トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ロッキー
d0030824_1221472.jpg『ROCKY』 アメリカ/1975
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
出演:シルヴェスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング
    カール・ウェザース バージェス・メレディス  ジョー・スピネル
    セイヤー・デヴィッド ジミー・ガンビナ ビル・ボールドウィン
受賞:アカデミー賞/作品賞・監督賞・編集賞(1976)
    NY批評家協会賞/助演女優賞(1976) 他多数

公開時コピー
15ラウンドを闘いぬくことに、ロッキーは永遠の愛をかけた…

「ランボー」シリーズと共に、シルベスター・スタローンをスターダムに押し上げた出世作。
監督は「ベスト・キッド」のジョン・G・アヴィルドセン。
出演は「ゴッドファーザー」のタリア・シャイア、「合衆国最後の日」のバート・ヤング、「プレデター」のカール・ウェザース、「タイタンの戦い」のバージェス・メレディス。
なお主要キャストは「ロッキー5/最後のドラマ」まで引き継がれている(「ロッキー・ザ・ファイナル」まで出演したのはバート・ヤング)。

<あらすじ>
1975年、フィラデルフィア。イタリア系の人々が住む街のヘビー級の三流ボクサー、ロッキー(シルベスター・スタローン)は試合と高利貸しの集金人をして身銭を稼ぐその日暮らし。
ペットショップの店員で友人ポーリー(バート・ヤング)の妹エイドリアン(タリア・シャイア)にアプローチするも、内気な彼女はいつも何も言わない。
その頃、フィラデルフィアに世界ヘビー級チャンピオンで無敵のボクサー、アポロ(カール・ウェザース)がやってくる。
1月1日の試合のためだったが、対戦相手が拳を痛めて試合が出来なくなってしまう。
広告費に大金をかけ、なんとしても試合をしたいアポロ。
彼は無名のボクサーを逆指名して、アメリカンドリームを銘打った試合にすることを提案。
そして、対戦相手にロッキーが選ばれるのだった。

<作品解説>
スタローンといえば本作が最も有名な代表作にして、出世作になります。
モハメド・アリと無名ボクサーの対戦を見て、わずか3日間で脚本を書上げ、低予算で製作されました。
結果的に大ヒットを記録し、アカデミー賞を受賞…以後、5作の続編が作られます。
さて、本作は試合のシーンがクローズアップされがちですが、中盤まではロッキーが小銭を稼いだり、近所の子供に説教をしたり、エイドリアンとデートしたりと淡々とした日常が描かれます。そこへ転がり込んでくるのがチャンピオンとの1戦。
30歳前後のロッキーは、ボクサー冥利に尽きるこの1戦に賭けます。
何気なく過ごしていた堕落寸前の日々に別れを告げ、トレーニングを始める…スポ根ものの王道パターンに向かうわけですが、彼は何のために戦うのかは実は描かれていない。
エイドリアンの為でもなく、自分自身の為でもない。
劇中でも語られるように、彼はボクシングしかないから…この最もシンプルな理由が本作の醍醐味です。

<見どころ>
タリア・シャイア演じるエイドリアンとのラブシーンが秀逸。半ば強引ともいえるのに、この時の表情が実に良い名シーン。
また、ボクシングジムの老トレーナー・ミッキーとのやりとりは本作のキモです。
そして、クライマックスの試合は手に汗握りますね。

<出演者>
当時は犬の餌代にも困っていたというスタローン(劇中の犬は、彼の飼い犬)。
別の映画のオーディションに落ちた際に、脚本を見せて映画化に至ったそうです。まさしくアメリカンドリームの尻尾を掴んだ瞬間ですね。
エイドリアンを演じるタリア・シャイアは、最初メガネをかけていて表情がよく分からないけれど、あのラブシーンで外した瞬間から物語りが動き始めます。これってすごい!
唯一全ての作品に出ているバート・ヤング、悪友とも言うべきポーリーを好演。
トレーナー・ミッキー役のバージェス・メレディスは既に故人となりましたが、ロッキーとのケンカで切ない顔をする瞬間はなんともいえない。
そして4作目まで出演するアポロ役のカール・ウェザース、見事。

何気ない生活を描き、突然舞い込むチャンス。
ロッキーという男の人生が変わる瞬間ですが、人生の転機を極力絞って描かれたストーリーは良く練られています。
クライマックス最高潮の瞬間に終わるエンディングは今じゃあまり考えられないですね。
本当はもう少し長かったそうですが、本作に「これ以上」はいらないでしょう。

<関連作品>
ロッキー
ロッキー2 (2作目)
ロッキー3 (3作目)
ロッキー4/炎の友情 (4作目)
ロッキー5/最後のドラマ (5作目)
ロッキー・ザ・ファイナル (6作目/完結編)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-10-09 23:54 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 未来世紀ブラジル 銀河ヒッチハイクガイド >>