トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
大日本人
d0030824_0544648.jpg『DAINIPPONJIN』 日本/2007
監督・出演:松本人志
出演:竹内力 UA  神木隆之介 海原はるか 板尾創路





独自のお笑いセンスで高い人気を誇るダウンタウンの松本人志。
その初監督作品であり、カンヌ出品でも話題になった。
出演は松本人志、「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズの竹内力、「水の女」のUA、「妖怪大戦争」の神木隆之介、板尾創路、漫才師の海原はるかなど。
他に多くの芸人が端々に出演している。
音楽はテイ・トウワ。

<あらすじ>
日本の各地に突然現れる巨大獣(じゅう)を倒すためにいる、巨大化する中年男・大佐藤(松本人志)…通称・大日本人。
彼はドキュメンタリーの撮影をされていた。
大佐藤の存在と活躍?は一応テレビ番組として深夜枠で放送されているものの、多くの人々は街を壊してしまう大佐藤を快く思ってはいなかった。
そんなとき、巨大獣が現れたとの報を受け、彼は巨大化するためにある場所へ向かうのだった。

<作品解説>
辛辣な映画批評で知られる松本人志。他人の映画を批判するからには、自らが作り上げる作品は“ほぼ万人に受ける”ものが要求されるわけです(人の映画を痛烈に批判するといえば井筒監督がいるけれど、彼の場合はやっかみとも取れる)。
さて、率直な感想ですがカンヌでも言われていたように編集がうまくないですね。確かに松本色が出た流れではあるんだけど、もう少しテンポ良くなっていれば、もっと笑えたのにと思います。
とにかく序盤がだらっとし過ぎて、これは疲れるだろうなぁと。
CGのレベルはなかなかのものだし、笑いのセンスはシュールでありながらもツボを押えているのはさすがなんだけど。
ただし、肝心なのは監督自身が「誰もまだ見たことのない映画」と言ってはいても、映画というスタイルをとるなら必要不可欠な部分があるのに、それがすっぽり抜けていました。
役者の存在を全て殺してしまったところ…こればっかりはもう、なんと言って良いのかわからないんですが、演技云々以前の問題なんですね。
確かにお笑い芸人やありえないキャスティングは面白い。されど、結局最後まで松本人志という人物のお笑い哲学のみが色濃く残りすぎて「映画」としての体裁が微妙に保たれていない感じがします。
個人的には最後まで綺麗に突っ走っていけば、相当面白かったんだけど。

<見どころ>
巨大獣ですね。
基本的にシモネタです。わかりやすいし、戦闘シーンはかなり笑えます。
ああ、この戦闘シーンがもっとテンポ良く序盤にくれば言うこと無かったんですが…。

<出演者>
まあ、先にも書いたように言うべき事がありません。
基本的にコントじゃないかな、と。

映画批評家の映画といえば水野晴郎の「シベリア超特急」シリーズがまずあげられます。
チープなセットに、ベタな演技、それでもカルト人気を博したのは拍子抜けするほどの「オチのオチ」が存在したからであり、それはある種の期待感を持たせるわけです。
本作はそのオチが基本的にテレビのコントの域を出ない…映画としての評価を下した場合「カンヌねぇ」と思ってしまう。
まあ、多分タランティーノは喜ぶだろうけど(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-06-06 23:59 | コメディ/パロディ
<< ドラゴン・プロジェクト レインディア・ゲーム >>