トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ターンレフト ターンライト
d0030824_23434466.jpg『向左走、向右走』 香港・シンガポール/2002
監督:ジョニー・トゥ ワイ・カーファイ
出演:金城武 ジジ・リョン エドマンド・チャン テリー・クワン





公開時コピー
運命のふたりなら僕らはもう、街のどこかですれ違ってる。

「マッスルモンク」のジョニー・トゥとワイ・カーファイによる、すれ違いを描いたラブストーリー。
原作は「Separate Ways 君のいる場所」という台湾の作家ジミー・リャオが描いた絵本。
出演は「LOVERS」の金城武、「拳神/KENSHIN」のジジ・リョン。
「君のいた永遠(とき)」の以来の共演ですね。
2人の邪魔をする医師に「the EYE 【アイ】」のエドマンド・チャン、定食屋の店員に本作で2003年台湾金馬奨助演女優賞にノミネートされたテリー・クワン。
他にジョニー・トゥ作品ではお馴染みの顔ぶれがちょっと出てます。

<あらすじ>
無名のバイオリニスト・ジョンと駆け出し翻訳家のイブ。
アパートで壁1枚隔てた隣同士ながら、ジョンはいつも右に向かって歩き、イブは左に向かって歩くため出会うことはなかった。
ある日、2人は偶然同じ公園の池の周りに座っていた。イブの原稿が風で池に落ち、拾うのを手伝うジョン。話をしているうちに実は13年前に出会い、お互い一目惚れをした相手だとわかる。
突然の雨に、名前も告げぬまま電話番号だけを交換した2人だったが、メモは雨で滲んでしまい電話は一向に繋がらない。
お互いが運命の人だと信じる2人は必死に相手を捜し始めるのだった。

***

「マッスルモンク」の監督コンビということで、かなり心配していました(笑)。
いや、あの映画も悪くはなかったんですがラストがねぇ・・・という思いがあったもんで・・・。
しかし、原作が日本でも人気の高い絵本作家ジミー・リャオという人のもので、よく出来ていました。
こういう映画も「純愛もの」になるんだと思いますが、みんな韓国映画とドラマに目が向いちゃっていて勿体ない。
おもしろいですよ、この映画。
まあ、お互いが右に行って、左に行って、隣同士なのに出会うことが全く無いというのはかなり「ありえない」話(←これ重要)ですが、それを言ったら終わりなんで設定は素直に受け入れましょう(笑)。
コメディ色の強い作品ですが、2人のすれ違う様を見ていると「がんばれ!」って思ってしまいます。

さて、金城武ですが、久々に映画で見ました。「LOVERS」以来全然見ていなかったんですが、味ありますね。
正直、演技はそんなにうまい方じゃないと思います。しかし、前回見たのがアクションだったし、やはり演技もかなり違って見えます。
ジジ・リョン、かわいいですね~この人は挿入歌も歌っています。
ハマリ役でした。
そして、2人に一方的に惚れて迷惑をかけまくるエドマンド・チャンとテリー・クワン。
この2人の役どころと、何気ない色彩が本作では見所です。

コメディ色が強いと書きましたが、くどすぎず意外にグッとくる映画です。
99分と短い映画なので、一息つきたい時に是非。
個人的にはとてもお薦めです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-05-14 21:49 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 風のファイター “アイデンティティー” >>