学校入学を前に、父親・広(岸谷五朗)の転勤により祖父・井岡洋三(菅原文太)の住む岡山に一家で引っ越してきた原田巧(林遣都)。巧は類い希なる野球センスと自信を持つピッチャーだったが、それ故に常に孤独感を抱いていた。
母親の真紀子(天海祐希)は、体の弱い弟・青波(鎗田晟裕)を構い、そんな弟に野球を見せつける巧とは距離が空いている。
引越早々、ランニングに出た巧は、神社で地元の少年野球チームでキャッチャーの永倉豪(山田健太)と出会う。豪は、大会で巧を見て以来その才能に惚れ込んでおり、キャッチャーを申し出る。以前のキャッチャーが半年かかった巧の捕球をたった5球でこなした豪。
そして2人はバッテリーを組むことになる。
中学生活が始まるが、巧はその寡黙さから早々にトラブルを起こす。

<作品解説>
今なお売れているベストセラー小説の映画化です。
タイトルの通り、主人公・巧とその友人でありバッテリーを組む豪との物語を基盤にして、人間関係が描かれる作品になります。
生まれつき病弱で、少し運動しただけでも熱を出す弟・青波。兄を尊敬し、野球が好きだけどそれもままならない…そんな弟の前で孤独に野球を続ける巧と、それを良く思わない母親など…パターンとしては典型的な感じも受けるんですが、本作は巧の孤独感が前面に押し出されています。豪と青波は、独りよがりに見える巧の理解者となって、少しずつ彼の心を溶かしていきます。
さて、本作の撮影シーンは岡山で撮影されており、美しい街並みが余すところ無く映し出されています。また、投球シーンの合成なども違和感はなく、全体的に見ても非常にレベルが高い。
それ故にもう少し突き詰めた部分が欲しかったのも確かなところですね。

<見どころ>
作品全体が非常に爽やか、キャスティングもなかなか良く、安易なスポ根ものに走っていないため、割と気軽に見られます。
一番の見どころはやっぱり勝負シーンですね。

<出演者>
若干ハーフっぽい林遣都はクールな雰囲気が抜群、演技力も新人にしてはかなり高い。
山田健太は屈託のない笑顔が印象的です。
なぜか浮いてみえたのが天海祐希…なんだろう、ちょっと違うんだよなぁ。
岸谷五朗と菅原文太は相変わらずです。

感動するかというと、なんとなく微妙。
話しとしては良いんだけど、なんか物足りなさを感じたなぁ。
あ、「タッチ」よりは全然良いですけどね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-10-28 20:54 | 恋愛/青春/スポーツ
<< あなたになら言える秘密のこと ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ >>