トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ジュマンジ
d0030824_1374764.jpg『JUMANJI』 アメリカ/1996
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ロビン・ウィリアムズ ジョナサン・ハイド キルステン・ダンスト
    ブラッドリー・ピアース ボニー・ハント ベベ・ニューワース
    デヴィッド・アラン・グリア アダム・ハン=バード



公開当時、高いVFX技術が評判となったファンタジー・アドベンチャー。
クリス・ヴァン・オールズバーグの同名作品が原作。
監督は「ジュラシック・パーク III」のジョー・ジョンストン。
出演は「ナイトミュージアム」のロビン・ウィリアムズ、 「アナコンダ」のジョナサン・ハイド、「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト、「ボロワーズ/床下の小さな住人たち」のブラッドリー・ピアース、「グリーンマイル」のボニー・ハントなど。

<あらすじ>
1869年、2人の少年が深夜の森にある木箱を埋める。
それから100年後の1969年、靴製造を営むパリッシュ家の息子アラン(アダム・ハン=バード)は、いじめにあって父親(ジョナサン・ハイド)に勇気がないと叱られていた。
1人家に帰ろうとした彼はどこからか聞こえてくる太鼓の音を辿り、工場拡張の現場から木箱を見つける。その中に入っていたのはジュマンジというボードゲームだった。
家に帰ったアラン、しかし父親とケンカをしてしまい家でをしようとするが、そこに女友達のサラ(ローラ・ベル・バンディ)がやってきて、2人はジュマンジを始める。しかし、ジュマンジはサイコロの目で出た出来事が本当に起きてしまうゲームだったのだ。
アランはジュマンジの中に吸い込まれてしまい、現れたコウモリに驚いたサラは飛び出してしまう。
26年後、パリッシュ一家が住んでいた屋敷が格安で売りに出され、両親を亡くしたジュディ(キルスティン・ダンスト)とピーター(ブラッドリー・ピアース)の姉弟とその伯母ノーラ(ベベ・ニューワース)が住むことになる。
ある日、姉弟は屋根裏から聞こえてくる太鼓の音を頼りに、ジュマンジを見つけゲームを始めてしまう。

<作品解説>
96年当時にリアルなCG技術が駆使された事でも話題になった作品です。
ファンタジー作品ではあるんですが、冒頭とクライマックスの作りがしっかりしているため、中盤が気兼ねなく楽しめます。
ジュマンジの中から飛び出してくる巨大な蚊やライオン、猿、象などが現実の街で暴れ回ります。ゲームのルールとしては最後までやり遂げること。
プレイヤーが何度も危険にさらされるという物騒なゲームではあるんですが、悪意的ではないのがミソです。
ゲームをするのはプレイヤーという当たり前の基本があり、如何にして困難に立ち向かうかという能力や勇気が試されます。それを考えるとこのジュマンジは、勇気と知恵を試すテストみたいなものと言えるでしょう。
さて、主演はロビン・ウィリアムズですが、注目なのはキルステン・ダンスト。
当時14歳!こんな時から出てたんだなぁと…ロビン・ウィリアムズが今でもほとんど変わっていないのも驚きですけどね。
なお本作は原作者のクリス・ヴァン・オールズバーグが「ザスーラ」を続編として書上げ、映画化されています。

<見どころ>
動物たちが全てCGです。
今となっては驚きもないですが、約10年前の作品として考えると驚異的。
CGではないクモだけが残念でした。

<出演者>
芸達者なロビン・ウィリアムズ、ロボットになろうがターザンになろうが、良い先生だろうが何でもこなしちゃいますね。本作は意外と普通。
当時子役のキルステン・ダンストは、かなりかわいらしさがあるものの「スパイダーマン」のイメージが強いとワガママっぽい気がしてしまう(笑)。
ブラッドリー・ピアースはなかなかの好演を見せるものの、出演作品が本作を含めて2つのみ…残念。
ジョナサン・ハイドが2役で登場。怪演してます。

全体を通して、なかなかのドキドキ感があります。
「ナイトミュージアム」っぽくもあるし、安心して見られる作品。
些か当たり前すぎるラストですが、まあこれもよしってところです。

<関連作品>
続編
ザスーラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-10-16 23:15 | SF/ファンタジー/パニック
<< レジェンド・オブ・ゾロ 犬神家の一族 >>