トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
Returner リターナー
d0030824_1491379.jpg『RETURNER』 日本/2002
監督:山崎貴
出演:金城武 鈴木杏 樹木希林 岸谷五朗 岡元夕紀子
    村田充 飯田基祐 清水一哉 河合千春 高橋昌也
受賞:日本アカデミー賞/新人俳優賞(2002)



公開時コピー
未来なんかに、キョーミねぇよ!

VFXを駆使した作品で名高い「ALWAYS 三丁目の夕日」の監督・山崎貴によるアクションSF。
ハリウッド作品へのオマージュが彼処に見られる。
出演は「傷だらけの男たち」の金城武、「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE」の鈴木杏、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の樹木希林、「龍が如く 劇場版」の岸谷五朗など。
主題歌はレニー・クラヴィッツ。

<あらすじ>
ブラックマネーを取り戻す事を生業としてる“リターナー”の異名をとるミヤモト(金城武)は、少年時代に親友を殺した溝口(岸谷五朗)というヤクザを追っていた。
溝口を見つけたものの、銃撃戦の末に取り逃がしてしまう。
しかし、その現場でミリ(鈴木杏)という少女と出会う。
ミリは未来から来たと言い、未来の地球の存亡に関わる重大なものを奪還するためにやってきたのだ。
彼女の話を一笑に附したミヤモトだったが、彼女の持つ科学力を見せつけられて信じざるを得なかった。
残り時間は2日、だが彼らの前には溝口が立ちはだかる。

<作品解説>
邦画としては力の入ったアクション作品。
若干色味を抑え無国籍風の映像により、特撮やCG部分の違和感を極力減らしているのが特長といえます。
元ネタとしては「ターミネーター」「M:i:II」「マトリックス」「E.T.」あたりでしょうか。
作品としてのレベルは、さすがにハリウッドレベルとまではいかないまでもアクションの質は金城武のお陰でそれなり…というより、元ネタがあればこその映像センスといえるでしょう。
されど、邦画アクションの悪いところはちょっとした爆発シーンなどを大げさな形に取り上げてしまうところでしょうか。
しかしスローモーションのシーンなどは実際に俳優たちが“遅く動く”事で撮影されたといVFXのみならず意外なアナログ撮影もあったりします。
あとは演技がついていけば、もう少し良かったんですが…。
タイムトラベルにつきもののパラドックスは説明なしなのが残念。

<見どころ>
岸谷五朗演じる溝口ですかねぇ。
もちろんVFXも見どころではあるんですが、今は見飽きた感が否めません。

<出演者>
金城武は日本語になると演技が…大げさなんですね。
本作で新人賞を受賞した鈴木杏は表情が良く、演技派としての片鱗が垣間見えます。
そしてなんといっても岸谷五朗、この人は悪役がよく似合います。
樹木希林は一番落ち着いてました。

アクションシーンも含めて、当時としてはレベルが高い作品。
されどラストも含めて説明がつかないところがあるのは勿体ない。
それなりの面白さはありますが、今のハリウッド映画と比べないことが楽しく見るための必須条件とも言えますね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-09-04 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< アウトブレイク 片腕カンフー対空とぶギロチン >>