トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
インサイド・マン
d0030824_22543772.jpg『INSIDE MAN』 アメリカ/2006
監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン クライブ・オーウェン ジョディ・フォスター
    クリストファー・プラマー ウィレム・デフォー
    キウェテル・イジョフォー キム・ディレクター



公開時コピー
それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた…。

豪華キャストを揃えた、「25時」のスパイク・リー監督による、完全犯罪を描いたサスペンス。
出演は「デジャヴ」のデンゼル・ワシントン、「トゥモロー・ワールド」のクライヴ・オーウェン、「フライトプラン」のジョディ・フォスター、「イルマーレ」(2006)のクリストファー・プラマー、「スパイダーマン」のウィレム・デフォーなど。

<あらすじ>
頭脳明晰なダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)は、完全な計画の銀行強盗を実行する。
覆面にサングラスで決して顔見せず、仲間と共に、白昼堂々マンハッタン信託銀行を襲い、多くの人質を取ったダルトン達。
事件はニューヨーク市警の刑事キース(デンゼル・ワシントン)とビル(キウェテル・イジョフォー)の手に委ねられる。銀行を警官隊が取り囲むが、ダルトン達の用意周到な計画によって膠着状態に陥るのだった。
そのころ、銀行の会長アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)は動揺していた。彼の秘密が銀行の貸金庫にいれてあったのだ。アーサーはそれを取り戻すため、敏腕弁護士マデリーン(ジョディ・フォスター)に連絡を付け、事態の収拾を図るために現場へと送り込むのだった。

<作品解説>
社会派映画の印象が強いスパイク・リーによる、クライムサスペンス。
これ以上ないという計画を練った銀行強盗対敏腕刑事の対決という構図で、そこにちょっとした第三者的な思惑が絡む展開なんですが、いかんせん長い。
中盤くらいまでは非常に面白いんだけど、中盤以降は進んでいないようで進んでいるような展開になるんですね。
よく練られてはいるし、相変わらずリー監督の映像は多種多様な人種が入り乱れ、それもトリックになるのも良い。
ただ、ラストが甘いのと、トリックは噛みしめていかないとわからなかったりして(冒頭にクライヴ・オーウェン演じるダルトンが言うセリフはまさしく、その通りなわけだ)。

<見どころ>
なんといっても、この手の映画はトリックが見どころになります。
されど、先にも書いたようにトリックの明確な説明というのが語られるわけではなく、映像として表現されているので、一体誰がどの人物なのかを把握することが大事ですね。

<出演者>
デンゼル・ワシントンは最初わからなかったのです。この人。こんなに目大きかったっけ、と。しかも多少若く見えるのは気のせいだろうか。
クライヴ・オーウェンは個人的に好きな俳優です。そんなに男前じゃないけど、この人は映像が引き締まる感じがします。声もいい。
ジョディ・フォスターは相変わらず良いですね、出ずっぱりじゃないのに、ちゃんと存在感を出している所にうまさがあるのでしょう。
ウィレム・デフォーはオマケみたいな感じでしたが…。

スパイク・リー監督ならではの展開…というか、個人的にもう少し割り切ってサスペンスにして欲しかった。どうしてもこの人の場合は人権問題とか出てしまうから(敷居が高く感じてしまうというか)。
しかし、これだけの出演者、なかなか揃いません。いぶし銀達がそろい踏みの良作です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-06-03 23:03 | ミステリ/サスペンス
<< レインディア・ゲーム 幸福のスイッチ >>