トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ホーンテッドマンション
d0030824_057319.jpg『THE HAUNTED MANSION』 アメリカ/2003
監督:ロブ・ミンコフ
出演:エディ・マーフィ ジェニファー・ティリー テレンス・スタンプ
    ナサニエル・パーカー マーシャ・トマソン ウォーレス・ショーン
    ディナ・ウォーターズ マーク・ジョン・ジェフリーズ
    アリー・デイヴィス


公開時コピー
この館には、誰も知らない秘密があった

ディズニーランドの人気アトラクションの1つホーンテッドマンションを映像化。
ホラーというよりは、子供向けのファンタジーコメディとなっている。
監督は「スチュアート・リトル」シリーズのロブ・ミンコフ。
出演は「ドクター・ドリトル」のエディ・マーフィ、「バウンド」のジェニファー・テイリー、「エレクトラ」のテレンス・スタンプ、「オセロ」のナサニエル・パーカー、テレビドラマ「LOST」シリーズのマーシャ・トマソンなど。

<あらすじ>
不動産屋を経営するジム(エディ・マーフィ)は、仕事が軌道に乗り忙しすぎて家族の約束をすっぽかしてばかり。しかし、結婚記念日に妻のサラ(マーシャ・トマソン)が怒ったことに責任を感じたジムは、サラと娘メーガン(アリー・デイヴィス)と息子マイケル(マーク・ジョン・ジェフリーズ)と家族旅行に出かけることにする。
ところが旅行前日、高級街にある屋敷の売却話が飛込み、ジムはまたとない好機とばかりに旅行の途中に立ち寄るのだった。
その屋敷の佇まいは古く、屋敷の扉の前まで来た瞬間に大雨が降り出す。
ジムたちは屋敷の執事ラムズリー(テレンス・スタンプ)に案内され、主のエドワード・グレイシー(ナサニエル・パーカー)に会う。
ひどくなる嵐に、グレイシーは滞在すればよいといい、ジムたちはラムズリーに促されるままに、部屋に案内されるのだが…。

<作品解説>
ディズニーランドのアトラクションであるホーンテッドマンション。
これを題材にしたコメディ要素満載…子供向けに作られたようなもので、ホラー要素は少なく、怖さはほとんどないといって良いでしょう。
調子の良い事ばかり言う父親ジムと、家族優先の母親サラ、どこか醒めた感じの娘メーガンと蜘蛛が嫌いな息子マイケル…ハリウッド映画で描かれる典型的な家族構成と設定。
わかりやすくて良いんですが、先がすぐに見えてしまいます。
さて、ホーンテッドマンションに実質上囚われた彼らは、いつの間にかこの屋敷で起きた過去の因縁に巻き込まれていきます。
ジムは減らず口を叩きながらも、家族のために活躍するわけですが…うーん、いつものエディ・マーフィのパターンですね。
同じディズニー映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」のような冒険活劇ではなく、あくまでも小規模的な作品。まあ、監督が「ライオン・キング」なども手がけていることからも、怖さよりも楽しさが重点に置かれているわけです。
悪くないですが、物足りない映画でした。

<見どころ>
うーん、これといって見あたらない。
歌う胸像?

<出演者>
エディ・マーフィは相変わらず。
意外な出演であるジェニファー・ティリー…「バウンド」でクールで妖艶な主役を張っていた彼女が…時の流れを感じます。
テレンス・スタンプの怪しさは見事です。特に切れるシーンなんか良いかも。
ナサニエル・パーカー、マーシャ・トマソン、特に言うこと無し。
演技云々を語る映画でもないよな気もするし、楽しければOKなんだろうな。

作品としてのレベルはB級そのもの。
小気味よくまとまっているものの、特筆すべきシーンがないのが残念だし、何よりも感動路線に引っ張ろうとしたのがありきたり過ぎて勿体なかった。
興味があれば、という感じですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-08-29 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< 人形霊 学校の階段 >>