トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ユア・マイ・サンシャイン
d0030824_15245586.jpg『YOU'RE MY SUNSHINE』 韓国/2005
監督:パク・チンピョ
出演:チョン・ドヨン ファン・ジョンミン ナ・ムニ ソ・ジュヒ
    ユン・ジェムン リュ・スンス ペク・ジョンハク チョン・ユソク
受賞:大鐘賞映画祭/女優主演賞・企画賞(2006)他



公開時コピー
こんな私でも幸せになれますか?
何があっても君を守る。
奇跡のような真実のラブストーリー


韓国で大ヒットを記録した、ノンフィクションベースのラブストーリー。
監督はオムニバス映画「もし、あなたなら ~6つの視線」の1つを手がけたパク・チョンピョ。
出演は「スキャンダル」のチョン・ドヨン、「甘い人生」のファン・ジョンミン、「クライング・フィスト」のナ・ムニなど。

<あらすじ>
都会から離れた農村で母親と2人暮らしの36歳のソクチュン(ファン・ジョンミン)は、嫁不足の村で友達と共に独身3人組など揶揄される始末。フィリピンにまで女性を探しいったものの、空振りに終わる。
ある日、ソクチュンは村に来たばかりのウナ(チョン・ドヨン)とすれ違い、一目惚れする。
ウナは街の喫茶店で働いていたが、昼はホテルに出向いて売春、夜はホステスという生活を送っていた。
しかし、ソクチュンは彼女の為にあれこれと尽くしはじめる。愛などはいらないと突っぱねていたウナだったが、やがてソクチュンの真摯さに打たれ心を開いていく。
そして、ソクチュンとウナは結婚し幸せな生活が始まる。
そんなある日、ウナの前にアル中の前夫(チョン・ユソク)が現れ、さらにソクチュンはウナがHIVキャリアであることを告げられていた。

<作品解説>
韓国では「私の頭の中の消しゴム」を抜いて、大ヒットを記録した作品。
過去を捨てて農村にやってきたウナ、運命の女性を探し続けているソクチュン。
ソクチュンはいつか自分の農場を持とうと、それなりに努力して、友達からはケチと言われるほどに貯金しています。
ウナと出会うことで、ソクチュンは自分の思うがままにアタックし続けるわけですが、ここで重要なのはウナが彼の思いに根負けしたのではなく、純粋に気持ちを受け止めたことにあります。
ソクチュンの母親にも気に入られて、幸せな生活が始まります。
ここまでが中盤で、農村の生活感あふれる描写や「村」というコミュニティの描き方などが秀逸。
幸せであることを徹底して描くことで、中盤以降の展開をさらに重くさせていきます。
ウナは売春行為によりHIVに感染しており、さらには前の夫などが復縁を迫るなど、一気に生活が崩れていきます。
この描写がかなり悲惨というか、ひしひしと辛さが染みる展開。
ラストまで一気に引っ張っていきます。

<見どころ>
チョン・ドヨンとファン・ジョンミンが序盤と終わりでは全くと言っていいほど、表情が変わるほどに豊かで、演技力の高さを感じさせます。
中盤のベッドシーンで、ウナがソクチュンを抱きしめるシーンはとても良いですね。
桜の舞い散るシーンも温かさが伝わってきます。

<出演者>
チョン・ドヨンは韓国女優の中でも美人という訳ではなく(どちらかというチェ・ジウの様な感じ)、どこか泥臭さを感じさせるんですが、ストーリーが進むと中盤は可愛いらしく、終盤はどこか廃れた感じが見事。
一方、ファン・ジョンミンは貴乃花と渡辺徹を足したような風貌で熱演。
本作の為に15キロ太り、中盤以降は12キロ痩せたという凄さ。
良い味を出していたのが、母親役のナ・ムニでした。

若干のくどさを感じさせるものの、農村生活の丁寧な描写や主演2人による演技が素晴らしい。
もう少しラストに至るまでの過程があっても良かった気もしますが、過剰な演出がほとんどないので、シンプルに見られる良作です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-09-07 23:59 | ノンフィクションベース
<< ヅラ刑事(ヅラデカ) アウトブレイク >>