トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
愛と青春の旅だち
d0030824_034518.jpg『AN OFFICER AND A GENTLEMAN』 アメリカ/1982
監督:テイラー・ハックフォード
出演:リチャード・ギア デブラ・ウィンガー ルイス・ゴセットJr
    デヴィッド・キース ロバート・ロジア リサ・ブロント
    リサ・アイルバッハー ヴィクター・フレンチ
受賞:アカデミー賞/助演男優賞・歌曲賞(1982)
    ゴールデン・グローブ賞/助演男優賞・歌曲賞(1982)他

「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード監督による青春映画の原点ともいえる作品。
後の青春映画に多大な影響を与えた。
出演は「シカゴ」のリチャード・ギア、「愛と追憶の日々」のデブラ・ウィンガー、「メタル・ブルー」のルイス・ゴセットJr、「メジャーリーグ2」のデヴィッド・キースなど。
テーマ曲はアカデミー賞に輝いた「Up Where We Belong」。

<あらすじ>
海軍に勤める父親がほとんど家に帰らず、浮気を繰り返した事が原因で少年時代に母親が自殺した過去を持つザック(リチャード・ギア)。
大学を卒業した後、彼は父親の反対を押し切って海軍のパイロット士官養成学校へと入る。
鬼軍曹フォーリー(ルイス・ゴセットJr)のしごきの元、仲間達と訓練に明け暮れる日々。
ようやく外出許可が出た1ヶ月後、ザックは同じ候補生のシド(デヴィッド・キース)と共にパーティーへ出かける。
そこでザックは町工場で働くポーラ(デブラ・ウィンガー)と出会い、たちまち恋に落ちる。
少年時代のトラウマから心から人を信用しないザックに、ポーラは一時の楽しみでしかないと言い切るのだったが…。

<作品解説>
青春映画の王道パターンを作り上げたヒット作です。
原題と邦題が全く違うのですが、不思議と邦題に違和感が無いのは見事。
公開当時はリチャード・ギアの格好良さ、デブラ・ウィンガーの美しさ、サントラの良さも相まって、女性に人気があったそうです。
もっとも、これはラブロマンスへの比重が高かった為ですが、主人公の孤独感、挫折していく仲間等を盛り込むことで、主人公が人間的に成長していくドラマとして成立しています。
とはいえ、ラブロマンスに偏り過ぎた為に終盤は些か早足な展開であるのが残念です。
しかし、アカデミー賞5部門にノミネートされ、見事助演男優賞を獲得しており、同監督の作品は20年以上前から非常に質が高いことの表れです。

<見どころ>
丸坊主で筋肉質のリチャード・ギアは文句なしに格好いい。
見どころはザックとポーラの中盤のベッドシーン(笑)。ここはかなりきわどい映像ではあるんですが、その後語り合うシーンはザックの孤独感を表現している名場面です。
そして、軍曹の単独でしごきに耐える場面もいいですね。
クライマックスは女性ならグッと来る見事なシーンでした。

<出演者>
リチャード・ギアは決してワイルドではないんだけど、やっぱり格好いい。雰囲気がいいです。
ヒロインを演じるのはデブラ・ウィンガー、とても綺麗な女優でロザンナ・アークエットが監督した「デブラ・ウィンガーを探して」の人です。
本作でオスカーを獲ったルイス・ゴセットJrの嫌みがない鬼軍曹は見事な演技。
デヴィッド・キースが演じたシドはもう少し早く展開があっても良かったですね。

先にも書きましたが、クライマックスへ向かう部分が本当に急展開で、勿体ない。あと10分伸ばしても良いからここはきちんと描くべきだったと思います。
しかし、後に影響を与える作品(下記参照)として根強い人気を持ち、今見ても遜色のない名作です。

<関連作品>
ストーリー展開が踏襲されている作品
トップガン
海猿 ウミザル
守護神

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2007-05-22 23:48 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 幸福のスイッチ 機動戦士ガンダムIII めぐり... >>