トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
シュガー&スパイス 風味絶佳
d0030824_224146.jpg『SUGAR&SPICE』 日本/2006
監督:中江功
出演:柳楽優弥 沢尻エリカ 大泉洋 チェン・ボーリン 木村了
    濱田岳 岩佐真悠子 サエコ 佐藤二朗 板倉俊之 光石研
    奥貫薫 金田明夫 高岡蒼甫 夏木マリ



公開時コピー
「冷静と情熱のあいだ」のスタッフが贈る珠玉のラブストーリー

山田詠美の短編「風味絶佳」を、「冷静と情熱のあいだ」の中江功監督が映像化。
出演は「誰も知らない」の柳楽優弥、「クローズド・ノート」の沢尻エリカ、「ゲゲゲの鬼太郎」の大泉洋、「最後の恋,初めての恋」のチェン・ボーリン、「パッチギ!」の高岡蒼甫、「さくらん」の夏木マリなど。
主題歌はオアシス。

<あらすじ>
米軍基地が隣接する東京・福生市。
高校を卒業した山下志郎(柳楽優弥)は、大学に進学せず親に反対されながらも、なんとなくガソリンスタンドでアルバイトを始めた。
ある日、社長が新しいアルバイトの渡辺乃里子(沢尻エリカ)を連れてくる。志郎は以前、乃里子が失恋した場を偶然見たことを思い出し、彼女が気になっていく。
そんな彼らを破天荒でアメリカかぶれな志郎の祖母“グランマ”(夏木マリ)は、色々と助言を与え、やがて2人で過ごす時間が多くなるに連れ、志郎と乃里子は次第にうち解ける。
乃里子は元カレである矢野(高岡蒼甫)にきっぱりと別れを告げようと決め、志郎は一緒に着いていくのだった。

<作品解説>
演技力に定評がある柳楽優弥と沢尻エリカによるシンプルなラブストーリー。
まあ、ぶっちゃけていうとシンプルすぎてひねりが全くないといっても良いでしょう。
映像的にも特筆すべきものがなかったりして…ただ「突っ走る恋愛」はきちんと描かれていますが、どうも中高生向きというかなんつーか…映画として公開するには物足りない。
見終わったあとに「ふーん」という感じしか残らないんですね。
あれがどうとか、このシーンはとか、そういうのが全くない。
夏木マリが70歳というとんでもない年齢設定で登場しますが、語られるセリフは言葉としては良いものの、シナリオが軽すぎるために重みを感じません。
とどのつまり「こういう恋愛したことあるでしょ?」という展開のみでした。

<見どころ>
唯一の美しいシーンは感慨深くもなく…ラストは女のあざとさを感じさせます(笑)。
これだけが見どころかなぁ。

<出演者>
カンヌで有名になった柳楽優弥は演技の幅が決まってしまったのか、イマイチ。
沢尻エリカは「クローズド・ノート」とは対照的な役柄なんだけど、うまいですよ。なんだろう、演技自体に特筆すべきものがないのに、うまくキャラに染まっているというか…。
夏木マリはある意味、怪演。
チェン・ボーリンは別にいらなかった…。

沢尻エリカのファンなら見ても良いかな。
そのぐらいの感想しか残らないのが残念です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-10-01 22:04 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 僕はラジオ パーフェクト・ストレンジャー >>