トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ナチョ・リブレ 覆面の神様
d0030824_1123672.jpg『NACHO LIBRE』 アメリカ/2006
監督:ジャレッド・ヘス
出演:ジャック・ブラック エクトル・ヒメネス アナ・デ・ラ・レゲラ
    リチャード・モントーヤ ピーター・ストーメア
    セサール・ゴンサレス ダリウス・ロセ モイセス・アリアス



「バス男」の監督ジャレッド・ヘスと「スクール・オブ・ロック」の脚本家マイク・ホワイトによる、実話を基にしたアクションコメディ。
出演は「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「コンスタンティン」のピーター・ストーメアなど。

<あらすじ>
メキシコの修道院で育てられた孤児のイグナシオ(ジャック・ブラック)は、メキシカンプロレス“ルチャ・リブレ”に憧れていた。
大人になったイグナシオは料理担当と孤児の面倒を見る日々。
ある時、修道院にシスター・エンカルナシオン(アナ・デ・ラ・レゲラ)がやってくる。イグナシオは彼女に一目惚れするのだった。
その日、街に出かけたイグナシオはルチャ・リブレのレスラーが豪華な暮らしをしているのを目の当たりにし、貧しい修道院の子供達に少しでもおいしい食事を食べさせたいと決意した彼は、街で彼から教会用の食料品を奪った素早い男スティーブンを相棒にすると、教会に内緒で試合に参加する。
リングネームはナチョ(=イグナシオ)とヤセ(=スティーブン)は、奇妙な特訓を開始。初めての試合は負けはしたもののファイトマネーを貰い、浮かれるのだったが…。

<作品解説>
同様の作品でフランス映画の「グラン・マスクの男」があるそうです。こちらはジャン・レノ主演ですが、評価は今ひとつ。
さて、本作は日本でも有名なミル・マスカラスの如き空中戦は控えめです(実際は投げ技や関節技が主体)。ただ、動きなどはルチャ・リブレ独特の軽快さがきちんと表現され、この動きをお世辞にも“すばやい”とは言えなさそうなジャック・ブラックが挑みます。
典型的な肥満体型の彼がサモ・ハン・キンポーの如く軽快に動きまわるもの、一癖あるレスラー達にやられっぱなし(途中で女性レスラー“ルチャドーラ”が参加しますが、男女混合の試合も普通にあるそうです)。
それでも子供達の為に奮起するところが、今までのジャック・ブラックとはちょっと違う。
練習になるのかどうかもわからない、あやしげな特訓になんの意味があるのかさっぱりなんですが、とりあえずアホです。
まあ、ストーリー性は二の次な部分が多く、序盤はちょっとだらっとした感じが続きます。
中盤以降がいいですね。
ちなみにルチャドール(レスラーの意)は、マスクマンはマスクが命、マスクをしないレスラーは髪が命だそうです。
死ぬまでマスク、坊主は恥だとか。

<見どころ>
ヤセとのタッグ戦はもちろんのこと、相手レスラーの俊敏な動きなど、ルチャ・リブレ独特の戦いがいいですね。
なぜだかルチャ・リブレは世界のプロレスと違って技が逆だそうです。
ヘッドロックは左が一般的なら、右という風になぜか鏡写し。
このあたりも見どころといえるでしょうか。
ジャック・ブラックの怪しげな歌も要チェックです。

<出演者>
ジャック・ブラックの良く動く顔面は相変わらず、それにしてもピチピチタイツが良すぎ(笑)。
相棒のヤセはボサボサ頭で、これまた怪しい。
シスター・エンカルナシオンを演じるアナ・デ・ラ・レゲラが非常に美人です。

砂漠なメキシコをイメージしているのか、映像全体のコントラストが黄色っぽい感じ。
アメリカ映画なんですけどね。
勿体ないのは中途半端なキャラクターの使い方でしょうか。
話が膨らみそうで膨らまない部分というか…それでも、アクションを取り入れたコメディとしては良作です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-05-15 23:58 | 恋愛/青春/スポーツ
<< ウィンター・ソング クィーン >>